京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:原石

DSC_0346
ヒマラヤ水晶dc226

お守り水晶らしいというか、

アクセサリーらしい形の水晶に、

アクセントとして七宝を施しました。

けれど、横からはわからないのです。

動画にも写らない。


上から見るとこうなります。
DSC_0768

オレンジと紫です。

純銀製のキャップの表面に変化を持たせたのでシンプルに丸2つです。

水晶の特色としてはとてもわかりやすいファントム。

水晶の成長の痕です。

中心に不純物が集まっていて水晶はとてもクリアです。

原石のままですが、

傷があまりない綺麗な表面をしています。

原石アクセサリーとしてもいいと思います。

原石の水晶は磨かれてれいな水晶にはない変化や驚きがあります。

発見が多いといった方がいいでしょうか。

可能性は見えないだけで、

何処にも合って見つけてもらうのを待っているよう。

と言っているようです。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

cn004 (2)
(お守り水晶cn004)
ヒマラヤ水晶の原石をそのままお守りアクセサリーに。

身に着けた感じをイメージしやすいようにトルソーに着けました。

より作品がわかりやすい写真はこちら。
cn004

キャップはシルバー950で作っています。

磨けばもっと綺麗にできますが、

磨かなくともクオリティが高いので、

そのまま作品にしました。

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡しできる気がして、

水晶には手を加えないようにしています。

原石の歴史はヒマラヤ山脈での歴史なので、

そのままの方がパワーがあるような気がしています。

それぞれの考え方だと思いますし、

私は原石が好きなので(磨いた石も好きですが)、

その点でもできるだけそのまま使いたいと思っています。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。




dc201
(ヒマラヤ水晶dc201)

各面のほとんどは研磨したように綺麗です。

ちょっと傷もあるけど、

原石そのままなので。

短いけれど動画も撮りました。

ちょっとだけレインボーが写っています。

光の当たり方でもっと綺麗に見えるのですが、

なかなか思うように出ないのがレインボーでしょうか(^_^)

水晶にこういう粒タイプがあるというのもなかなか興味深いです。

お守りという部分もあるので純銀のプレートを背負っています。

水晶も純銀もお守りとして大切にされてきましたので。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


dc187

ヒマラヤ水晶dc187

成長する時にいろいろと複雑な事情があったのでしょう(^_^)

相当曲がっています。

一部は骸晶の特徴で陥没しています。

こういう特徴的な水晶はお守りとして身に着けられるといいと思います。

綺麗な水晶もいいですが、特徴があるからこその愛着が力を与えてくれると思っています。

お守り水晶は、「アクセサリー半分、お守り半分」の気持ちで作成しています。

アクセサリーのように身近につけて頂くお守りとして。

なので、水晶は、パワースポットであるヒマラヤ山脈からの姿を変えずにお届けするようにしています。

完璧でない形ですが、それが良いと思っています。

この世に一つだけの作品ばかりです。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

gt001


このサイズを宝石と呼んでいいのかとも思います(^_^)

一つ一つは細かな結晶です。

集合体としてのグリーントルマリン。

最近はあまり聞かなくなりましたが、

水が変質しないとか、

健康に良いと言われていました。

その部分は定かではありませんが、

この石は綺麗です。

原石をそのままアクセサリーにしています。

興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木にてグリーントルマリン原石のペンダントトップgt001で販売中です。

dc162


お守りとしても、アクセサリーとしても、

胸元のすわりは今一歩かも(^_^)

原石をそのまま使っているのでそこはご容赦願いたい。

けれど、とても変わった形ですので、

愛着が湧くと思います。

若干ですがスモークが掛かった感じです。

写真でも雰囲気は出ていると思います。

大きな山の周りに小さな山が連山ののように囲っている感じです。

下からの写真を今後増やしていきますので、

もし興味がおありでしたら、

Minneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc189


綺麗に整った原石や綺麗に磨かれた水晶も魅力的ですが、

こういう原石です、と主張する石もとても魅力的です。

アクセサリーとして身に着けてもいいですし、

お守りとして身に着けられるのもいいと思います。

キャップは純銀製ですので、

水晶ともども長きに亘って身につけて頂けます。

銀製品は経時変化しますが、

それもこの作品の味でもあります。

けれど気になるという方は、

最近お掃除で脚光を浴びている重曹で優しく磨いてあげるときれいになります。

ナイロン歯ブラシに少し水を付けた重曹で優しく磨いてください。

傷もつきませんし、重曹もほんの少しの量できれいになります。

この作品に興味のある方はCreema さん内の京都ねむの木にてヒマラヤ水晶dc189で販売中です。

dc192


正面からだと特徴が綺麗な水晶と言うだけなのですが、

横から見ると平たい水晶で、えっと思います。
DSC_0049

普通はこの形でも柱状水晶なのですが、

この水晶は、粒タイプの水晶なのです。

なので、純銀のキャップの形がちょっとイビツなのです。

粒タイプがいいとかどうとかではなく、

普通の水晶とは違う、

それが大切なのです。

人と同じじゃないことがお守りとして重要なのです。

特に原石の水晶は。

特徴があるからこそ、より愛着が湧くのです。

同じような似たものはあるかもしれませんが、

世に二つとない水晶なのです。

それがお守りとして、持ち主の心に響くと思うのです。

貴方の為の水晶。

興味のある方はCreema さん内の京都ねむの木にて販売中です。

dc184


私のサイトではあまり多くない柱状のヒマラヤ水晶の原石です。

世間一般では、柱状の水晶がほとんどで、

粒タイプの水晶は意外と珍しいと思います。

柱状水晶は結晶の綺麗なものが多く、

インクルージョンも全般に少ないと思います。

粒タイプの水晶は、大きくなるにしたがってインクルージョンが入っているものが多くなります。

育つ環境によるものでしょうね。

この水晶もとても綺麗です。

水晶に合わせて純銀でヤップを作りました。

そうするとまるでキャップがおかっぱ頭のようになってしまいました。

なかなかかわいいので気に入っています。

ヒマラヤ水晶の原石を水晶には手を加えずにアクセサリーにしていますので、

パワースポットであるヒマラヤ山脈の力をダイレクトに受けられるのではないでしょうか。

なので、お守りとしても身につけて頂きたいです。

興味のある方はMinneさん内にてkyouto nemunoki's galleryで販売中です。

dc191


粒タイプの水晶は、ダイヤモンドクォーツとも呼ばれます。

ハーキマーダイヤモンドから来ているようですが、

同じタイプの水晶ですので、ハーキマーは使えませんが、

ダイヤモンドクォーツとは呼ばれます。

この水晶の結晶形と透明度。

インクルージョンの入っているのはご愛嬌ですが、

とても綺麗で、ダイヤモンドクォーツと呼ばれるのにふさわしいです。

小さなダイヤモンドクォーツはインクルージョンもほとんどなく、

ダイヤモンドの原石だと言われても素人にはわからないぐらい綺麗です。

ダイヤモンドの原石は原石はそんなにきれいではないです。

(そんなに見ていないので狭い範囲ですが)

水晶は、大きくなってくるとインクルージョンも増えますが、

それも水晶の成長の記録ですのでとても興味深いです。

この水晶内のインクルージョンも、

過去の形を残したファントムっぽいです。

原石は見ているといろいろな特徴が現れてとても興味深いです。

アクセサリーとしてもいいですし、

お守りとしても身に着けられてもいいと思います。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

このページのトップヘ