京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:ヒマラヤ山脈

cn004 (2)
(お守り水晶cn004)
ヒマラヤ水晶の原石をそのままお守りアクセサリーに。

身に着けた感じをイメージしやすいようにトルソーに着けました。

より作品がわかりやすい写真はこちら。
cn004

キャップはシルバー950で作っています。

磨けばもっと綺麗にできますが、

磨かなくともクオリティが高いので、

そのまま作品にしました。

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡しできる気がして、

水晶には手を加えないようにしています。

原石の歴史はヒマラヤ山脈での歴史なので、

そのままの方がパワーがあるような気がしています。

それぞれの考え方だと思いますし、

私は原石が好きなので(磨いた石も好きですが)、

その点でもできるだけそのまま使いたいと思っています。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。




dc187

ヒマラヤ水晶dc187

成長する時にいろいろと複雑な事情があったのでしょう(^_^)

相当曲がっています。

一部は骸晶の特徴で陥没しています。

こういう特徴的な水晶はお守りとして身に着けられるといいと思います。

綺麗な水晶もいいですが、特徴があるからこその愛着が力を与えてくれると思っています。

お守り水晶は、「アクセサリー半分、お守り半分」の気持ちで作成しています。

アクセサリーのように身近につけて頂くお守りとして。

なので、水晶は、パワースポットであるヒマラヤ山脈からの姿を変えずにお届けするようにしています。

完璧でない形ですが、それが良いと思っています。

この世に一つだけの作品ばかりです。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc185


個性があることはお守りとしてもいいことです。

この水晶はまず、綺麗です。整った形をしています。

目を引く点としては、小さな水晶が2つ付いています。

粒タイプの水晶としてはそんなに珍しい事ではないです。

なので、優等生の水晶です。

パワースポットであるヒマラヤ山脈のパワーを存分に受けた水晶ですから、

気っと持ち主の方に力を与えてくれると思います。

身に着けて信じなければだめですよ。

パワーは内なる信じる心から生まれるのですから。

この水晶に興味のある方は、

Minneさん内のkyoutonemunoki's galleryにてヒマラヤ水晶dc185で販売中です。

このページのトップヘ