京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:minne

DSC_0330

ヒマラヤ水晶dc223

ちょっと大きめの存在感のある水晶に、

純銀製のプレートを付けました。

そのプレートに光が降るイメージで、

オレンジ、青、グリーンの七宝を施しました。

DSC_0333
後ろから見るとこういう感じです。

動くとこういう感じに。


お守りを意識したアクセサリーなので、

あまり加工はしない方がいいと思い水晶は原石のままで手を加えていませんが、

裏側が寂しかったので七宝を施してみました。

同じものは2つとないので、

これはこれでありかなと思っています。

少しでも身近に感じて頂ければ嬉しいです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

qz005-2

クンツァイトのペンダントトップqz005

淡いピンク色のクンツァイト。

この石は、カットされていたものなので仕事はし易かったですが、

劈開の強いクンツァイトは、

カットや磨きがとてもデリケートです。


磨いている時に剥がれてくるということが何度も起こりました。

クンツァイトの綺麗なカットの石は本当の少ししかできないものだと思います。


ピンク系の石をクンツァイト。

色が違えば呼び名も変わる宝石です。

含まれる元素により発色が変わるので、

そういう宝石は多いんですよ。

ルビーやアクアマリンなどもそうです。

この作品に興味ある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



dc201
(ヒマラヤ水晶dc201)

各面のほとんどは研磨したように綺麗です。

ちょっと傷もあるけど、

原石そのままなので。

短いけれど動画も撮りました。

ちょっとだけレインボーが写っています。

光の当たり方でもっと綺麗に見えるのですが、

なかなか思うように出ないのがレインボーでしょうか(^_^)

水晶にこういう粒タイプがあるというのもなかなか興味深いです。

お守りという部分もあるので純銀のプレートを背負っています。

水晶も純銀もお守りとして大切にされてきましたので。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


DSC_0005


写真では一面しか見えないのですが、

動画にすると写真ではわからなかった部分が見えてきます。

映像では相当なアップになってます。

透明度の高いアクアマリンだというこことはよくわかると思います。

興味のある方はMinneさん内おkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc209

(ヒマラヤ水晶dc209)
のこの写真と
DSC_0134

この写真を合わせると角角していることが分かると思います。

原石のままですが、

粒タイプの水晶は自由気ままに成長するようで、

こういう箱型のものや、

本当にダイヤモンドの原石かと思わせるような形のものまで、

バラエティに富んでいます。

この水晶に付けた純銀の金具には、

お守り水晶らしく、

ツタをイメージした柄を入れています。

ヒマラヤで成長した水晶であり、

パワーストーンであり、

純銀の金具に蔦のデザインと、

お守りの要素満載です。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。



まだまだ一周回るだけの動画ですが、

作品の全体が写真よりもよくわかると思うので、

参考になればと思います。

YouTubeに投稿しているのですが、

なかなか思うような感じにならず、

いつもたくさんの動画をアップされているYouTuberの方々には感心します。

5分の動画に10時間かかることもあるようで、

これからも少しでもうまく作品紹介ができる動画をアップしようと思います。

写真や説明などはMinneさん内のkyotonemunoki's gallryにて販売中です。

pd004

qz024

(クンツァイトのペンダントトップqz024)

クンツァイト。

男性で知っている方はほとんどいないのでは(失礼!)

ラベンダーピンクの綺麗な宝石です。

この石は淡いラベンダーピンクです。

7カラットの宝石としては大きな石です。

シンプルなデザインですので、

日常使いでも、

おしゃれアイテムとしても。

透明度が高いので、

ピンク色ですが、

夏場でも涼しげです。

オールラウンドに使えるのが宝石のいい所では。

価格も抑えているので、

一つ持っておられるのもいいと思います。

手作りですのでこの作品一品だけです。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunokiにて販売中です。

dc204

(ヒマラヤ水晶dc204)
表面はとても整った水晶ですが、

内部は空間なのか、

クラックなのかインクルージョンなのか。

よくわかりません。

この水晶はお守りとしてもアクセサリーにしても、

とても綺麗な水晶だということです。

アクセントにかわいい水晶をくっつけています。

これは自然にくっ付いているので、

人が付けたものではありませんので、

外れるのか外れないのか、

いつどうなるかわかりません。

なのでそれが魅力でもあります。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


アクアマリンのペンダントトップaq060

一回りだけですが、写真よりイメージがダイレクトに伝わると思います。

これから他の作品も動画で紹介したいと思います。

回るだけでは無く、いろんな方向からのものや動きが撮影出来ればと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

DSC_0547

DSC_0528


本当は原石のまま使いたかったのですが、

どうしても修正しないといけない傷があったので、

その部分だけ修正しました。

アクアマリンに現れているスジがアクセントとしてとてもいいと思うので、

手を入れて消さないように気をつけました。

それとは逆に、

シルバー950のキャップに突起が残ってしまいました。

これもちょっといいアクセントかなと思い、

そのままです。

鋳造は思いもよらないことが起こるので、

気が抜けませんが、

自然任せの部分もあるのでそれはそれで楽しいです。

このアクアマリンのペンダントトップaq020に興味のある方は、

Minneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

このページのトップヘ