京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:感染

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6362628

東京が0.1%で、

大阪が0.17%ということで、

ほとんど差がないのかな。


この数字大きいのか小さいのかといえば、

私は個人的には小さな数字だと思いますね。

どういうことかといえば、

罹っていた人が少ないということですよね。

第二波、第三波が来れば広がるよということでは。


そんな単純なものではないとは思うけれど、

感染を抑えることができていて、

罹った人が少なかったと。

それは発表されている数字からもわかりますよね。


抗体イコール抵抗力と言えるのかどうかわからないらしいけれど、

あった方が今後はいいのかも。

罹っていないということは抗体だけではなく、

健康面や環境、衛生面で日本は整っているということも言えるのかな。

勝手な判断ですが。

61797019
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6361097

初めは一家族2枚は少ないといわれていたのに、

潤沢になってくると不要と。

寄付することはとてもいいことで、

未開封で使用予定がないのなら欲しい方に回る方がいいと思います。


税金で作ったのに、もっとお金の使い方があるのではないかという意見は当然とも思えます。

何しろまだ手元に届いていない人たちがいるとのことですから。

対応が遅すぎというかトラブル多すぎとも思います。

そういう点はちゃんと検証して今後の対応に生かしていただきたいですね。


けれど、このマスクも一つの要因でマスクが市場に出回り出したし、

手作りマスクも脚光を浴びました。

いろいろなところでいい影響が出たのではと思います。

そして寄付につながるという効果も。


貰ったけれど使わないから困っている人に渡す。

とても素晴らしい行動だと思います。

今までも震災などで助け合ってきましたが、

とてもいい習慣になっているのではと思います。


我が家ではありがたく使わせてもらいます。

これからもマスクは必要になると思うので、

使い捨てマスクでは不経済だし、ごみも増えるし。

ヨーロッパでは使い捨てマスクではなく、布マスクをする方が多いと。


使い捨てマスクは駐車場などに捨てられているのを見かけます。

最近特に増えた気がします。

そういうマナーのない人が布マスクを使うことで一人でも減ることを願います。

清掃をされている方が捨てられたマスクから感染したなんて笑えないです。
62069_thumbnail
(Yahoo!検索画像からお借りしました)




引用元⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00000010-asahi-soci

時期が時期だけに反発も多いと思います。

卒業式や受験のピークですから。

イベントなどの中止も相次いで、

当日のイベント中止に不満の声もありました。

辛い思いはわかります。
1293177_3L1


一斉休校は新型肺炎には効果がないとの意見もあります。

けれど、結果的に実害がなかったと言える方がいいのでは。

あの時に行動を取っておけば・・・、ではだめだと思います。

20200226-00010002-tanba-000-2-view

今日も、近くの高校で卒業式がありました。

孫の卒業を見ようとお爺さんがおばあさんを車に乗せて高校に来る姿がありました。

それを留めることはできませんよね。

けれど、そういう方が一番重篤化しやすい方々。

ならば、そういう方が来ないように中止も選択肢でしょう。


悪意はないのですが、

人はどうしても自分中心に考えてしまいますが、

今はまず拡散を防ぐことに集中することだと私は思います。

今朝もテレビでは経済への影響が懸念されますのオンパレード。

そんなことわかっているけれど、拡散してしまったら、

どこかの国のように医療崩壊を起こし、

診療を受けなければならない人が受けられない状況になってしまいます。

それは絶対に避けなければなりません。


経済に関しては国が経済政策を早急に立案して、

体力のない中小零細企業の救済を考えるべきです。

こういう事態に対応できる法整備が出来ていないのは国会の怠慢です。

これからもいろいろな問題が出てくるでしょうから、

至急国会で審議してもらいたいですね。

ke_0037

(写真はYahoo!検索写真からお借りしました)

このページのトップヘ