京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:愛の石

DSC_0703
クンツァイトのペンダントトップqz024

クンツァイトは”愛の石”と言われています。

今はなかなか難しい時期ではありますが、

人に対する優しさを忘れずに日々過ごしたいものです。


クンツァイトも色目はいろいろあるのですが、

この石は淡いピンクから少し紫がかかった感じでしょうか。

やさしい色目です。


枠はシルバー950でとてもシンプルな形です。

周りは梨地調で仕上げています。

ピッカピカよりもこちらの方が落ち着くのではと思い、

私の作品の多くはこのタイプです。


日常使いしていただけるようにシンプルで堅牢に作ったつもりです。

かといって無茶はしないでくださいね(笑)


ダイヤモンドとは違い、天然石は同じようなカットに見えてすべて違います。

石に合わせて調節している部分があるようです。

規格があるようでないのがよさでもあると一人思っています。

ダイヤモンドもよくよく見れば違うようですが、

そこまで見るのはプロだけでしょうね。



短いですが全体が分かる動画を作りました。

参考にしていただければと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

qz026


見る方向により色目が変わる宝石の一つ、クンツァイト。

このペンダントトップのクンツァイトは、紫色の強弱が特徴です。

ラベンダーピンクから淡いピンクに。

シンプルなリボンと梨地調の枠。

気軽に身に着けられて、存在感のあるアイテムです。

発見からそんなに時間の経っていない(それども100年以上)宝石ですが、

愛の石と呼ばれているそうです。

色合いがピンク系だからでしょうか。

石としては劈開が強く、カットや磨きでは苦労させられる石でもあります。

興味のある方はminneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

一品ものですので、売り切れの節はご容赦ください。

このページのトップヘ