京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:中国

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6363939

新型コロナも落ち着いていないのに、

新型インフルエンザですか。

新型なので免疫を持つ人はいないとのこと。

見つかったものは仕方がないので、

予防するしかないのですが、

今回は豚が寄宿主で、

人に感染する可能性が高く、

人から人も起こりえる特徴を持っているそうです。


今年インフルエンザの流行が抑えられたので、

新型であってもマスク、手洗い、抵抗力をつけておくをちゃんと行えば、

大爆発とはならないのでは(希望的観測)。


それにしてこれも中国ですか。

アフリカなら新しい細菌とかウイルスが出てきてもおかしくはないなと思うのですが、

中国は数千年前から開けた場所ではないのですか?

その認識が間違っているのかなぁ。

今回は豚ですが、

野生の動物も食する傾向があるので、

変異が起きやすいのかなぁ。


新型コロナでも大変な時期ですから、

衛生面に気を付ける必要がありますね。

マスクは自分のためであると同時に人にうつさないということですから。

animal_pig_9533-300x225



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00010000-agrinews-soci

今は武漢肺炎で大わらわですが、

かといってこの件もおざなりにはできない問題です。

先日まで豚コレラと呼んでいたと思うのですが、

今はアフリカ豚熱ですか。


私には全く理解できないのですが、

なぜわざわざ中国から豚肉を持って日本に来なければならないのか。

それが不思議です。

そんなに美味しい豚肉なんでしょうか。

中国では新型の鳥インフルエンザも発生していたのでは。


こういう言い方は問題あるかもしれませんが、

豚にしても鶏にしても日本に持ち込まない。

いや、日本に限らずよその国に持ち込まない。

中国国内でそういう感染病の報道はされていないのでしょうか。

出国の時にはチェックはほとんどないでしょうから、

日本の入管が厳密に調べないと。

広がってからでは今回のように後手後手に回ってしまいますよ。


鶏もそうですが、病気になっていなくても感染地域の豚は処分です。

食べるために飼育しているとはいえ、

感染を広げないために処分というのは複雑な気持ちがしますし、

その仕事をさせられる方たちはより気が重い事だと思います。

子豚も一緒ですから。


当然、入管の方もちゃんと仕事をされているとは思いますが、

豚肉の持ち込みは簡単だと思われているのは憤慨して奮起すべきです。

病気は目に見えません。

今回もそうでしたが、

人にうつしても構わないと考える愚かな人間もいますので、

そういう観点で取り組んでいただきたいと思います。

人でも豚でも鶏でも感染病は本当に怖いですから。
d02_17_3
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000037-jij_afp-int

今回の新型肺炎の出どころが野生動物なので、

禁止にしたのは分かるのですが、

以前も行ったけれどいつの間にかなし崩しに。


これも食文化の一つでしょうから、

急に禁止と言っても無理があるでしょう。

禁止にすると闇の市場ができるので余計に性質が悪く、

ちゃんと管理してコントロールしないと同じ様なことがより悪い形で現れるのでは。

まあ、中国は日本と違って国が大きすぎるから無理かもしれませんね。


すぐに禁止にとか言うけれど、

そんなに急に食べていたものが止められるはずないんですよ。

特に薬だと思っているものもあるそうなので、

そんなものを急に禁止しても誰もいうことを聞きません。

面従腹背になるに決まってます。

まず国民が納得できる管理とコントロールする方法を考えないと。
竹ネズミ3 IMG_5617-768x576
(Yahoo!検索動画よりお借りしました)


このページのトップヘ