京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:JAXA

https://news.yahoo.co.jp/articles/377695fe5b75e7e8635d9361431978c70b92c18c

やっと中国のロケット打ち上げが成功しましたね。

火星探査ですか。

今回は着陸できればいいのかな。

それにしても中国はロケットをたくさん打ち上げていますよね。

いろいろなタイプのロケットを打ち上げているそうです。

なので失敗も多いのだとか。


翻って日本のJAXAは中国の何分の一しか打ち上げていません。

日本のH2Aは40回以上打ち上げていますが、

新しいH3の完成はいつなのでしょうか。

新しいロケットを作るには時間がかかるのは分かるのですが、

それにしても遅い。


自衛隊のF2戦闘機の後継機であるF3にしても完成は10年以上先とのこと。

新しい技術、経験はそう簡単に手に入れることができないのは理解できますが、

遅すぎませんかと。


新しいH3にしてもF3にしても遅れることは必定でしょう。

それで世界と渡り合えるのでしょうか。

新しい技術や経験はノウハウとなり、

今後日本の先端技術立国としての先進性の要だと思うのですが。

ロケットや戦闘機だけでなく、

今後はトータルでの技術力が勝負ですから、

もっと国が力を入れて育成しなければいけないのでは。


中国はその点なりふり構わずといったところですが、

長期ビジョンがあるのだと思います。

正確な誘導技術、ロケット技術があってこそ、

相手に攻撃させない防衛力の強化もできますからね。


100日以上尖閣諸島周辺にやって来て圧力を加えてきている国がすぐそこにあるのですから、

そういう観点からも日本は考えねばならないのでは。

火星は遠いですが、尖閣諸島はすぐそこですから。


宇宙開発が平和利用で世界が一丸になってできるというのは、

はかない夢になりそうですね。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362451

日本のインターステラテクノロジズによる小型ロケット、

MOMO5号機が宇宙(高度10km以上)を目指して14日に打ち上げられましたが、

最高高度11kmで失敗しました。


先日、有人の民間宇宙船がスペースXによって宇宙ステーションに向け打ち上げられ成功しましたが、

日本ではまだロケットの打ち上げも成功しないんですね。

それほど難しい事業であり、

なかなかアメリカやヨーロッパに追いつけないんですね。


これからも挑戦を続けてほしいですし、

JAXAももっと最先端の字術に挑戦して、

民間にそのフィードバックをお願いしたいと思いますね。


地上の問題もかたずかないのに宇宙とは何事かという方がいるのも事実です。

地球上の限られた場所ではなく、新しいフロンティアとして宇宙を海洋と同時に考えて、

先行投資として開発を手助けしてほしいですね。


ただ打ち上げるだけではなく、

ちゃんと決まった時間に打ち上げ成功することが求められる事業なので、

ハードルは高いですよね。

free-illustration-space-rocket-hassya-irasutoya
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

JAXA、野口さん搭乗へ安全確認急ぐ 米民間宇宙船、「企業秘密」の壁も
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6361210

今更ですか?

ちょっと時事通信社さんずれてませんか?

今までロシアのソユーズで国際宇宙ステーションに行っていたのですよ。

ロシアですよ。

情報がちゃんと来ているかどうかとても不安でしたよ。

それに比べ、民間企業とは言え、NASAと組んでやっているのですよ。


企業秘密といわれるが、

それなら自分で作って自分で行けよということですよ。

今までだってどこまで情報開示していたのか調べているのかな。

NASAだってすべての開示はないはずですよ。


民間企業は失敗すれば倒産だってあり得るので、

そこは真剣だと思いますよ。

記事の中にもありますが、ロシアに比べれば十分に情報は来るでしょう。

時事通信社さんは民間企業よりもロシアの方が信用できるとお考えなのかな。


これからは民間企業の力も借りて宇宙に行かねばならない時代に、

企業秘密の壁の危惧をしていては日本はどんどん置いて行かれますよ。

JAXAも民間企業と組んで人工衛星の受注をしていますが、

全ての情報は出していないと思いますよ。

そんな他国を喜ばすようなことはどこの国、企業もしていませんよ。

利益をるための経済活動ですから。
スペースX
(Yahoo!検索画像からお借りしました)



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000001-kyodonews-soci

連日、報道は新型肺炎の暗い話題ばかりですが、

視点を変えてちょっと明るい話題に。

今、はやぶさ2が帰路に付こうとしています。

これがうまくいってほしいのは当然ですが、

次の探査も進めねばなりません。

その候補が火星のフォボス。

いいですねぇ。

衛星の調査に実績のあるJAXAが目指すのが火星の衛星フォボス。

地球の兄弟星である火星の衛星を調べることで、

火星の事やひいては地球のことも解明できることがあるのではないでしょうか。

また、謎が増えるかもしれませんが(^_^)

未知の肺炎が広がろうとしているのに、

もっと医療に金を入れろとの声も聞こえてきそうですが、

あまり関係なさそうな宇宙探査も、

その新しい技術はフィードバックされて、

人類の為に使われてることは多いのです。

今の肺炎に対する対策も目先のことに追われているマスメディアのために、

ゆがめられていませんか。

今朝なんて国会の話題で、肺炎のニュースしてない局もありましたよ。

毎日散々いやというほど報道してたのに。

それはおいといて。

JAXAの新しい挑戦にとても期待しています。

打ち上げ用のロケットももっと改良や大型化出来ないかなぁ。

Phobos_colour_2008

Yahoo!検索動画からお借りしました

このページのトップヘ