京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:レインボー

DSC_0871
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc295

粒タイプの特徴的な形の原石水晶をアクセサリーにしました。
原石アクセサリーとしてもいいですし、
お守り石として身に付けられてもいいと思います。

有色のインクルージョンはほとんど見られません。
内部の気泡やクラックにより光の当たり方でレインボーが現れます。
レインボーは生まれ変わりや愛の象徴を表しているそうです。
なのでお守り石としていいと思います。
DSC_0872

純銀プレートに風をデザインしました。
幸せの風が持ち主に吹くように願いました。
私が願っても功徳はないですが、
ヒマラヤ水晶と純銀とレインボーが持ち主に力を与えてくれると思います。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

銀製品は経時変化で徐々に色が変わることがあります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨くと輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。 



DSC_0818
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc289

原石水晶そのままをアクセサリーにしています。
この形が原石のままなのです。
とても水晶とは思えない形です(私だけかなぁ)

透明度が高く、所によりレインボーも現れます。
キャップを被つているので柱状水晶のように見えますが、
粒タイプの水晶なのです。
一般の方にはどちらでもいいことかもしれませんが(笑)
DSC_0817

セーラームーンではありませんが(笑)
月のデザインを入れてみました。
輝きが月光のように思えたので。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。
DSC_0840





DSC_0771
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc281

本体の水晶自体もキラキラしていてシルエットがよくわからないユニークの水晶なのに、
小粒の水晶を肩に乗せたようなユニークな形がまず目を引きます。
もう一つ本当に小さな水晶が正面にくっついているのですが、
分かりにくいです。
先にも書きましたが、
この本体の水晶はジャガレー(骸晶)の特徴で表面が凸凹で、
そのおかげで光を反射して奇麗に光ります。
レインボーも現れます。
この水晶を持っているとパワーをもらえるような気持ちになります。
DSC_0772

チェーンを通す部分を付けるために純銀プレートを付けていますが、
これも肩の水晶でその部分遠慮しています。
普通の水晶とはイメージが全然違いますが、
とてもお気に入りの一品です。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



DSC_0339
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc202

水晶のクリアーなイメージとはちょっと違いますが、
表面がとてもユニークでとても魅力的な水晶です。
原石水晶らしいと言えばぴったりかと。
DSC_0338

とてもキラキラした水晶で、
内部のクラックの影響と複雑な表面により生まれています。
この水晶もレインボーが現れます。
DSC_0337

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

銀製品は経時変化で色が変わります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
日頃、ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨かれると輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。




DSC_0302
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc198

細長い水晶とはなかなかわからない水晶アクセサリーです。
この水晶も2つの水晶がくつっいたもののようです。
DSC_0303

このユニークな形が最大の特徴ですが、
正面にレインボーも現れるのも特徴の一つです。

この水晶も原石のままで何も手を加えていません。
DSC_0304

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

銀製品は経時変化で色が変わります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
日頃、ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨かれると輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。

DSC_0281
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc194

この水晶は2つが引っ付いたものなのか、
何か邪魔があってこういう形になったものなのか、
よくわかりません(笑)

下の部分の透明さに比べ、
大きな部分の内部は対象的で、
クラックや気泡が充満しています。
充満という言い方もおかしいですが、
どうすればこんなに激しい内部になるのでしょう。
DSC_0280

ただ、そのおかげでいたるところにレインボーが現れます。
写真では写りにくいのですが、
クラックのある所にレインボーありという感じです。
レインボーは幸せを呼ぶとも言われているようで、
お守りとして持っておられるといいことあるかも。
信じることが大切です。

銀製品は経時変化で色が変わります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
日頃、ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨かれると輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。
DSC_0278

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。




dc201-1
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc201

炭素系のインクルージョンが内部に散らばってとても奇麗に見えます。

そこにレインボーが現れたりして、

とても魅力的です。

中のクラックが光を乱反射してより奇麗に見せています。


内部はとても複雑な構造ですが、

表面は磨かれたようにきれいですが、原石のままです。
dc201-2


純銀製のプレートを使っています。

お守りとして身に着けることも考えていますので、

シルバー950以上の純度の銀を使っています。

最近の水晶の作品は純銀製です。

純銀はシルバー950より若干柔らかいので、

最初はシルバー950を使っていましたが、

強度にそう差はなさそうなので最近は純銀を使用しています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

dc167
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc167

柱状水晶のように見えますが、

粒タイプの水晶なんです。

水晶らしい結晶形でもありますね。

正面に少しユニークなイシスがあります。

インクルージョンはほとんどないですが、

気泡とクラックが内部にあってそれで光が乱反射してきれいです。

可愛いレインボーも現れます。

純銀製のプレートにポッチがついているのですが、

あえて残しました。

偶然にできたポッチですので、

ご縁を感じました。

この水晶を手にされる方もご縁だと思います。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。
dc167-2


DSC_0496
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc248


いくつかの水晶の合体したものですが、

並びがユニークで面白いのでアクセサリーにしました。


複雑な形をしていますが、

ほぼ結晶面で構成されています。

割れや欠けが少ない原石水晶ということなのです。


どちらを正面にするか迷ったのですが、

正面にした方にレインボーが出るので、

こちらを正面にしました。

水晶自体の透明度は粒タイプの同じ大きさの水晶に比べれば高いですね。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

dc248





DSC_0485
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc246

両錘水晶自体もなかなか珍しいですが、

この扁平な形も珍しいですね。


扁平なのはパキスタン産の水晶に多いそうで、

私の持っている水晶に多いです。

骸晶構造がほとんどないので表面がなかなか奇麗です。

内部にはいろいろあるようで、

ところどころレインボーが見えることも。


内包物が多いのも粒タイプの水晶の特徴でしょうか。

炭素系のものが入って居たり、

蛍光物を含むオイルが入っていたり、水が入っていたり、

様々です。

この水晶のインクルージョンはこの水晶の過去の形に集まっているような。

ファントムとも言えないぐらいボーっとしていますが。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

このページのトップヘ