京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:Minne

DSC_1037
エメラルドのペンダントトップem001

3.5ctの大きさのエメラルドカットではない、ルースのエメラルドのペンダントトップです。

私が原石を磨いたレベルですので、

気楽に身に着けてお出かけするアクセサリーとしてはとてもお買い得です。

エメラルドの周りはシルバー950製ですので、簡単なお手入れでいつまでも輝きが続きます。

ただし、超音波洗浄機には絶対に入れないでくださいね、壊れます。

エメラルドのほとんどは結晶に亀裂が入っており、

対応処置がなされていますが、強力な洗浄機に入れると壊れる可能性があります。

私も一つ壊してしまいました。

普通のやさしく手洗いする分には問題はありません。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0416

ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc234


写真や動画ではわかりにくいのが玉に瑕なのですが、

透明度が高く、レインボーがよく出てくる水晶です。

少しエレスチャル的な特徴も出ています。

粒タイプの水晶は、エレスチャルの特徴が出やすい成長環境で成長するのかもしれませんね。


インクルージョンやクラックがぱっと見では無いところにレインボーが出るのは珍しいです。

よく見ると原因がわかるのですが、なかなか興味深いです。


純銀のプレートを付けていますが、

それ以外水晶には手を加えていない原石のままのアクセサリーです。


動画では正面に向いたときに一瞬だけレインボーが出ているのですが、

肉眼ではもっときれいに出ます。

光の加減でなかなか思ったようには出てくれません。


銀製品はどうしても経時変化で渋い色になりますが、

ほぼ初期の色に戻すことも可能です。

専用の液を買うのも一つですし、

重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨かれても戻ります。

傷は戻りませんのでその点はご了承くださいね。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0377
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc230

もしかしたら上下が逆なのかもしれませんが、

デザイン的にこの方が安定するので。


骸晶により、穴が開いたりしていますからその影響でトップが3つあるのでしょうか。

それとも後からくっついたのかはわかりません。


水晶の中に空洞があるのですが、

成長した後に中から溶け出したのではないと思うので、

成長段階で周りから先に成長して空洞になったのでしょうね。

ちなみに水晶の中の空洞につながる穴があると窓水晶と呼ばれます。

これもマスタークリスタルの特徴です。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0389
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc229


可愛いサイズのヒマラヤ水晶の原石アクセサリーです。

原石ですので細かな傷や欠けはあるのですが、

とても奇麗で整った形をしています。


インクルージョンも少しあるのですが、

とても透明度が高くきれいな粒タイプの水晶です。

アクセサリーとしても、

お守りとしても身に着けて頂ける作品だと思います。


原石で手を加えないのにこだわっているのは、

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈のパワーを、

できるだけそのままお渡ししたいと考えるからです。

傷や欠けなどもヒマラヤ山脈での成長の歴史の一部なので。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


銀製品はどうしても経時変化しますが、

専用クリーニング液も売っていますが、

重曹とナイロン歯ブラシで軽くクリーニングするだけで輝きが戻ります。

DSC_0401

マスタークリスタルの特徴である大きなゲイトウェイを正面にもち、

一目でわかる大きな水晶を”担いで”います。

蜘蛛の巣上のきれいなゲイトウェイ。

自分の心をのぞける窓とも言われています。

自分の本当の心を我々は知らないのでしょうか?

もしかしたらそうかもしれませんね(笑)


くつっいている水晶もきれいな粒タイプの水晶で、

これぐらいの大きさのものはとてもきれいな水晶です。

大きくなるといろいろな余分なことが起こるようです。

人の世と似ていますね。
DSC_0407

純銀のプレートにグリーンの七宝を施しています。

若葉のイメージで作りました。



動画で全体像が分かると思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0674
幸運の樹pd015


鬱陶しい天気が続く梅雨時ですが、

この時期に植物は大いに成長します。

緑もとても濃くなります。

植物にとっての力水でしょうか。


それにあやかって、

シルバー950の樹に、

グリーンが奇麗なペリドットが3つ生っているアクセサリーはいかがでしょうか。

幸運の樹と名付けています。


銀は昔から珍重され、魔除けとしても効果があるといわれています。

ペリドットは太陽の石といわれるように成長のシンボル、

成功者の石とも呼ばれています。


女性の方には美しさを引き立てるアイテムとして、

日常のちょっとしたお出かけ時に身に着けて頂くといいと思います。

チェーンをお付けしているのですが、

お気に入りのものに変えて頂ければより愛着がわきと思いますし、

ちょっとした革ひもでも通るように通し穴は大きめにしています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


dc171
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc171

可愛い水晶のお守りアクセサリーです。
気泡が透明度の邪魔をしていますが、
よく見ると透明度高いです。

純銀製のプレートに固定していますが、
水晶は原石のままで何も手を加えていません。

可愛いサイズですので、
日常で身に着けていることができます。
dc171-2

銀製品は経時変化しますが、
重曹などで軽くクリーニングするだけで輝きが戻ります。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

pd004-2


デザインはシンプルなので、

合わせやすく、違和感もないです。

サイズも大きくもなくちょうどいいのでは。


全体像が分かると思います。

素材はペリドットとシルバー950。

これからの季節にぴったりのグリーンです。


ペリドットは橄欖石の💎名ですが、

橄欖石は地球のマントルの主要成分だとか。

でも、地表岩盤の下なので、地下数十キロのところにあるのだそうで、

火山の噴火などで地表に出てくるそうですが、

その時に粉々になって大きな結晶が少ないのだそうです。

こういうところはダイヤモンドと同じですね。

ダイヤモンドも大きなものは少なく、地表に出る速度が遅いと炭になってしまうそうですから。

ペリドットがもう一つの場所からもやって来るそうです。

それは宇宙。

隕石の中に含まれていることがあるそうです。

地中と宇宙という両極端からやって来る変わった宝石です。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0344
ヒマラヤ水晶dc225
水晶の成長の痕が残っていてそれが模様のように見えるもので、

同じ様に水晶の成長の痕跡が分かるものに、

水晶同士がくっ付いていたものが外れて段になっているゲイトウェイもそうです。

水晶の年輪みたいなものですね。

幻影水晶の特徴のことをファントムとも呼ばれます。


この水晶のファントムは見る方向により形が違って見えるのです。

光の屈折により現れる部分があるのかな。

動画も撮りましたが、

そこまでは写っていないようですね。

今回の作品の全てに七宝を施しています。

あまり複雑な形はデザイン的にどうかなと思い今回はシンプルな感じにしました。

お守りにアクセサリーの要素を加えることでより親しみを持ってもらえるかなと思って。

好みの問題ですが、同じものが2つとない作品なので、

楽しいのではと。

このキャップのデザインは丸は完全を、雫型は天からの光の雫をイメージ。

守られるというより、自ら手に入れることを願って付けました。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



cn004 (2)
(お守り水晶cn004)
ヒマラヤ水晶の原石をそのままお守りアクセサリーに。

身に着けた感じをイメージしやすいようにトルソーに着けました。

より作品がわかりやすい写真はこちら。
cn004

キャップはシルバー950で作っています。

磨けばもっと綺麗にできますが、

磨かなくともクオリティが高いので、

そのまま作品にしました。

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡しできる気がして、

水晶には手を加えないようにしています。

原石の歴史はヒマラヤ山脈での歴史なので、

そのままの方がパワーがあるような気がしています。

それぞれの考え方だと思いますし、

私は原石が好きなので(磨いた石も好きですが)、

その点でもできるだけそのまま使いたいと思っています。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。




このページのトップヘ