京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:ファントム

dc159
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc159


セプターと呼ばれる縦に並んだ水晶です。

セプターは王様や法王が持つ杖を意味するそうで、

王笏水晶松茸水晶とも呼ばれます。


水晶自体は黒っぽくないのですが、写真では黒っぽく写ります。

これは裏側にあるインクルージョンによるものです。

このインクルージョン、

ファントムのようなそうでないような。

こういう集まり方をしている場合、ファントムのことが多いのですが・・・・。

よくわかりません(^_^;)

dc159-2

ファントムとは、

水晶が成長するときに過去の形が水晶内に残って、

年輪のように見えたりする特徴です。

一つだけ見える時もありますが、

水晶の過去を閉じ込めたタイムカプセルのようなイメージですね。

幻影水晶とも呼ばれますが、

この水晶の場合はそうは言えないような気がします(笑)


純銀製の金具は、できるだけ特徴を隠さないように作りました。

水晶の形や特徴を最大限に生かすようにしています。

お守りとしても考えていますが、

やはりアクセサリーとして身に着けて頂きたいので、

できるだけきれいにとは思っています。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。





dc158
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc158


可愛いサイズの水晶です。
ファントムとレコードキーパーの特徴を持ちます。
ファントムとは、過去の水晶の形が水晶の成長した後もうっすらと年輪のように残ったものです。
幻影水晶とも呼ばれます。
困難を乗り越える克服の象徴とも言われているそうです。

レコードキーパーは、写真では見えないのですが、
水晶の先端を作る面に三角形のマークが見えます。
パワーストーンの特徴の一つで、
古代アトランティスの叡智と記憶が記録されているといわれています。
とてもロマンがありますね。

とてもきれいな水晶ですが、
ずれたような成長の仕方が興味深い水晶でもあります。
細い穴にでもはまって成長したのでしょうか。
特徴のある水晶には普通の水晶にはないパワーがあるとも言われています。
いろいろな特徴があった方がより身近な存在になるのではないでしょうか。

この水晶は原石のままです。
好き嫌いはあると思います。
奇麗にお化粧するように手を入れてあげるのもありだとは思います。

ヒマラヤ山脈のパワーをできればそのままお渡ししたいとも思うので、
原石のままアクセサリーにしています。
せっかくあるヒマラヤ山脈での成長のあかしを消すのはもったいないと思うので。
そして、特徴があって一定以上の基準の水晶をアクセサリーにしているので。
好みはあるともいますので、
気に入った作品があれば(水晶には何も手を加えていませんが)
おそばにおいていただければと思います。

純銀製のキャップをはめています。
仕上げはサテン調にしています。
鏡面磨きも悪くはないのですが、
水晶が原石なので、少し野趣に富んだ方が似合うのではと思い、
荒仕上にしています。
dc158-2


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0398
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc230
水晶の結晶が大きくなる時の環境の違いで形が変わるようです。

粒タイプの水晶は小さな粒の時にはきれいですが、

大きくなるとインクルージョンが入っていないものはないぐらいほとんど入っていますね。

この水晶もそうですが、

そのおかげでファントムと呼ばれる過去のこの水晶の形がおぼろげにわかります。

幻影水晶とも呼ばれます。

私の持っている粒タイプの水晶には骸晶と呼ばれる特徴を持つものが多いです。

この水晶にもあります。

写真ではわかりにくいですが、動画だと光の当たり方で見えることもあります。

少し落ち窪んだような表面がそうで、

穴が開いたようになっているところもそうなんです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です







DSC_0346
ヒマラヤ水晶dc226

お守り水晶らしいというか、

アクセサリーらしい形の水晶に、

アクセントとして七宝を施しました。

けれど、横からはわからないのです。

動画にも写らない。


上から見るとこうなります。
DSC_0768

オレンジと紫です。

純銀製のキャップの表面に変化を持たせたのでシンプルに丸2つです。

水晶の特色としてはとてもわかりやすいファントム。

水晶の成長の痕です。

中心に不純物が集まっていて水晶はとてもクリアです。

原石のままですが、

傷があまりない綺麗な表面をしています。

原石アクセサリーとしてもいいと思います。

原石の水晶は磨かれてれいな水晶にはない変化や驚きがあります。

発見が多いといった方がいいでしょうか。

可能性は見えないだけで、

何処にも合って見つけてもらうのを待っているよう。

と言っているようです。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0344
ヒマラヤ水晶dc225
水晶の成長の痕が残っていてそれが模様のように見えるもので、

同じ様に水晶の成長の痕跡が分かるものに、

水晶同士がくっ付いていたものが外れて段になっているゲイトウェイもそうです。

水晶の年輪みたいなものですね。

幻影水晶の特徴のことをファントムとも呼ばれます。


この水晶のファントムは見る方向により形が違って見えるのです。

光の屈折により現れる部分があるのかな。

動画も撮りましたが、

そこまでは写っていないようですね。

今回の作品の全てに七宝を施しています。

あまり複雑な形はデザイン的にどうかなと思い今回はシンプルな感じにしました。

お守りにアクセサリーの要素を加えることでより親しみを持ってもらえるかなと思って。

好みの問題ですが、同じものが2つとない作品なので、

楽しいのではと。

このキャップのデザインは丸は完全を、雫型は天からの光の雫をイメージ。

守られるというより、自ら手に入れることを願って付けました。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



DSC_0334

ヒマラヤ水晶dc224

11gを越える重さなのでアクセサリーとしては重い部類でしょうか。

お守りとしては存在感のある大きさだと思います。

この水晶の特徴は幻影水晶と呼ばれ、

水晶の成長の痕跡が残っていて見えること。

ファントムとも呼ばれます。

その見え方がとても幻想的です。

水晶はパワーストーンと呼ばれる石の一つですが、

よりその言葉が実感できるのではないでしょうか。

見る方向によりレインボーが現れることもあります。

短い動画ですが、

全体がよくわかると思います。

純銀製のキャップに七宝で3色の色付けをしています。

あえて丸ではなく少し変形させているのは、

宇宙をイメージしてデザインを考えたからです。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0012

どうして水晶がこんなに平たくなるのか不思議です。
人工で作ったのならまだしも、
天然ですから。
尖端はマイナスドライバーのようになっています。
中には成長の痕跡であるファントムが見えています。
両方とも尖った形を出したかったのですが、
ちょっと無理だったので、
キャップが傘のような形になってしまいました。
これはこれで可愛いと思うのですが。
尖端の方には少し落ち込んだ骸晶と呼ばれる部分も。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc083
DSC_0015


DSC_0038

水晶のイメージとはかけ離れた形の水晶です。
この水晶もダイヤモンドクォーツです。
こういう平たい形がパキスタン産のものには多いですね。
水晶の露出をできるだけ多くしたかったので、
純銀の枠をできるだけ小さくしています。
好きになって頂きたいのでデザインも考えました。
上が欠けているのですが、
水晶の外れた跡だと思います。
水晶の中にはファントムも。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc092
DSC_0043

DSC_0032

ファントムはほんの一部が白く見えます。
それ以上に興味深いのが、水晶が外れた跡のゲイトウェイです。
水晶が外れた跡に四角い模様が残っています。
どうしてこういう形になるのかとても不思議です。
水晶自体は透明度も高くとてもきれいで整っています。
大きくはないので、1日中身に着けていることができます。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc067
DSC_0036

DSC_0019

綺麗な水晶ですが、中のインクルージョンが不思議な感じです。
ファントムのようですが、ファントムが平たく、
本当にそうなのかどうなのか、よくわかりませんでした。
初めは違うと思っていました。
とてもこの黒い部分が興味深いです。
外観は、純銀のキャップをかぶったどんぐりのような形が親しみやすいです。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc062
DSC_0010

このページのトップヘ