京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:ペンダントトップ

pd004-2


デザインはシンプルなので、

合わせやすく、違和感もないです。

サイズも大きくもなくちょうどいいのでは。


全体像が分かると思います。

素材はペリドットとシルバー950。

これからの季節にぴったりのグリーンです。


ペリドットは橄欖石の💎名ですが、

橄欖石は地球のマントルの主要成分だとか。

でも、地表岩盤の下なので、地下数十キロのところにあるのだそうで、

火山の噴火などで地表に出てくるそうですが、

その時に粉々になって大きな結晶が少ないのだそうです。

こういうところはダイヤモンドと同じですね。

ダイヤモンドも大きなものは少なく、地表に出る速度が遅いと炭になってしまうそうですから。

ペリドットがもう一つの場所からもやって来るそうです。

それは宇宙。

隕石の中に含まれていることがあるそうです。

地中と宇宙という両極端からやって来る変わった宝石です。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0756
ヒマラヤ水晶dc222

この水晶もなかなかのボリュームがあります。

なので純銀のプレートも大きなものになったので、

七宝と蔦のデザインを入れてみました。
DSC_0324

七宝はちょっと控えめに、

幸運の果実をイメージ。

そういうものがあるのかどうかはわかりませんが、

少しでも背中を押す手助けができればいいなと思って付けました。

七宝は高温での焼き付けになるので、

純銀でないと不純物が黒くなり、

きれいにする工程が増えるので、

純銀は綺麗なだけでなく、効率もいいです。

元々お守りの意味も意識して純銀にしているのですが。

水晶自体がパワーストーンなので、

先の見えない世の中を突き進んでいく助けとして、

お守りとして身につけて頂ければと思います。

短いですが全体像が分かる動画を作りました


興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。






qz005-2

クンツァイトのペンダントトップqz005

淡いピンク色のクンツァイト。

この石は、カットされていたものなので仕事はし易かったですが、

劈開の強いクンツァイトは、

カットや磨きがとてもデリケートです。


磨いている時に剥がれてくるということが何度も起こりました。

クンツァイトの綺麗なカットの石は本当の少ししかできないものだと思います。


ピンク系の石をクンツァイト。

色が違えば呼び名も変わる宝石です。

含まれる元素により発色が変わるので、

そういう宝石は多いんですよ。

ルビーやアクアマリンなどもそうです。

この作品に興味ある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



qz028
(クンツァイトのペンダントトップqz028 )
劈開の特徴が強い石で、

なかなかカットや磨きに神経を使います。

できるだけきれいに大きくとの思いで作りました。

何も大きい方が価格が高くできるという訳ではないですよ(笑)

全体が分かるように短いですが動画を作りました。

写真では写らない所の見えると思います。
(隠しているのではないですよ)

クンツァイトはピンク系の呼び名で、

色は色々あり呼び名も変わります。

中間色的なものもよくあります。

これはクンツァイトらしい色ですね。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

pd014
(猫の手pd014)

シルバー950の素材で猫の手のデザインを作り、

ペリドットを揺れるように配置しました。

固定されたアクセサリーは完成された美しさです。

動くアクセサリーはその不安定さが注目を集めます。

短いですが動画も作りました。

これで写真とは違って動きや全体が分かるのではないでしょうか。

型を残していないので、

作品としては一品ものです。

元々同じサイズ、形のペリドットがないので同じものは作れないのですが(^_^;)

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc211
(ヒマラヤ水晶dc211)

ヒマラヤ水晶の原石でねむの木では少数派の柱状水晶です。

普通先端は6面ですが、

この水晶はぱっと見は3面です。

よく見ると、

ちっちゃな面が3つの面の間に見えます。
(写真ではわかりませんが)


純銀で作ったキャップは、

キャップというより編み笠のような形となりました。

キャップもデコボコした感じに作っています。

というのも水晶の形に合わせているので。

原石には何も手を加えていないので、

デコボコした部分もある為です。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

pd010

シルバー950製の輪郭に、

これだけではあまりにも寂しいので、

ペリドットを中心に据えました。

ユラユラ揺れるのもかわいいですし、

華やかになりました。

首輪のイメージもありかなとも思ったのですが、

よくあるタイプなので、

今回はこの形にしました。

動画もYouTube に載せました。

短い動画ですがイメージが良くつかめると思います。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

pd015

ペリドットのアクセサリーpd015。

よりわかりやすい写真を撮りました。

思ったよりも大きいかなぁ。

長さが45mmあるので、

大きく感じられるかな。

ちなみに、

短いですが動画もアップしました。

よりイメージがわきやすいと思います。

3粒のペリドットはどれも綺麗です。

このアイテムに興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

DSC_0002


元々淡い色のクンツァイトなのですが、

動画にすると余計に色が分かりにくかったです。

写真の時以上に明るくしないといけないので、

色が飛んでしまいがちです。

周りとの兼ね合いもありますね。


動画にしたことで、

全体の雰囲気が分かっていいのでは。

裏まで見せているところが良心的です(^_^)

もっといろいろな角度からの映像があってもいいのですが、

まだまだ勉強中です。

より良い作品が撮れれば更新したいと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

pd011

モンステラのペンダントトップpd011

ペリドットはとても素敵な宝石です。

私もとても好きなものの一つです。

けれど、なかなか大きなものはないらしく、

可愛いものが多いです。

ハワイの名産だと聞き(この石は違いますが)モンステラと合わせてみました。

モンステラはハワイでは幸運を呼ぶ植物だそうです。

胸に着けた時のイメージは上の写真です。

全体を見る動画はこれ。

短い動画ですが、

イメージはよくわかると思います。

裏側まで見せているのは珍しいのでは?

棒が気になりますが、

どうしても写り込んでしまいます。

今後の課題です。

この作品に興味のある方は、

Creemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

このページのトップヘ