京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:京都ねむの木

DSC_0627
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc261


水晶のイメージとはちょっと違う粒タイプのダイヤモンドの原石に似た形。

インクルージョンが多いのはご愛嬌ですね。

原石のままですので磨いた美しさはないですが、

ヒマラヤ山脈での成長の記憶が刻まれたほかにはない形であり、

まとまった形でもあります。


私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。


よくよく水晶を見てみるとほとんどが結晶面であり成長の痕です。

見ているとワクワクしてしまいます。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0618
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc259


この水晶は原石のままで、

欠けてこの形になったのではないのです。

立方体の形は元々なのです。


粒タイプの水晶にはとてもユニークな形の水晶が多いのですが、

その中でもなかなかない形だと思います。

サイコロのような正方形の集まりではなく、

サイコロキャラメル(知っているかなぁ)のような厚みが薄い形なのです。


ちょうど中心にファントムと思われるインクルージョンが集まった部分がとても特徴的です。
DSC_0619


裏側の純銀プレートには5色の七宝を施しています。

この5色は邪気を祓うといわれています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0623
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc260


新作アクセサリーで可愛いサイズの水晶で、

水晶らしくない形なのですが、

原石のまま、ちゃんとした結晶体なので、

この形で成長したのでしょうね。
DSC_0015


水晶自体の表面もきれいで整っています。

人が加工したようにも見えますが原石のままです(笑)

純銀のキャップにちょっとデザインを加えています。



この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

新作ですので一番初めに出てくると思います(多分)


粒タイプの水晶は、

ダイヤモンドの原石かと思うほど輝きを放つものから、

凸凹もいいところ、

これでも水晶の結晶なのかと思わせるほどユニークなものまで、

いろいろなバリエーションを持ちとてもワクワクさせてくれます。



em001
エメラルドのペンダントトップem001


外出を控えることの多い状況ですが、

マスクや手洗いをおろそかにする横着をせず、

感染予防に気をつけ、

冷静に怖がれば、

行動半径は広げることができると思います。


10月からはGo Toトラベルも東京が入るそうです。

今までのようなはしゃぎ方は当分できないですが、

息抜きや楽しみも必要ですし、

経済も回していかねばなりません。


ちょっとしたお出かけや、

少人数の食事など、

気をつけながら行う時にちょっとしたおしゃれも大切。

そういう時にこのエメラルドはいいのでは。

超一級品の石ではない分お買い得ですし、

なかなかの大きさです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


最近買い物に行っても手の消毒を疎かにされる方が目立ちます。

そういう気の緩みが感染者数に現れているのではと思います。

早く薬やワクチンができてほしいですが、

それまでは感染を広げない努力が必要ではと思います。

冷静に恐れ、感染を広げない努力を心掛けたいですね。




dc221
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc221


アクセサリーにしているのですから、

アクセサリーっぽいのは当然なのですが、

お守り的な特徴というよりは、

よりデザインされたような人工的な感じを受けます。


全ての原石水晶は個性的なのですが、

その中でもお守り的な要素の強いもの、

アクセサリー的な要素が強いものなどとても魅力的です。


この水晶はその中でもアクセサリーの要素がより強い感じが私にはしました。

均整が取れている感じがするのです。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

私の作品にはヒマラヤ水晶と書いています。

正確に言うとヒマラヤ山脈のうちのカラコロム山脈系の水晶です。

カラコロム山脈も大きいのですが、その中のパキスタン産の水晶になります。


特徴は扁平。

パキスタン産の水晶に多く見られます。

日本にもまれにみられるようですが、

多くはちゃんとした(?)六角柱状水晶です。

それと粒タイプの水晶。

アメリカのハーキマーの水晶と同じです。


dc219
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc219


多くの水晶は内部にいろいろのものを取り込んだり、

クラックや気泡なども入っています。

この水晶にはインクルージョンは見当たらないのですが、

クラックや気泡が盛りだくさんです。

それでいておおむね表面はきれいです(一部骸晶がありますが)


水晶の基本的イメージは柱状の先端が6角形。

それが粒タイプは形もユニークで、骸晶構造だったりと奔放です。

これは成長の環境の問題なんでしょうね。

温度や圧力、溶液濃度がこういった変化を呼ぶのでしょうね。


ダイヤモンドクォーツと呼ばれる水晶になっているのがこのタイプですね。


人の世と似た部分が地球の内部にもあるのかなぁと、

想像してしまいます。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0455
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc217


面白い形の水晶もあったものです。

セプターと呼ばれる水晶でもあるのですが、

よく見ると粒タイプの水晶にもう一つの水晶が90度の角度でくっついています。

この水晶も厚みがなく、平たい水晶です。

裏側を見るとかけたように見えるのですが、

これは原石のままでエレスチャルによるものだと思います。
DSC_0714


複雑な形をしているので、

ところどころにレインボーが現れます。

もう少しすればクリスマスですが、

クリスマスブーツにとてもよく似ていて笑いました。

皆さんにはどう見えますか。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


私の作品にはヒマラヤ水晶と書いています。

正確に言うとヒマラヤ山脈のうちのカラコロム山脈系の水晶です。

カラコロム山脈も大きいのですが、その中のパキスタン産の水晶になります。

特徴は扁平。

パキスタン産の水晶に多く見られます。

アメリカのハーキマーの水晶と同じ粒タイプもよく見られます。

DSC_0009
猫の手アクセサリーpd014


猫の人気にあやかろうとしたわけではないのですよ(汗!)

我が家にも猫がいるので、

そのモチーフの一つとして作成しました。
DSC_0891

猫の場合手ではなく足ですが、

招き猫の御利益も兼ねて猫の手としました。

ペリドットがユラユラしていますが、

決して猫のおもちゃをイメージしたわけではありません(汗)


ペリドットは太陽の石と呼ばれているそうで、

前向きな人に向いている石だそうです。

猫はマイペースですが、

マイナス思考ではないのでペリドットとの相性はいいと思います。

あまり積極的とはいいがたい部分もありますが(笑)


素材はシルバー950.

チェーンはおまけで金属製ですが、

それ以外はシルバー950で作っています。

鋳造ですが現物のみです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

dc209-2
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc209


ヒマラヤ水晶の原石をそのままアクセサリーにしています。

スマートとは言いにくい形ですが(笑)

なかなか珍しい結晶形です。
dc209-1

アクセサリーとしても存在感のある原石アクセサリーだと思います。

取付金具の純銀製のプレートには蔦をイメージしたデザインを施しています。

上に向かって伸びていくイメージです。


この水晶は、

ヒマラヤ山脈という世界トップクラスのパワースポットで成長した水晶です。

地球の造山運動で世界で一、二番を争う高い山々に囲まれている地で成長した水晶。

どれだけの長きにわたり山々のパワーを受けていたのか。

それを私が削ったり加工したりするのはお守り石として違うだろうと考えて、

原石のままアクセサリーにしています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



dc134
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc134


正面から見るときれいなダイヤモンドクォーツですが、

裏側には可愛い水晶がぽちっとスイッチのように付いています。

インクルージョンが少しあるのですが相対的に透明度の高い水晶です。


中をよく見ていると水晶の成長痕であるファントムが見られます。


写真ではちょっとわからないですが、

レコードキーパーと呼ばれる三角形のマークが2か所にあります。

過去の叡智を記憶している水晶と呼ばれています。

dc134-2


粒タイプの水晶はエレスチャル的なものが多いのですが、

水晶の表面は粒タイプの水晶にしてはとても奇麗です(笑)

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

このページのトップヘ