他の地域では新規感染者の発生が抑えられているのに、

東京都は相変わらずですね。

関西二府四県では昨日は3人でした。

関西二府四県と東京都の人口はほぼ同じぐらいだと思います。


東京都と言っても23区もあれば小笠原もあります。

感染者分布をみるのも必要でしょう。

特徴が現れるのでは。

マスメディアは煽るのが仕事のようですが、

もっと冷静な分析が必要なのでは。


昨日買い物でニ〇リに行ったのですが、

そんなに混んではいなかったのですが、

若者3人組が大きな声で話しながら商品を品定め。

結局買ってはいなかったようですが。


3人のうちマスクをしていたのは一人。

していない2人が大きな声でしゃべっているという構図。

こういうことが東京の夜の街で行われているんでしょうね。


価格は以前に比べ高いですが、マスクは買えるようになりましたね。

気軽に買物もできるようになりました。

だからこそ、感染拡大を起こさないために、

咳エチケットではないですが、

ツバキが飛びにくいように外ではマスクをして会話してほしいですね。

他の人が買うかもしれない商品の前でマスクなしで大きな声で話さないでほしいです。

自分は大丈夫と思っていても症状のない感染者かもしれませんから。


まだまだ予断を許さない状況だという認識が若い人ほど甘いのかもしれませんね。

罹ってもなくなるリスクが低いとは言え、

大変つらく苦しい症状に長期間苛まれ、1か月近く療養しなければならないのです。

そのことの理解が薄まっているのではないでしょうか。

自分も含めもう一度確認する必要があると思いますね。
62069_thumbnail
(Yahoo!検索画像からお借りしました)