京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:パワーストーンアクセサリー

dc226-1
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc226


初めは取り込まれた水晶なのかと思いましたが、

どうも成長する前の水晶の形のようで、

インクルージョンがそこに集まったために明確になったようです。

インクルージョンが集まることにより、

水晶の透明度が上がったものは意外とあります。

この水晶もそうですね。

とても透明度の高い水晶です。
dc226-2


純銀性のキャップの上が広くあいたので、

紫と赤の七宝を施しました。

アクセサリーとしてのワンポイントの意味と、

お守りとしての邪気を払う色として。

邪気を払う色はいろいろあるようなのですが、

赤色はおめでたい色との捉え方が多いでしょうか。


原石のまま使うのは、

原石がよくよく見るととても奇麗だからです。

ぱっと見は欠けたり傷が付いたりしているように見えるのですが、

よく見るとそれがこの水晶の結晶の形なのだと。

傷ではなくこの水晶の特徴だということがよくあります。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0416


この写真ではわからないですが、正面でも見えますし、

側面でも現れます。

光の当たり方で何か所も出てきます。

後の映像ではちょっと薄いのですが、

肉眼で見るともっと鮮やかに見えます。

科学的にはプリズム現象と身もふたもないのですが、

見えるとワクワクします。

クラックがプリズムの役割をするようなのですが、

面白いことに、

クラックがあればどこででも虹が出るわけではなく、

微妙な角度が必要のようです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0777
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc162
ヤマタノオロチではありませんが、

一つの尾っぽに頭がいくつかな。

大きくは3つ。

途中で合体したような跡も。

粒タイプの水晶の標準のようにごろっとした形をしてもいます。

肉眼ではわからないのですが、

写真ではうっすらと茶色く映ります。

インクルージョンの影響かもしれませんね。

原石そのままのヒマラヤ水晶に純銀製のキャップを付けていて、

そのキャップに少し細工をしています。

竜の尾っぽではありませんが、

背筋のようなラインと、

こちらが前なら日輪で後ろなら月光を表すと考えます。

円形はどちらにも取れるので。

私は日輪をイメージしているのですが、

持たれる方の思い一つです。

なかなか先が見えませんが、今が踏ん張りどころですね。

こういうパワーストーンアクセサリーが少しでも心の支えになればと思っています。

見ているだけでも癒されますよ。

特にこういった変わった形のものは愛着がわきます。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0776
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc160

特徴的な尾っぽのように曲がった形。

柱状の六角形が標準的な水晶ですが、

この水晶は平たい形で、

自然に成長した形なのでとてもユニークです。

アクセサリーとしてもかわいいですし、

お守りとしては特徴的な形は力が宿るとも言われています。

金具は純銀製でできるだけ小さくなるように作りました。

大きさは2.5㎝と大きくもなく、小さくもない手ごろな大きさだと思います。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

この時期にお守りというのも複雑な気持ちですが、

お守りが何かをしてくれるのではなく、

我々が行動することを見守ってくれる存在だと私は思っています。




このページのトップヘ