京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:新型コロナ

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371327

新型コロナの影響で2026年完成予定が見通せなくなったと。

それよりそんなに早くできるのかと思っていたら、

2番目に高い聖母マリアにささげられる塔の完成らしいです。



サグラダ・ファミリア教会の完成形は18本の塔で構成されるらしいですが、

まだ8本しかできていないそうで、

9本目の完成が2026年だったのかな。

そうなると全てがそろうまであと何年かかるのだろう。


元々あと100年はかかるといわれていたような気がしたので、

私が生きているうちには完成はないですね。


ヨーロッパの教会は建築が完成するまで時間がかかりますよね。

100年越えはざらなのでは。

まあ、大きいといえば大きいので、

時間がかかるのは仕方ないし、

ヨーロッパの時間のルーズさは有名ですから、

両方相まって全体に時間がかかるのでしょうね。


日本も東京駅のすぐそばに370mのビルを建てるそうですから、

丸の内の景色が変わるといわれています。

完成すれば日本一高いビルのなりますし、

東京タワーを見下ろすことに。

完成は2035年ごろ?

今あるビルを取り壊して立てるそうですが、

日本の場合、予定が決まれば確実に作ってしまいますね。

確実のサグラダ・ファミリアよりも早くできますね(笑)
877d211f-2f7e-4fed-8fc9-34efeeecf7df
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

em001
エメラルドのペンダントトップem001


外出を控えることの多い状況ですが、

マスクや手洗いをおろそかにする横着をせず、

感染予防に気をつけ、

冷静に怖がれば、

行動半径は広げることができると思います。


10月からはGo Toトラベルも東京が入るそうです。

今までのようなはしゃぎ方は当分できないですが、

息抜きや楽しみも必要ですし、

経済も回していかねばなりません。


ちょっとしたお出かけや、

少人数の食事など、

気をつけながら行う時にちょっとしたおしゃれも大切。

そういう時にこのエメラルドはいいのでは。

超一級品の石ではない分お買い得ですし、

なかなかの大きさです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


最近買い物に行っても手の消毒を疎かにされる方が目立ちます。

そういう気の緩みが感染者数に現れているのではと思います。

早く薬やワクチンができてほしいですが、

それまでは感染を広げない努力が必要ではと思います。

冷静に恐れ、感染を広げない努力を心掛けたいですね。




https://news.yahoo.co.jp/pickup/6370974

フランスでの話ですが、

フランスらしい話ですね。


なぜ2週間だったのか。

1週間にして問題はないのか。

1週間で感染力が弱まることは弱まるらしいのですが、

それでも感染させる可能性があるので安全と言えるのか。

守られないから守れる基準をということですが、

本末転倒な気がします。


でも日本も笑えないですよね。

ホテルに隔離されている人が勝手に外出したり、

空港で熱があるのに制止を振り切って出て行った人がいたり。

日本の場合、法整備に不備があるので強制はできないのですが、

フランスでもそうなのかなぁ。

パリなんか外出時にはマスク着用を義務にしているのに。


人にうつし、その方が発症し仕事に就けなくなったらどうするのかなぁ。

病気だけでなく、経済的困窮を与えることになるのに。

もし感染が分かり発病すれば回復しても約一か月仕事ができなくなると考えた方がいい。

インフルエンザなら1週間。

普通のカゼなら熱が下がるまでの2~3日ではないでしょうか。


ただのカゼの一種と言う方がおられますが、

薬がなく、自然治癒任せのため仕事のできない期間がインフルエンザの比ではないので、

公務員や大企業の方ならまだしも、

個人事業主にとっては死活問題ですよ。


なので効果が限定的でもマスクをし、

人にうつさず人からもらわずを実践しているのです。

手洗いも小まめに消毒することで、

手に着く確率を減らすことができるのです。


最近、スーパーでも入り口の手消毒をしない方を多く見ます。

自分はかからないと思っているのか、

消毒疲れなのか。

感染者はそんなに減っていないし、

これから増えてくる時期に入るのです。

高齢者は特に気をつけなければ。

病院のベッド数さえあればいいわけではないので。
61797019

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6370415

この記事は、新型コロナによる宅配の増加、

それによる家庭内の段ボールの増加とその処置について、

虫の発生の観点から注意喚起しておられます。


チャタテムシ、

正直、聞いたことのない名前なのですが、

写真を見てもよくわからないなぁというのが本音です。
image
(Yahoo!検索画像からお借りしました))

大きさが1mm程度とほとんど見逃してしまう大きさ。

段ボールなどが湿気てそこに大量発生すると見えるということでしょう。

湿気のある家の中には普通にいるそうなので、

ある意味”同居人”ではあるようです。

アレルギーをお持ちの方はこの虫が原因でアレルギーが出る可能性もあるので、

注意が必要ですね。

このチャタテムシは、乾燥に弱く、乾燥した所にはいられないそうなので、

湿気を呼ぶ段ボールなどは早く処分することだそうです。


特段の悪さはしないようですが、

この虫の食べ物がカビの胞子らしいので、

湿気るようなものがあるのは禁物ということですね。


もう一匹、

段ボールに住み着きやすいのがゴキブリ。

しかし、ゴキブリは段ボールでなくとも神出鬼没ですから、

奇麗にしておくことは段ボールに限らず大切です。

小まめな掃除と整理整頓ですか(笑)




https://news.yahoo.co.jp/pickup/6370135

秋の味覚松茸、

と言っても国産は高根の花で一生のうちに食べられるかどうか(笑)

そこで登場が中国産マツタケ。

最近はブータンからもやって来ているそうですが、

主流は中国。

見た目も日本産にそっくり。

カナダ産などは見た目が少し違いますよね。


その中国産マツタケが今年は輸入数量が減っていると。

原因は新型コロナ。

松茸は空輸されてくるそうで、

その飛行機が飛ばないので中国からやってこないというのです。


でもね、先日からスーパーで売ってますよ。

価格も前年並みの様だし。

今年は中国は雨が多く松茸がよく出ているそうで、

価格も前年に比べ安いとのこと。

このギャップはどうしたことでしょう。

優先的に松茸を載せるようになったのかな。


中国の農地の農薬汚染疑惑がよく報じられますが、

キノコは菌糸の集合体なので、

農薬などに葉特に弱いので、

その中でも松茸は特にデリケートなので、

農薬などがあると出てこないそうです。


日本に送られる作物は基準が厳しく、

商社の方もよくよく管理されているそうですが、

無理な耕作をしている中国人も多いといわれています

中国も大切な土地を汚さないようにしないと、

後で泣きを見ると思うのですが、

どうなんでしょうね。
sd2_055f4a8ef313f76bc9c45f9c97815dd360d4182f

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6369419

症状がひどくならずに、

早く復帰されることを願います。


タレントの方もコロナにかかっている方増えてきています。

志村けんさんのこともあります。

無理をされずに体調がおかしかったら保健所などに相談された方がいいです。


今回つるのさんはすぐに検査を受けられたとのこと。

その時は陽性反応は出なかったとのこと。

PCR検査は初期の段階では確度が3割と言われていますが、

今回はそれを裏付けましたね。


調子が悪くなってすぐに検査を受けられているので、

陰性でも注意はされていたと思います。

このことからも陰性と出ても体調を見ながら、

万が一を考えて行動されるといいですね。


明日は我が身です。

今回のようにちゃんと経緯を伝えて頂けると、

我々にとってもいい参考になると思います。

マスク、手洗い、3密を避け、

体調が悪い場合、安易な判断はせずにちゃんと診察を受けること。

陰性でも注意を怠らないことですね。


いい教訓を伝えていただけたと思います。

心から早期の回復、復帰を祈念いたします。
62069_thumbnail



水道料金の値上げをするところがあるかと思えば、

コロナ対策の一環として、

水道料金の減免を行っている地域もあると話題に。


何時もなら検針に来ている時期なのですが、

まだ来ていないのでおかしいと思っていたら、

そういう地域なのかもと思いしらべたら、

残念ながらそうではないようです(笑)


京都市は新型コロナによる収入減や水道料金の支払いができない場合、

猶予してくれるそうで、

それは窓口に相談してくれと。

幸か不幸かそこまでにはなっていないので、

検針が遅れているだけですね。


水道事業が行き詰っているのは全国的なようで、

公共事業ですから、

読みの甘さが最大の原因かと。

国民総出で省エネに取り組んでいるのと、

長いデフレ期間により水道も使用量が減っているようです。

今後回復する予想は立たないので、

水道管などのコストがかかるため、

慢性的な赤字体質に。


日本の水道は蛇口からの水をそのまま飲むことができるのですが、

世界的に見てなかなかそんな国無いようです。

けれど、高層住宅などは一度タンクに水を貯めてから各家庭に配水するので、

水質が落ちるようで、

築後年数が経っているところでは匂いがしたりして調理に使えないという声がよくあります。

なので仕方なく水を買っていると。


上の事案は水道水の品質と直接関係ないですが、

こういうところにもっと力を入れると需要の喚起にもつながるのでは。

公共の施設ではないので手が出せないとかいう前に、

そういうところをいかに開拓するか、

知恵を絞ってもらえば、

需要拡大や値上げも容認してもらえるのではと思います。
eye_catch_6
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368290

インフルエンザでの後遺症というのはあまり聞いたことないですが、

新型コロナの場合は、嗅覚障害や倦怠感などの症状が3週間以上残る場合も。

症状が比較的軽い若者の場合でも、

嗅覚障害が出たり、

倦怠感などの症状が続くことがあるようです。


やはり新しい感染病なので、

身体のいろいろなところに影響を与えているのではないでしょうか。

インフルエンザなども初期の頃は後遺症が強く出ていたのかも。


最近亡くなられる方が少しずつ増えている感じです。

高齢者の方が多いのは初期の頃とかわらないのですが、

後遺症が残り生活に支障をきたす人が増えているのも大いに問題です。

その点はあまりマスメディアでは報道が少ない気がします。


私の勝手な思いなのですが、

寒い時期に比べ、

夏は体の抵抗力が増していて、

新型コロナで亡くなる方がまだ少ないのではと思っています。

なので寒くなるに従いなくなる方が増えるのではと危惧しています。

今の間に生活をただし、

体力と抵抗力を漬けておくことが必要ではと思っています。


話は変わりますが、

熱中症で搬送される方が前年に比べ相当減っているようです。

特に大都市において。

暑くなってきているので状況は変わるかもしれませんが、

皮肉なことに新型コロナにより、

熱中症の方が減っている可能性があります。

今期のインフルエンザもそういう状況でした。

複雑な気持ちです。

61797019
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368125

新型コロナに対する日本政府の対応を評価しないという世論が半数を超えています。

マスメディアの報道に疑問を持つ人も多く、

頭からは信じられませんが、

頭の固い、行動の遅い対応という意味では世論調査は正しいですね。


パリでは8月10日から屋外でのマスク着用が義務化され、

それに対し市民から反発が出ていると。

私も義務化はやりすぎだと思いますが、

それぐらいの指導が必要な部分もありますよね。


ロシアではワクチンが開発されたと。

喜ばしいことではあるのですが、

本当にちゃんと手順を踏んでいるのか、

拙速に結果だけを求めていないかと、

心配のなる部分も。

ロシアにワクチン開発の資金がどれだけあるのかわかりませんが、

あまりの速さに戸惑いが出てきます。


問題があるのは困りますが、

国や自治体が率先して行動を起こすことはいいことだと思います。

ある程度の軋轢も承知の上での決断だと思います。


新型コロナにより経済が冷え込んでいて、

赤字や廃業など相当影響が出ています。

消費税を下げて景気刺激をという意見に対し、

政府や自民党は重い腰を上げません。

海外では先進国を含め20か国以上が消費税を下げたり停止したりしています。

国難がやって来ているのに、

通常時と同じ考え方で進めるのは問題があると思うのですが、

それに関し全く政府から説明がないので余計いら立ちを覚えます。

できないならできない理由を国民に説明するべきだし、

逃げているのなら他の対策を考えるべきでしょう。


政府はNHKではなく、ちゃんとした政府チャンネルを持つべきではないでしょうか。

定時に政府発表と国民の質問に直接答えるなど、

情報発信ができなさすぎです。

それなら、マスメディアと比較もできるので。

こういうことにもスピーディーに対応できない政府は問題だと思いますね。
62069_thumbnail
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366416

アフリカやアジアの一部で猛威を振るっているサバクトビバッタ。

4200万人が食糧危機に瀕していると記事にはありますが、

元々そう豊かではない地域での発生なので緊迫感があります。

それによって穀物供給に不安が出るかもとは考えすぎだと思います。

価格が少し上昇することはありと思いますが、

日本が穀物を輸入している地域には関係がないので。


中国にも飛来するのではといわれていますが、

ヒマラヤ山脈を越えることはできないといわれているのですが、

過去には中国でも蝗害があったと言いますから、

楽観はできないと思います。

トラックなどに紛れて移動するとも言われています。


最近は殺虫剤で被害を防いでいるようですが、

新型コロナの影響で散布が進まないのと、

残留農薬の影響が心配されているそうです。

第二次世界大戦後、なんだかんだと言いながら相対的に安定が続いていたので、

それが当たり前という思う心がどこかにあったのかもしれませんね。

地球規模の気候変化や蝗害、政治状況など自然に由来や人の変化が表面化したのかも。

早く収まってほしいことばかりです。
725



このページのトップヘ