京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:食中毒

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368122

我が家でもたまに塊の肉を買ってローストビーフを作っていますが、

火が通りすぎることが多いですね(笑)

それをうまく調理してくれる低温調理器が市販されているのだそうで、

それは知らなかったなぁ。

ただ、その機械を過信してはいけないと。


肉には細菌やウイルスが付着していることがあり、

よく加熱する必要があると。

この主張にはちょっと賛同できない部分もあって、

全ての肉が汚染されているわけではないし、

機械に問題がある可能性ってそれはおかしいでしょう。

適切にできるように指導するのも国の仕事では。


日本の多くのお店から生食用の肉が消えたのもほんの一部の半端者のため。

それをすべての国民に強制した行政は正しい判断なのかなぁ。

問題の個所を改善すれば済むことを全体に当てはめたのは、

社会主義的な強制のようで問題があるのだけれど・・・。

今もって納得できていないのですが(笑)


生ものの加工は特に暑い季節は気を付けないといけないですね。

菌などが繁殖しやすい環境ですから。

適切な温度管理をしっかりやらないと。

それで問題が起きればその人の管理の問題で、

機械が悪いわけではないはずなので。


なんでも火を通すというのにはとても抵抗があり納得できないのですが、

食中毒を起こさないために、

ルールは守って適切に調理しましょう。

保健所にとやかく言われないように(笑)


しかし、たくさんの低温調理器が販売されているんですね。

価格もいろいろですね。

加熱温度の違いによる調理時間の長短があるので、

それを間違えないようにしたいですね。

_cQLK7iM




https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365193

私は食べたことのないユウガオですが、

食用できるんですね。


まれに観賞用のウリ科の植物に含まれる苦み成分、ククルビタシン類が含まれることがあるようで、

苦いと感じたら食べないようにとのこと。

ズッキーニやヘチマでもたまにあるようです。


最近アサリなどの貝にも以前は問題なかったのに、

最近、毒素が多く含まれるようになっているらしく、

潮干狩りが禁止になっているところが何か所かありました。


今までは問題なかったのに、

そうではなくなる事案が耳に入ってきますね。

今回の大雨も変化の一つかもしれません。


気候変動と言う方も居られますが、

今までと同じということがあり得ない、

ということではないでしょうか。


植物も食べられないように毒を作りますし、

貝にしてもそうだと思います。

気候も恐竜がいた時代よりはまだ涼しいですし、

氷河期から見るととても暖かいのでは。


食用で販売されているのに中毒成分があるのはいただけませんが、

見分けはつかないようで、

料理する前に、端の部分などを切って味覚のチェックをするのが予防法として最善とのことです。

201607170025_box_img4_A

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6364232

家庭料理での食中毒について書いてあるのですが、

そこまで現代の家は汚れているのかなぁ、というのがちょっと疑問です。

菌が空中を浮遊しているというけれど、

その確率はどれぐらいなのでしょうね。

家庭の食事での食中毒ってどれぐらいあるのだろう。

私の周りでは最近聞いたことないですが。


家庭での食中毒は気を付けなければならないのはわかりますが、

普通に料理の前の手洗いと、

材料、まな板、包丁をきれいに洗い、

残ったものはきれいな容器に入れて冷蔵庫で保管し、

できるだけ早く消費する。


普通のご家庭ではこのことがちゃんとなされていれば問題はないはず。

肉類の加熱不足や素材をきれいに洗わないことで食中毒は起きます。

これぐらい大丈夫という気の緩みには気を付ける必要はありますが。


現代の冷蔵庫も昔と違いとても賢くなっているので、

冷えが悪いとかいう問題は本当に少なくなっているはずです。

無理な使い方をするのは論外ですが。


それより怖いのが、

外食による食中毒ではないでしょうか。

安心しきっているので、

ちょっと変だと思ってもそのまま食べるとかあり得るので。

これは年中起こっていますが、

料理人さんや従業員さんの衛生管理をしっかりお願いいたします。

その点がいい加減だったために、お店でほとんど生の牛肉を食べることができなくなりました。

悲しいことです。


家庭の場合、おかしいと思うと口にしないですからね。

これは本能だと思うのですが(^_^)

気を付けることは大切ですが、

母親(父親?)の普通の料理を疑うことはあまり必要ないと思うのですが。

私の考えがずれているのかなぁ(笑)
01_main_visual





このページのトップヘ