京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:minne

aq060
アクアマリンのペンダントトップaq060


3カラットのルースのアクアマリンをシルバー950の枠に嵌めています。

アクアマリンの周りをリボンで飾り、

石止めを気泡の形にしています。


アクアマリンは水をつかさどる宝石といわれ、

航海の前に海にアクアマリンを投げ入れ安全を祈ったり、

結婚の時にプレゼントされると幸せな結婚生活が送れるとも言われていたそうです。


新型コロナの影響で今まで通りの生活にはまだまだ戻っていませんが、

人生という航海の安全をこのアクアマリンに願い、

日々一緒に歩いていただければと思います。


純銀に比べシルバー950は経時変化しにくいとは言われていますが、

シルバー950も経時変化は避けられません。


しかし、銀製品は専用のクリーニング液もありますし、

もっと手軽にお手入れすることもできます。


それは重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨いてあげると、

元の光を取り戻すことができます。


傷は消えませんが気になる方は小まめに手入れされればきれいな状態を維持できます。


同じ時間を歩いたあかしでもあり、

銀の経時変化は味がありそれはそれでいいとも思うのですが。

個人の考え方ですね。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


dc034
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc034


とても変わった形をした水晶の一つです。

両錘水晶で、

いくつかの水晶が合体しています。

それぞれに段差はありますが、

奇麗な統一面があるのはとても興味深いです。

横の面のラインもきれいにそろっています。

どういう合体の仕方をしたのでしょう、とても不思議です。


メインの水晶は扁平で、

向かって左のくっついている小さな水晶はまるでダイヤモンドのようでもあります。


正面から見ると子供を抱えた女性のようにも見えるのは私だけでしょうか。


この水晶は原石のままで、削ったり、磨いたりはしていません。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈からやってきたので、

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡ししたいと考えてのことです。


シルバー950の金具でアクセサリー、お守りとして身に付けられるようにしています。

シルバーは昔からお守りとして身に付けられる風習があるからです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


dc162
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc162


マスタークリスタルの一つの特徴に、

カテドラルがあります。

この水晶のようにいくつものトップを持っている水晶の事を言います。

カテドラルというには尖塔が少ないですが、

複数はあるのでそう呼んでもいいのではと思います。

逆さになっていますが(笑)


カテドラルとは教会などの大聖堂を意味します。

大聖堂にはいくつもの尖塔が立ち並んでいますよね。

そのイメージです。

ただし、根っこは一つでないとカテドラルとは呼べないのです。


逆さにして上から見るとまるで山脈のようにも見えます。

存在感がある水晶の一つです。


淡い灰色がかった茶色のように見えますが、

インクルージョンの影響や光の入る角度の為に見えるのか、

少し色がついているのかは正確にはわからないのですが、

どうも色がついているように思えます。
dc162-2

キャップは純銀製で、

裏に日輪をイメージしたデザインと、

正面には綱をイメージしたデザインをほどこしました。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



dc134
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc134


粒タイプの水晶で世界的なパワースポットであるヒマラヤ山脈で生まれました。

小さな水晶がくっついているのですが、

写真の裏側ではわからないのですが、

小さなレコードキーパーもあります。


レコードキーパーとは何かと言いますと、

尖端を作る一つの面に三角形のマークがあり、

これをレコードキーパーと呼び、

パワーストーンの一つの特徴といわれています。

スピリチュアルな世界へ誘うカギともいわれ、

古代アトランティスの叡智と記憶が記されている特別な水晶とも。


スピリチュアルの世界とは、自分自身とつながることだそうで、

表面の自分ではなく、自分の奥深くの心、自分の魂とつながることを言うそうです。

古代アトランティスの叡智もよくわかりませんが、

とても夢のある水晶だと思います。

水晶自体がパワーストーンであるのと同時により特徴を持った水晶ということです。


この水晶は原石のままで、私は水晶に手を加えていません。

原石のままが好きな人、そうでない方がおられると思うのですが、

世界に一つしかない水晶ですので、このままを受け入れてほしいのと同時に、

お守りとも考えているので、

ヒマラヤ山脈のパワーをせっかくなのでそのままお渡ししたいとの思いもあります。


小さな水晶がくっついています。

このままずっとくっついているかもしれませんし、

外れてしまうかもしれません。

そう簡単に外れるとは思いませんが横に外れた痕があるので、

神のみぞ知る。
dc134-2


純銀のキャップを付けています。

銀は金と違って経時変化します。

それはそれで愛着もわくのですが、

いつまでも購入時の近いままがいいといわれるのでしたら、

少し水を加えた重曹で傷がつかないようにナイロンブラシで磨いてあげてください。

輝きが戻ります。

傷は消えませんよ(笑)

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

dc158
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc158


可愛いサイズの水晶です。
ファントムとレコードキーパーの特徴を持ちます。
ファントムとは、過去の水晶の形が水晶の成長した後もうっすらと年輪のように残ったものです。
幻影水晶とも呼ばれます。
困難を乗り越える克服の象徴とも言われているそうです。

レコードキーパーは、写真では見えないのですが、
水晶の先端を作る面に三角形のマークが見えます。
パワーストーンの特徴の一つで、
古代アトランティスの叡智と記憶が記録されているといわれています。
とてもロマンがありますね。

とてもきれいな水晶ですが、
ずれたような成長の仕方が興味深い水晶でもあります。
細い穴にでもはまって成長したのでしょうか。
特徴のある水晶には普通の水晶にはないパワーがあるとも言われています。
いろいろな特徴があった方がより身近な存在になるのではないでしょうか。

この水晶は原石のままです。
好き嫌いはあると思います。
奇麗にお化粧するように手を入れてあげるのもありだとは思います。

ヒマラヤ山脈のパワーをできればそのままお渡ししたいとも思うので、
原石のままアクセサリーにしています。
せっかくあるヒマラヤ山脈での成長のあかしを消すのはもったいないと思うので。
そして、特徴があって一定以上の基準の水晶をアクセサリーにしているので。
好みはあるともいますので、
気に入った作品があれば(水晶には何も手を加えていませんが)
おそばにおいていただければと思います。

純銀製のキャップをはめています。
仕上げはサテン調にしています。
鏡面磨きも悪くはないのですが、
水晶が原石なので、少し野趣に富んだ方が似合うのではと思い、
荒仕上にしています。
dc158-2


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

緊急事態宣言が解除され、

学校なども少しずつ始まりだしました。

マスクと手洗いを忘れずに少しずつ日常を取り戻していきたいですね。


梅雨の声も聞こえてきましたが、

アジサイなどこの季節の花もたくさん咲き始め、

外で見る花も多いので、三密にならずに済みますね。

その時のお供として、淡いピンク色のクンツァイトはいかがでしょうか。

DSC_0706
クンツァイトのペンダントトップqz026

蒸し暑くなる時期でもありますが、

宝石のピンク色、それも淡いピンク色なので、

暑さを忘れさせてくれます。

枠もシルバー950なので、

その点でも涼し気かも。



動画で全体像もわかると思います。


興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0500

ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc249


エレスチャルは、骸晶と呼ばれる構造で、

陥没したり、穴が開いていたり、内部が空洞になっていたりと、

とても複雑な形をしています。

成長中の環境によるものだそうですが、

水晶の最終形とも言われています。


この水晶はエレスチャルの特徴もですが、

この飛び出したような水晶も目を引きます。

小さな水晶はとても透明度が高く水晶的な美しさです。

くっつき方がまるで母体から生まれてきた、成長してきたように見えます。

動画の揺れが気になりますが、

全体像が分かっていいかなと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

チェーンを通すリングとプレートは純銀製です。

銀製品は経時変化します。

それはそれで趣があると思いますが、

気になる方は重曹をナイロン歯ブラシなど傷がつかないものに着けて磨かれますと、

奇麗になります。

ほんの一分とかかりませんので。

くれぐれも傷のつく様な硬いものではこすらないでくださいね。

純銀は金属でも柔らかい部類に入りますので。

DSC_0488


縦型のデザインにしたのですが、

横にしても面白いアクセサリーになったかもしれない水晶です。

原石のままアクセサリーにしていますので、

小さな傷などはありますが、相対的にきれいな表面をしています。

水晶の内部はインクルージョンやクラックが走っていて表面とは対照的です。

どういう歴史が刻まれているのでしょうか。

アクセサリーとしてもお守りとしても身に着けやすいと思います。



動画でちょっと見えないのですが、

光の当たり方でレインボーが現れます。

純銀製のキャップは原石に着けるので、

鏡面仕上げではなく、自然な感じの仕上げにしています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

dc034
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc034


ペンダントトップとしていい大きさの水晶ですが、

とてもユニークな形をしています。

人それぞれ見え方は違うと思いますが、

私にはクリオネに見えたり、人形のように見えたりします。

これは原石のままで、手を加えていなくてこの形です。


全体に平たいですし、

いくつかの水晶が合体したようです。

金具はシルバー950製です。

お守りとしても、原石アクセサリーとしても。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


銀製品はどうしても経年変化してしまいますが、

身に着けている変化も遅くなるというか気にならない感じです。

純銀やシルバー950は重曹で歯ブラシなどで磨いてあげるととてもきれいになります。

くれぐれも金属製のブラシはやめてくださいね。

シルバー950でも柔らかいので傷がつきます(^_^;)

子供の頃は雨は本当に嫌でした。

今も以前ほどではないですが、

ちょっと苦手でしょうか。

けれど、梅雨の時期に植物はすごく成長するので、

欠かせない雨ですね。

雨とくればアクアマリン(無理やりやね)。
DSC_0908
アクアマリンのペンダントトップaq060


淡い空色がこれからの季節にぴったりです。

まだまだ不要不急の外出は自粛が続きますが、

少しづつ今までの生活に戻してもいかねばなりません。


自粛疲れという言葉も聞きますので、

3密にならない息抜きも必要です。

散歩はいい気分転換になります。

雨の多い季節になりますが、

そういう時こそ少ない晴れ間を十分に活用していものです。
(洗濯ばかりではなく(笑))

そのお供に気軽に身に着けて頂けると思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

このページのトップヘ