京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:ヒマラヤ山脈

DSC_0460
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc241


この形が安定感があったので、

UFOに似ているから(笑)このように純銀製のプレートを付けたわけではありません。

少し欠けているのですが、

全体的に整った表面です。

下に小さな水晶が合体しているのが特徴の一つです。

どうも3つの水晶から成り立っているようです。

大きな水晶側にレインボーが見えることがあります。

透明度の高い水晶なのですが、

クラックが邪魔している感じです。

インクルージョンも少しありますが透明度にあまり影響はないです。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。

よくよく水晶を見てみるとほとんどが結晶面であり成長の痕です。

見ているとワクワクしてしまいます。

DSC_0562


両錘の水晶で尖端は整った形をしています。

純銀製のキャップにブルーの丸を七宝で施しました。

表面はなかなかきれいなのですが、

内部は相当躍動的です。

そのために透明度が今一歩なのですが、

見れば見るほどいろいろな発見があります。


内包物が多いのも粒タイプの水晶の特徴でしょうか。

炭素系のものが入って居たり、

蛍光物を含むオイルが入っていたり、水が入っていたり、

様々です。

この水晶には炭素系のインクルージョンが入っています。

短いですが全体像が分かる動画を作っています⇒ヒマラヤ水晶dc257


お守りとしても昔から大切にされてきた水晶です。

お守り石として身に着けてもらえるサイズの水晶を選んでいます。

気に入った水晶を選んでおそばに置いていただければ、

力を与えてくれるのではないでしょうか。

水晶が何かをしてくれるのではないのですが、

心の支えになってくれると思います。

特に世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

原石のままですので世界に一つだけの水晶です。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0553
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc255


原石のままでこの形です。

欠けてこの形になったのではなく、

ほとんどが成長による形です。


インクルージョンを見ていると山形で、

成長痕のようにも見えます。

ファントムと言ってもいいのではないでしょうか。


ところどころにレインボーが現れたりします。

これもインクルージョンがらみのようです。

過去の蓄積がいろいろと特徴として表れているようですね。

短いですが全体像が分かる動画を作りました⇒ヒマラヤ水晶dc255


お守りとしても昔から大切にされてきた水晶です。

お守り石として身に着けてもらえるサイズの水晶を選んでいます。

気に入った水晶を選んでおそばに置いていただければ、

きっと力を与えてくれるのではないでしょうか。


私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0389
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc229


可愛いサイズのヒマラヤ水晶の原石アクセサリーです。

原石ですので細かな傷や欠けはあるのですが、

とても奇麗で整った形をしています。


インクルージョンも少しあるのですが、

とても透明度が高くきれいな粒タイプの水晶です。

アクセサリーとしても、

お守りとしても身に着けて頂ける作品だと思います。


原石で手を加えないのにこだわっているのは、

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈のパワーを、

できるだけそのままお渡ししたいと考えるからです。

傷や欠けなどもヒマラヤ山脈での成長の歴史の一部なので。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


銀製品はどうしても経時変化しますが、

専用クリーニング液も売っていますが、

重曹とナイロン歯ブラシで軽くクリーニングするだけで輝きが戻ります。

dc158
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc158


可愛いサイズの水晶です。
ファントムとレコードキーパーの特徴を持ちます。
ファントムとは、過去の水晶の形が水晶の成長した後もうっすらと年輪のように残ったものです。
幻影水晶とも呼ばれます。
困難を乗り越える克服の象徴とも言われているそうです。

レコードキーパーは、写真では見えないのですが、
水晶の先端を作る面に三角形のマークが見えます。
パワーストーンの特徴の一つで、
古代アトランティスの叡智と記憶が記録されているといわれています。
とてもロマンがありますね。

とてもきれいな水晶ですが、
ずれたような成長の仕方が興味深い水晶でもあります。
細い穴にでもはまって成長したのでしょうか。
特徴のある水晶には普通の水晶にはないパワーがあるとも言われています。
いろいろな特徴があった方がより身近な存在になるのではないでしょうか。

この水晶は原石のままです。
好き嫌いはあると思います。
奇麗にお化粧するように手を入れてあげるのもありだとは思います。

ヒマラヤ山脈のパワーをできればそのままお渡ししたいとも思うので、
原石のままアクセサリーにしています。
せっかくあるヒマラヤ山脈での成長のあかしを消すのはもったいないと思うので。
そして、特徴があって一定以上の基準の水晶をアクセサリーにしているので。
好みはあるともいますので、
気に入った作品があれば(水晶には何も手を加えていませんが)
おそばにおいていただければと思います。

純銀製のキャップをはめています。
仕上げはサテン調にしています。
鏡面磨きも悪くはないのですが、
水晶が原石なので、少し野趣に富んだ方が似合うのではと思い、
荒仕上にしています。
dc158-2


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

cn004 (2)
(お守り水晶cn004)
ヒマラヤ水晶の原石をそのままお守りアクセサリーに。

身に着けた感じをイメージしやすいようにトルソーに着けました。

より作品がわかりやすい写真はこちら。
cn004

キャップはシルバー950で作っています。

磨けばもっと綺麗にできますが、

磨かなくともクオリティが高いので、

そのまま作品にしました。

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡しできる気がして、

水晶には手を加えないようにしています。

原石の歴史はヒマラヤ山脈での歴史なので、

そのままの方がパワーがあるような気がしています。

それぞれの考え方だと思いますし、

私は原石が好きなので(磨いた石も好きですが)、

その点でもできるだけそのまま使いたいと思っています。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。




dc187

ヒマラヤ水晶dc187

成長する時にいろいろと複雑な事情があったのでしょう(^_^)

相当曲がっています。

一部は骸晶の特徴で陥没しています。

こういう特徴的な水晶はお守りとして身に着けられるといいと思います。

綺麗な水晶もいいですが、特徴があるからこその愛着が力を与えてくれると思っています。

お守り水晶は、「アクセサリー半分、お守り半分」の気持ちで作成しています。

アクセサリーのように身近につけて頂くお守りとして。

なので、水晶は、パワースポットであるヒマラヤ山脈からの姿を変えずにお届けするようにしています。

完璧でない形ですが、それが良いと思っています。

この世に一つだけの作品ばかりです。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc185


個性があることはお守りとしてもいいことです。

この水晶はまず、綺麗です。整った形をしています。

目を引く点としては、小さな水晶が2つ付いています。

粒タイプの水晶としてはそんなに珍しい事ではないです。

なので、優等生の水晶です。

パワースポットであるヒマラヤ山脈のパワーを存分に受けた水晶ですから、

気っと持ち主の方に力を与えてくれると思います。

身に着けて信じなければだめですよ。

パワーは内なる信じる心から生まれるのですから。

この水晶に興味のある方は、

Minneさん内のkyoutonemunoki's galleryにてヒマラヤ水晶dc185で販売中です。

このページのトップヘ