京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

タグ:creema

DSC_0018

写真を90度傾けて頂くとわかります。
パッと見はちょっと大きめのダイヤモンドクォーツです。
それが寝かせると、なかなか珍しい箱型の水晶に変身します。
平行四辺形型と言ったらいいのでしょうか。
おもしろい結晶形です。
どうすればこういう形になるのでしょうね。
本当に水晶なのかと疑って見たくなります。
これで原石なんですよ。
水晶には何も手を加えていません。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc065

DSC_0019

グリーントルマリンの原石の集合体です。
そのままアクセサリーにしました。
本当にこんなに細い集合体がよくできたなと思います。
綺麗です。
こういうものをアクセサリーにする人間も、このアイテム同様に珍しいなぁ。
私ですが(^_^;)
興味のある方は→グリーントルマリンのペンダントトップgt002
DSC_0020

DSC_0021

水晶の角度とインクルージョンによる乱反射が宝石のようにきれいに光ります。
天然の水晶の原石でこれぐらい綺麗に光るものはなかなかないのでは。
それゆえに価値があるのですが。
純銀のキャップもかわいく乗っています。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc085
DSC_0022

DSC_0017

煙水晶を原石をそのままお守りにしました。
ズングリムックリな形だったので、
銀のキャップのデザインもそのようになり、
どんぐりのような形になりました。
これはこれで可愛いと思います。
煙水晶というよりもスモーキークォーツと呼んだ方がわかりやすいでしょうか。
ヒマラヤ水晶のスモーキークォーツなので、
お守りとしては力があるのではないでしょうか。
スモーキークォーツには色々な逸話が語られていますので。
特徴的な色が関係しているのでしょうね。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りbc003
DSC_0024

DSC_0027

綺麗な水晶にまるで模様のようにある水晶が外れた跡。
ゲイトウェイと呼ばれます。
綺麗に形が残っています。
dプいう水晶が付いていたのでしょうか。
外れた跡からすると、相当大きく、
成長の年輪もたくさんあることから、
長い間一緒に成長したのでしょうか。
お互い外れることにより、
新しい歴史が始まったのでしょうか。
感情が入り込んでしまう水晶です。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc095
DSC_0020

DSC_0003

可愛いアイオライトのネックレスです。
1カラットのアイオライトに、銀の枠を付けました。
ダイヤモンドなら1カラットは大きいですが、
アイオライトでは可愛いものです。
見る方向により色が変わる石でもあります。
正面からは濃いブルーです。
詳しくは→アイオライトのペンダントトップao001
アイオライトのペンダントトップに約50cmのチェーンをお付けしています。
DSC_0004

DSC_0017

綺麗なラピスラズリです。
色の綺麗な部分をできるだけ大きく残したらしずく型になりました。(^_^;)
ラピスは場所により色や模様が全然違うので、
原石をカットしながら使う場所を選びます。
ラピスはそんなに硬い宝石ではないので、
銀の枠での保護を兼ねたデザインにしました。
かわいく綺麗なしずく型のラピス。
アクセサリーの一つとして。
詳しくは→ラピス・ラズリのペンダントトップra003
ra003

DSC_0001

骸晶と呼ばれる真ん中が凹んだ先端部になっています。
骸骨水晶と呼ばれる水晶はこの現象が激しいものです。
サイズとしては身に着けるのにちょうどいい大きさではないでしょうか(約3cm)。
純銀のキャップに近い白い部分にファントムが見えます。
この水晶が小さかった頃の残像です。
レインボーも見ることができます。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りcn018
DSC_0003

DSC_0010

この形からすると、
柱状の水晶の両錘タイプと判断するのですが、
水晶の中にファントムがあり、
そのファントムが粒タイプの水晶の形なのです。
ダイヤモンドクォーツと呼んでいる水晶の、
片方の先端が伸びた水晶だと。
写真の茶色く写っているところがファントムで、
なんとなく卵型に見えると思うのですが。
それがどうした、と言われればそれまでなのですが、
同じ水晶でも、柱状タイプと粒タイプはできる環境が違うと言われています。
なのに同じような形になるなんて不思議です。
フェイクのような水晶。
とても興味深いです。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc108
DSC_0012

DSC_0023

横から見ると平行四辺形なのです。
DSC_0025

原石のままでとてもきれいな水晶です。
インクルージョンは見えませんが、
クラックがたくさんあり、
それによりレインボーも現れます。
写真ではほとんど見えませんが、
光にかざすと見る方向により現れます。
お守りとしても。
お守りアクセサリーとしても。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc107

このページのトップヘ