京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:重曹

DSC_0496
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc248


とても透明度の高い水晶と、

内部に気泡やクラックをたくさん抱えた水晶などとクラスターしています(笑)


レインボーが現れることもありますので、

とても変化が楽しめるアクセサリーでもあります。



3cm弱の大きさなので胸元できれいに輝きますよ。

お守り水晶として身に付けられてもいいと思います。


私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。

お守り石としても、

世界に一つしかない形の水晶ですから。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

お守りなのでできるだけ純度の高い銀を使うようにしています。

シルバーは皮脂や空気に触れているとくすむ場合があります。

銀製品の宿命なのですが、

それはそれで味が出るとも思うのですが(笑)

その場合は重曹と歯ブラシなどで簡単にお手入れできます。

市販のクリーニング液等を使われてもきれいになりますが、

まず、重曹で試されるとお手軽でいいと思います。

京都ねむの木の作品では全く問題なく使えます。
(問題が出たとも聞いたことはないのですが)

DSC_0583
ラピス・ラズリのペンダントトップra014

ウルトラマリンを含むいろいろな色調が複雑に絡み合ったとても奇麗な石です。

ラピスもいろいろな色調のものがあるのですが、

この石は明るい色に分類されると思います。

身に着けるとシルバー950と相まって明るい印象を与えることでしょう。


梅雨で鬱陶しい時期ですが、

もう少しすれば光の夏がやってきます。

その時の為に今からの準備が楽しくもあり、

ワクワクします。


私が原石から切り出し、カットして磨いているので、

とてもお買い得価格にしています。

シルバー950は経時変化が純銀よりもしにくいといわれていますが、

それでも変化はします。


対処法は、色が気になればクリーニングを行えばほぼ輝きを取り戻せます。

特に重曹できれいになるので、小まめにお手入れされればいつもきれいなままです。

クリーニングされるときには、ナイロン歯ブラシでやさしく傷つけないように磨いてください。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0389
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc229


可愛いサイズのヒマラヤ水晶の原石アクセサリーです。

原石ですので細かな傷や欠けはあるのですが、

とても奇麗で整った形をしています。


インクルージョンも少しあるのですが、

とても透明度が高くきれいな粒タイプの水晶です。

アクセサリーとしても、

お守りとしても身に着けて頂ける作品だと思います。


原石で手を加えないのにこだわっているのは、

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈のパワーを、

できるだけそのままお渡ししたいと考えるからです。

傷や欠けなどもヒマラヤ山脈での成長の歴史の一部なので。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


銀製品はどうしても経時変化しますが、

専用クリーニング液も売っていますが、

重曹とナイロン歯ブラシで軽くクリーニングするだけで輝きが戻ります。

DSC_0365
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc228


ちょっとだけ尖端が欠けているのが残念ですが、

整った形をした水晶です。

上部は2つに分かれています。

写真では茶色が強調されていますが、

肉眼ではそんなことはなく、

透明度が高いので、反射まで映り込んでいるのでしょう。

動画も短いですが作りましたヒマラヤ水晶dc228

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

純銀プレートを使用していますので、

経時変化は避けられませんが、

簡単なお手入れで輝きが戻ります。

それは重曹をナイロン歯ブラシを使い磨くことです。

少しの重曹をクリーム状にして歯ブラシに着けて磨くだけです。

傷つけないようにだけ気を付けてくださいね。





dc034
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc034


ペンダントトップとしていい大きさの水晶ですが、

とてもユニークな形をしています。

人それぞれ見え方は違うと思いますが、

私にはクリオネに見えたり、人形のように見えたりします。

これは原石のままで、手を加えていなくてこの形です。


全体に平たいですし、

いくつかの水晶が合体したようです。

金具はシルバー950製です。

お守りとしても、原石アクセサリーとしても。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


銀製品はどうしても経年変化してしまいますが、

身に着けている変化も遅くなるというか気にならない感じです。

純銀やシルバー950は重曹で歯ブラシなどで磨いてあげるととてもきれいになります。

くれぐれも金属製のブラシはやめてくださいね。

シルバー950でも柔らかいので傷がつきます(^_^;)

DSC_0883


今日はとてもいい天気です。

五月晴れですね。

こんな空の色のようなアクアマリンです。
DSC_0879

空の色よりもう少し淡いかな(^_^)

石自体は10㎜程の可愛いサイズです。

シルバー950のリボン調のキャップを付けました。

全体像としては下の動画で分かるかな。

短いですが、雰囲気が伝わればと思います。

なかなか気分の晴れない日々が続きますが、

明るく前向きに過ごしたいものです。

私が原石を削って磨いたので、アクアマリンの大きさに比べお安くできています。

原石っぽさが残る出来上がりがお好きな方やアクアマリンがお好きな方に。


シルバーはどうしても経時変化してしまいますが、

それも味ですし、毎日身に着けているとあまり感じないかも。

お手入れは簡単で、ナイロン歯ブラシに少し湿らせた重曹(お掃除用でも食品用でも)を着けて、

やさしく磨いてあげれば傷もつかず、輝きが戻ります。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。






dc189


綺麗に整った原石や綺麗に磨かれた水晶も魅力的ですが、

こういう原石です、と主張する石もとても魅力的です。

アクセサリーとして身に着けてもいいですし、

お守りとして身に着けられるのもいいと思います。

キャップは純銀製ですので、

水晶ともども長きに亘って身につけて頂けます。

銀製品は経時変化しますが、

それもこの作品の味でもあります。

けれど気になるという方は、

最近お掃除で脚光を浴びている重曹で優しく磨いてあげるときれいになります。

ナイロン歯ブラシに少し水を付けた重曹で優しく磨いてください。

傷もつきませんし、重曹もほんの少しの量できれいになります。

この作品に興味のある方はCreema さん内の京都ねむの木にてヒマラヤ水晶dc189で販売中です。

DSC_0555


エメラルドカットではない、

丸いルースのエメラルドをシルバー950の枠の嵌めました。

綺麗なグリーンが胸元に映えます。

こういう名の通った宝石は私がごちゃごちゃ書くよりも、

気になっているい方の方がよくご存じだと思います。


純度の高い銀製のものは時間が経つと変色しやすいのですが、

その分きれいにするのも簡単です。

あまり真黒になったものは手ごわいですが、

通常使用でちょっと黄色味を帯びたなと思われたら、

重曹で優しく傷がつかないように磨いてあげれば銀色が戻ります。

家庭用の重曹で十分で、ナイロン歯ブラシで磨けば傷もつきません。

優しくなでるように磨いてあげればOK。

アクセサリーに限らず、銀製品には有効です。

上の写真のアイテムは、

minneさん内のkyoutonemunoki's galleryにてエメラルドのペンダントトップem001で販売中です。

現品限りですので、気になっている方はお早めに。

DSC_0552


この水晶はこれで一つの結晶なんです。

欠けたりしているのではなく、人の手が加わったわけでもないのです。

はるばるヒマラヤ山脈からやって来ました。

粒タイプの水晶です。

普通の柱状の水晶のイメージとは全く違います。

少し曲がっています。

だからこそお守りとして身に着けるといいと思います。

身に着けていると愛着が湧くと思います。

愛着が湧きそうもない方はスルーしてください(^_^)

一つしかない水晶ですので。

お守りはいつも肌身離さずがいいと私は思っています。

なのでアクセサリーとして身に着けられるようにと、

純銀で枠を作りアクセサリーとして身に着けられるように作りました。

銀製品はは時間が経てば変色しますが、

純度の高い銀製品は重曹で洗うことできれいになります。


金属チェーンはお付けしますが、

お気に入りの紐やチェーンに付け替えていつも身につけて頂けると嬉しいです。

興味のある方はCreema さん内の京都ねむの木にてヒマラヤ水晶dc160で販売中です。

このページのトップヘ