京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

タグ:バイカラー

DSC_0007

裏から光を当てると色がよくわかるのですが、
身に着けている時そんな光ないですよね。
なので出来るだけ自然な感じで撮り直しました。
だいぶ良くなったと思うのですが。
興味のある方は→バイカラートルマリンのペンダントトップgt008
DSC_0009

DSC_0001

バイカラーのアメジストです。
紫がたなびいていてとても幻想的です。
4カラットあるので、存在感があります。
枠は純銀製です。
パワーストーンとしても、アクセサリーとしても身につけて頂けます。
詳しくは→アメジストのペンダントトップag004
DSC_0002

DSC_0020

持ち主をネガティブなエネルギーから守ってくれると言われるトルマリンです。
目立たない中で色が変化し、
一つの石の中にグリーンとブルーが同居しており、
2つの色のパワーを得ることができます。
銀で枠を作った落ち着いたデザインですので、服を選びません。
原石の良さを生かしながら、
出来るだけ石を大きく残すようにしました。
ちょっとしたお出かけや日常のおしゃれに。
トルマリンを使ったアクセサリーとしてはとてもお買い得です。
このアクセサリーに興味のある方は

バイカラートルマリンのペンダントトップgt008

DSC_0005

持ち主をネガティブなエネルギーから守ってくれると言われるトルマリンです。
一見、目立たない中に色の変化とグリーンとブルーの2色が同居していますので、
2つの色のパワーを得ることができます。
落ち着いたデザインですので、どんな服ともマッチします。
原石の良さを生かしながら、
トルマリンらしさを出しました。
ちょっとしたお出かけや日常のおしゃれに。
トルマリンのアクセサリーとしてはとてもお買い得です。
このアクセサリーに興味のある方は

バイカラートルマリンのペンダントトップgt008
DSC_0006

DSC_0005

持ち主をネガティブなエネルギーから守ってくれると言われるトルマリンです。
一見、目立たない中に色の変化とグリーンとブルーの2色が同居していますので、
2つの色のパワーを得ることができます。
落ち着いたデザインですので、どんな服ともマッチします。
原石の良さを生かしながら、
トルマリンらしさを出しました。
ちょっとしたお出かけや日常のおしゃれに。
トルマリンのアクセサリーとしてはとてもお買い得です。
このアクセサリーに興味のある方は

バイカラートルマリンのペンダントトップgt008
DSC_00022

DSC_0005

原石に磨きをかけてはあるのですが、
ほぼ原石の形を残しているところもあります。
トルマリンの原石を、原石の良さを生かしながら、綺麗に磨き、
トルマリンらしさを出しました。
グリーンとブルーのバイカラーで、
色合いはクラックとの絶妙のハーモニーで、
とても複雑な色合いを醸しだしています。
コレクションの一つに加えられてもいいアイテムだと思います。
アクセサリーになったトルマリンとしてはお買い得です。
このアクセサリーに興味のある方は

バイカラートルマリンのペンダントトップgt008
DSC_00022

DSC_00022

裏から光を当てるとよりよくわかります。
深いグリーンとブルーの綺麗な色です。
綺麗に別れているのではなく、
グリーンからブルーに変化していっているという感じです。
形は原石のままで、表面を磨いています。
銀の枠が5g強とちょっと重めです。
DSC_0005

トルマリンのアクセサリーをお浅賀氏の方に。
詳しくは→グリーントルマリンのペンダントトップgt008

DSC_0009

トルマリンは、一つの宝石の中に何種類もの色が混在していることがあります。
この石は、透明に近いグリーンとグリーンの二色です。
こういうものをバイカラーと呼びます。
この石は、トルマリンの特徴である縦のラインが綺麗だったので、
そのラインを残したく、カットはできるだけ避け、
磨くようにしました。
石に比べちょっと枠が大きかったかも。
カラットで表すと6カラットとなります。
私が磨いたので、大きくてお買い得です。
そのためクラックや傷はどうしても残ります。
できるだけ大きく石を残したいので。
それは天然石の証という事で、
それを含めかわいがっていただければと思います。
詳しくは→グリーントルマリンのペンダントトップgt005
DSC_0015

このページのトップヘ