京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:YouTube

DSC_0566
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc258


写真でもわかると思うのですが、

切り立ってます(笑)

まるでナイフでそがれたような。

これでも原石です。

水晶には一切手を加えていません。


動画で見るとより分かりやすいのですが、

最近拒否されて埋め込めないので、

You Tubeのリンク書いておきます。

https://youtu.be/mvAAsbGcKtQ

この面は本当にインパクトあります。


アクセサリーぽさが感じられなかったので、

純銀のプレートを葉っぱの形にして、

七宝を施しました。

特殊な形の水晶はお守り石として身に着けるといいと思うのですが、

お守りを主張しすぎるのもちょっと抵抗があるかと思い、

アクセサリーらしさも。
DSC_0569


明るくしてみました。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。




DSC_0500
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc249


本当に流れ出てきたわけではないのですが、

水晶の付き方がそのように見えるのです。

”本体の水晶”に比べとても透明度がある水晶なので、

その様子からも違和感があるのでしょうか。

とてもユニークな感じです。

動画の方が全体が分かりやすいと思います。

エレスチャルの特徴もあるユニークな水晶で、

アクセサリーとしても、

お守り石として身に付けられてもいいと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0413
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc232

まるで気泡の化石のようなイメージの水晶です。

黒っぽい部分はファントムのようで、

過去のこの水晶の形が残っているようです。


白っぽい部分はクラックというより気泡が入っているようです。

それも先端に向かってファントムのような様子を見せている部分もあります。

表面はとても奇麗なのに、

どうしてこういう特徴になるのでしょうか、不思議です。


これだけ内部が複雑なので、

光の当たり方によってはレインボーが現れるところも。

淡いレインボーが多いですが、

何か所か見えます。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

緊急事態宣言が解除され、

学校なども少しずつ始まりだしました。

マスクと手洗いを忘れずに少しずつ日常を取り戻していきたいですね。


梅雨の声も聞こえてきましたが、

アジサイなどこの季節の花もたくさん咲き始め、

外で見る花も多いので、三密にならずに済みますね。

その時のお供として、淡いピンク色のクンツァイトはいかがでしょうか。

DSC_0706
クンツァイトのペンダントトップqz026

蒸し暑くなる時期でもありますが、

宝石のピンク色、それも淡いピンク色なので、

暑さを忘れさせてくれます。

枠もシルバー950なので、

その点でも涼し気かも。



動画で全体像もわかると思います。


興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0504
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc250


いくつかの水晶がくっついたようで、

尖端がいくつもあり、

カテドラルでもあります。

そしてエレスチャルでもあり、

表面は骸晶で凸凹であります。

穴も開いていて窓水晶でもあり、

もっといろいろな特徴が出てくるかもしれません。

けれど、アクセサリーとしても整った形だと思います。

ちょっと大きめでしょうか。


私はお守りとも考えていますが、

お守りとは願いをかけて、

それを実行することを見守ってくれる存在だと思っています。

何も助けてくれませんし、そんな力もありません。


パワーストーンは心を落ち着ける効果を心に与えるような気はしますが、

全ての人にそういう効果があるとは思いません。

それがインスピレーションというか、

気に入るということなのではと思っています。


世界に一つだけの水晶です。

気に入られるとうれしいですし、

末永く一緒にそばにおいてもらえると嬉しいです。

YouTube にこの水晶の動画をアップしています
https://youtu.be/PdYtwqidmeA

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0496


一番大きな水晶が透明度も一番ですが、

真ん中も負けていません(^_^)

写真で向かっていちばん右の部分はインクルージョンではなく、

クラックや気泡で白く見えているようです。


写真や動画では写っていないのですが、

正面の純銀の金具の下にきれいなレインボーが出ます。

光の当たり方次第なので、

写真や動画では見えなかったのです。


今回動画では少し揺れがあります、申し訳ありません。

コロッとした形なので、

胸元でのすわりは今一歩ですが、

愛着がわく形だと思っています。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

新型コロナで生活が自粛傾向ですが、

これからの季節、樹木の緑が大きく成長し活力が最大になります。

その力を我々の力にしてこれからの行動に弾みをつけましょう。

ということで、
DSC_0910
ペリドットの猫モチーフアクセサリーpd010

可愛い猫と緑のペリドットのペア。

明るい緑が猫の顔の中でユラユラ揺れます。

ペリドットは太陽の石とも言われており、

とても親近感のある色でもあります。


猫の顔はシルバー950で作成、

鋳造で作ってはいますが、手作りの一品もので型はありません。


動画で全体の雰囲気が分かるのではないかと思います。

これから徐々に規制が緩和され、外出もできるようになりますので、

その時に胸元に飾っていただけると嬉しいです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。







DSC_0897
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc244

よく売られている水晶のアクセサリーとは真逆の姿をした水晶ですが、

この形が最終形態とも呼ばれる骸晶といわれる特徴で、

窓水晶と呼ばれる特徴の中心部まで届く様な穴まで開いています。


水晶が成長するときに、

周りが先に成長したために中心部に穴が開いたり、

へこんだりするものです。

粒タイプの水晶によくみられる特徴でもあります。

第一印象は、ギョッ!としますが、

よく見ると自然の造形美が美しく、

愛着がわく水晶だと思います。

お守りとしても身に着けて頂きたい水晶です。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

お守りの意味もあるので、

36mmぐらいあっても問題ないとは思うのですが(^_^)
DSC_0472
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc243

お守りは何かをしてくれるわけではありませんが、

自分の思いを伝え、

努力するところを見守ってもらう存在だと私は思っています。


目標や夢を人に話して行動することもいいですが、

なかなかできないのが人だと思いますので、

いつも身近にあってお気に入りのものに伝えるのが一番いいと思います。

アクセサリーだといつも身に着けていることができるので。

自分とともに居てくれる存在が水晶のお守りだと考えています。

お守りというよりは相棒といった方がしっくりくるでしょうか。

この水晶は、純銀製のキャップを取り付けた新作です。

他のタイプの作品もありますので、

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


ちょっと小粒の水晶ですが、

とても整った形をしています。

ダイヤモンドクォーツと呼ぶにふさわしいです。
DSC_0392
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc229

インクルージョンはとてもいいアクセントになっています。

お守りの意味も込めて原石のまま水晶には手を加えていませんが、

大きな傷もなくとても奇麗です。


純銀のプレートを使っていますので、

長くおそばに置いていただけます。

お守りは手を差し伸べてくれませんが、

自分の思いをお守りに伝えることで自分自身を変えることができると思います。

自分の背中を押してくれる存在と思えばいいのかもしれません。

原石を使った手作りの作品ですので同じものはございません。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。




このページのトップヘ