京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:七宝

dc222
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc222

少し大きめのダイヤモンドクォーツです。

水晶のイメージとすれば柱状が思い浮かぶと思いますが、

こういう粒タイプの水晶もあるんですよ。


この水晶は両錐が奇麗にあり、

エレスチャルの構造もない、

私の持っている粒タイプの水晶ではとても表面が奇麗なものの一つです。

凸凹している水晶もとてもかわいいのですが(笑)


純銀のプレートに蔦と空想の実を描きました。

実は七宝です。
DSC_0754
写真の左上のものがこのアクセサリーになります。



正面ど真ん中にへこみがあるのですが、

欠けたというより水晶か何かが外れた痕のようです。

ゲイトウェイと言えるかどうか微妙ですが。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

原石のままで、水晶には手を加えていません。

お守り石と考えているので、

せっかくヒマラヤ山脈で成長したものを無理に壊す必要はないと思うので。

途中でできたかもしれない傷も、

この水晶の歴史ですので。






DSC_0489
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc247


人工的にくっつけたのでは決してないです。

原石のままです。

それにしてもユニークな形ですね。

縦に並んでいるのはセプターと言われるのですが、

横にくっついているのは珍しくはないのですが、

バランスですかねぇ。

DSC_0490


純銀製のキャップの裏には七宝でオレンジに近い赤の丸を書きました。

アクセサリーっぽくしたつもりです。


お守り石として、アクセサリーとしても。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0462
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc242


水晶自体、とてもユニークな形をしていて好きなのですが、

アクセサリーとしての面も欲しいなと思って、

五色の七宝を施しました。

この色は魔除けの色と言われているので、

お守り石としての水晶とも相性がいいのではと思いました。
DSC_0464


動画も短いですが作りました。

より形が分かると思います。


色石と違い透明度が高いので、

なかなか輪郭が分かりにくいのですが、

回転させることで光の加減で写真よりも形が分かりやすいと思います。

この水晶は原石のままで水晶には手を加えていません。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0444
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc239


見た目は普通の柱状水晶のようですが、

よく見ると粒タイプの水晶で、

少し扁平系です。

原石そのままですが、

全体に瑕も少なく整っています。
DSC_0445



純銀のキャップを被せていて、

そこに魔除けの色といわれる五色の七宝を施しています。

アクセサリーとしてもデザインと、

お守り石としての意味合いを込めています。


短い動画ですが特徴が分かっていいと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


粒タイプの水晶はユニークな形のものが多く、

原石のまま使っていますので、

同じものが2つとありません。


原石の水晶ですので、

純銀製のキャップもちょっとワイルドな感じがいいのではと思い、

鏡面磨きにはせず、

荒仕上で止めています。

手触りは悪くないようにしています。


この作品も水晶だけでお守り石としては良かったのですが、

身に着けるときにアクセサリーの要素もあった方が、

身に着けやすいのではと思い、

丸のデザインに七宝を施しました。

気に入っていただけると嬉しいです。

DSC_0566
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc258


写真でもわかると思うのですが、

切り立ってます(笑)

まるでナイフでそがれたような。

これでも原石です。

水晶には一切手を加えていません。


動画で見るとより分かりやすいのですが、

最近拒否されて埋め込めないので、

You Tubeのリンク書いておきます。

https://youtu.be/mvAAsbGcKtQ

この面は本当にインパクトあります。


アクセサリーぽさが感じられなかったので、

純銀のプレートを葉っぱの形にして、

七宝を施しました。

特殊な形の水晶はお守り石として身に着けるといいと思うのですが、

お守りを主張しすぎるのもちょっと抵抗があるかと思い、

アクセサリーらしさも。
DSC_0569


明るくしてみました。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。




DSC_0560
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc256


とてのユニークな形をした水晶に純銀のキャップを被せ、

そこに5色の七宝を施しました。

お守り石としも、

アクセサリーとしても身に着けて頂けます。

この5色は魔除けの色と言われています。


粒タイプの水晶は、

ダイヤモンドの原石かと思うほど輝きを放つものから、

凸凹もいいところ、

これでも水晶の結晶なのかと思わせるほどユニークなものまで、

いろいろなバリエーションを持ちとてもワクワクさせてくれます。


私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


短いですが全体像が分かる動画を作りました⇒ヒマラヤ水晶dc256



DSC_0490
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc247


人工的にくっつけたのではなく、

元々原石のままの姿がこの形で、

とてもユニークです。


両錘型の粒タイプの水晶もいろいろな形で複数の水晶が合体しているものが多いです。

同じ環境で接近していると成長して合体しやすいのでしょうね。

それにしてもこういうくっつき方はなかなか珍しいです。


純銀製のキャップに赤色の七宝を施しました。

アクセサリーとしてのアクセントの意味合いと、

お守り石としての思いがより身近になるように。


この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0463



縦に並んでいるのもあれば横にくっついている水晶も。

今わかるだけで4つの水晶が合体しています。

もっと他にあるかもしれません。


縦に並ぶ水晶の合体をセプターと言います。

日本名は松茸水晶。

どう見てもこの水晶は松茸には見えませんが(笑)
DSC_0464


純銀のプレートに七宝を施しています。

5つの円ですが、

縁は完璧を表します。

この5色は魔除けの色といわれています。

アクセサリーとしてのデザインですが、

お守り石としての意味も込めています。


短いですが動画も作りました。
参考になればと思います。
この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0435

粒タイプの水晶です。

尖端がちょっと2つの分かれています。

エレスチャルの特徴なのか、

成長環境によるものなのか、

それとも両方の影響なのか、

水晶の表面に複雑な凹凸ができている面があり、

とても興味深いです。


クラックと気泡で透明以上に輝きを増加しています。

その中にレインボーが現れたりします。

クラックと見えているものはファントムかもしれません。

成長痕に気泡が付いてそれがクラックに見えたり。


純銀のプレートにブルーの七宝を施しています。

七宝の真ん中のデザインはオリーブをイメージしています。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0401

マスタークリスタルの特徴である大きなゲイトウェイを正面にもち、

一目でわかる大きな水晶を”担いで”います。

蜘蛛の巣上のきれいなゲイトウェイ。

自分の心をのぞける窓とも言われています。

自分の本当の心を我々は知らないのでしょうか?

もしかしたらそうかもしれませんね(笑)


くつっいている水晶もきれいな粒タイプの水晶で、

これぐらいの大きさのものはとてもきれいな水晶です。

大きくなるといろいろな余分なことが起こるようです。

人の世と似ていますね。
DSC_0407

純銀のプレートにグリーンの七宝を施しています。

若葉のイメージで作りました。



動画で全体像が分かると思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

このページのトップヘ