京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:純銀プレート

DSC_0416

ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc234


写真や動画ではわかりにくいのが玉に瑕なのですが、

透明度が高く、レインボーがよく出てくる水晶です。

少しエレスチャル的な特徴も出ています。

粒タイプの水晶は、エレスチャルの特徴が出やすい成長環境で成長するのかもしれませんね。


インクルージョンやクラックがぱっと見では無いところにレインボーが出るのは珍しいです。

よく見ると原因がわかるのですが、なかなか興味深いです。


純銀のプレートを付けていますが、

それ以外水晶には手を加えていない原石のままのアクセサリーです。


動画では正面に向いたときに一瞬だけレインボーが出ているのですが、

肉眼ではもっときれいに出ます。

光の加減でなかなか思ったようには出てくれません。


銀製品はどうしても経時変化で渋い色になりますが、

ほぼ初期の色に戻すことも可能です。

専用の液を買うのも一つですし、

重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨かれても戻ります。

傷は戻りませんのでその点はご了承くださいね。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0365
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc228


ちょっとだけ尖端が欠けているのが残念ですが、

整った形をした水晶です。

上部は2つに分かれています。

写真では茶色が強調されていますが、

肉眼ではそんなことはなく、

透明度が高いので、反射まで映り込んでいるのでしょう。

動画も短いですが作りましたヒマラヤ水晶dc228

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

純銀プレートを使用していますので、

経時変化は避けられませんが、

簡単なお手入れで輝きが戻ります。

それは重曹をナイロン歯ブラシを使い磨くことです。

少しの重曹をクリーム状にして歯ブラシに着けて磨くだけです。

傷つけないようにだけ気を付けてくださいね。





このページのトップヘ