京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

タグ:純銀製

DSC_0065

とてもかわいい水晶です。
原石のままで手を入れていないので少し形がユニークです。
ちょっとずんぐりとした形をしていて愛嬌があります。
ずっと身に着けていられるように純銀のキャップを嵌めています。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc112
DSC_0092

大きさ比較用の写真ですので、色が悪いです。
本来の色は上の写真のように透明です。

DSC_18

霜柱を知らないという人が増えていると言われています。
たとえがわかるか心配なのですが(^_^;)
隙間が多い水晶です。
正面真ん中にも穴が開いていて、
中心にまで到達しています。
中も外もデコボコだらけ。
それでいて統一感のある造形美なのです。
裏にもちょっといたずらしていますが(^_^)
万人受けはしないと思いますが、
特定の方の感性にはヒットすると思います。
そういう方に→ヒマラヤ水晶のお守りdc071
DSC_0007

DSC_0003

紫水晶は均一な色がいいと言われます。
それも一理あります。
このアメジストのようなブチの色合いもなかなか味わい深いものがあります。
見る方向により濃淡が変化し、暑苦しさを感じさせません。
夏場に濃色のアクセサリーはちょっと、ですが。
この色のアメジストは枠の銀と相まって涼しげです。
興味のある方は→アメジストのペンダントトップag004
DSC_0001

DSC_0027

綺麗な形の水晶ですが、
中の構造が複雑で、骸骨水晶と呼ばれるのにふさわしい構造をしています。
ちなみに骸骨は誤訳でスケルトンが本来の英語で、
骸晶というのが正しいのだそうです。
構造がよく見える水晶ということらしいですが、
見れば見るほどよくわかりません(^_^;)
純銀の枠と相まってとても涼しげです。
お守りよりもアクセサリーの要素が強いかも。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc063
DSC_0028

DSC_0018

写真を90度傾けて頂くとわかります。
パッと見はちょっと大きめのダイヤモンドクォーツです。
それが寝かせると、なかなか珍しい箱型の水晶に変身します。
平行四辺形型と言ったらいいのでしょうか。
おもしろい結晶形です。
どうすればこういう形になるのでしょうね。
本当に水晶なのかと疑って見たくなります。
これで原石なんですよ。
水晶には何も手を加えていません。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc065

DSC_0021

水晶の角度とインクルージョンによる乱反射が宝石のようにきれいに光ります。
天然の水晶の原石でこれぐらい綺麗に光るものはなかなかないのでは。
それゆえに価値があるのですが。
純銀のキャップもかわいく乗っています。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc085
DSC_0022

DSC_0004

写真を撮り直しています。
ベストショットを狙っているのですが、
なかなか満足のいくものが撮れません。
その中での1枚です。
この水晶には雨でもないのにレインボーが出ています。
クラックが多いのでより出やすいのです。
大きなレインボーではなく、小さなものが何か所にも。
レインボーは恋愛を司ると言われているとか。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc087

DSC_0023

革紐とか、紐の方が味があっていいかも。
細めの革紐が似合う気がしています。
チェーンの場合、色に幅がないので選ぶの楽ですが、
革紐や普通のひもは色のバリエーション多すぎて、
選べません。
好みもありますので。
すぐに使えるようにチェーンをお付けしていますが、
お守りもアクセサリーも気に入ったもので身に付けられた方がより愛着が湧くと思います。
そのままでもいいんですが。
この水晶はちょっと甲虫ぽい感じです。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc105
DSC_0027

DSC_0027

綺麗な水晶にまるで模様のようにある水晶が外れた跡。
ゲイトウェイと呼ばれます。
綺麗に形が残っています。
dプいう水晶が付いていたのでしょうか。
外れた跡からすると、相当大きく、
成長の年輪もたくさんあることから、
長い間一緒に成長したのでしょうか。
お互い外れることにより、
新しい歴史が始まったのでしょうか。
感情が入り込んでしまう水晶です。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc095
DSC_0020

DSC_00141

形の整った綺麗な水晶です。
前面を見やすくするために両脇から挟んだようなデザインにしました。
水晶自体は透明度が高いのですが、
成長の痕跡やクラックがあるために透明度が低いように見えています。
そのおかげで、レインボーが現れます。
写真よりもきれいに見えますよ。
DSC_0020

他の場所でも光の当たり方でレインボーが見えます。
純銀の枠を付けているので、
お守りとして身につけて頂きたいですが、
お守りアクセサリーとしてもきれいだと思います。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc098
DSC_0016



このページのトップヘ