京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:シルバー950

qz027
(猫のペンダントトップqz027)
クンツァイトとペリドットの2つの宝石を持った猫です。

招き猫のイメージから作りましたので、

幸運を招いてくれるかも。

ちょっとどっしりした感じになりました(^_^;)

これも愛嬌があっていいかなと。


クンツァイトは愛を運んできてくれて

ペリドットは成功を運んできてくれるそうです。

素材はシルバー950。

ちょっとしたお手入れで末永くお手元で輝いてくれます。

長年身に着けた銀の色もなかなか味がありますが。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。


cn004 (2)
(お守り水晶cn004)
ヒマラヤ水晶の原石をそのままお守りアクセサリーに。

身に着けた感じをイメージしやすいようにトルソーに着けました。

より作品がわかりやすい写真はこちら。
cn004

キャップはシルバー950で作っています。

磨けばもっと綺麗にできますが、

磨かなくともクオリティが高いので、

そのまま作品にしました。

ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡しできる気がして、

水晶には手を加えないようにしています。

原石の歴史はヒマラヤ山脈での歴史なので、

そのままの方がパワーがあるような気がしています。

それぞれの考え方だと思いますし、

私は原石が好きなので(磨いた石も好きですが)、

その点でもできるだけそのまま使いたいと思っています。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。




pd014
(猫の手pd014)

シルバー950の素材で猫の手のデザインを作り、

ペリドットを揺れるように配置しました。

固定されたアクセサリーは完成された美しさです。

動くアクセサリーはその不安定さが注目を集めます。

短いですが動画も作りました。

これで写真とは違って動きや全体が分かるのではないでしょうか。

型を残していないので、

作品としては一品ものです。

元々同じサイズ、形のペリドットがないので同じものは作れないのですが(^_^;)

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

pd010

シルバー950製の輪郭に、

これだけではあまりにも寂しいので、

ペリドットを中心に据えました。

ユラユラ揺れるのもかわいいですし、

華やかになりました。

首輪のイメージもありかなとも思ったのですが、

よくあるタイプなので、

今回はこの形にしました。

動画もYouTube に載せました。

短い動画ですがイメージが良くつかめると思います。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

DSC_0528


本当は原石のまま使いたかったのですが、

どうしても修正しないといけない傷があったので、

その部分だけ修正しました。

アクアマリンに現れているスジがアクセントとしてとてもいいと思うので、

手を入れて消さないように気をつけました。

それとは逆に、

シルバー950のキャップに突起が残ってしまいました。

これもちょっといいアクセントかなと思い、

そのままです。

鋳造は思いもよらないことが起こるので、

気が抜けませんが、

自然任せの部分もあるのでそれはそれで楽しいです。

このアクアマリンのペンダントトップaq020に興味のある方は、

Minneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

tp002

(トパーズのペンダントトップtp002)
トパーズは色々な色目があります。

その中で一番基本的な色目がシェリーカラーだそうです。

インペリアルトパーズやブルートパーズなど、

華やかな色目の石に比べると落ち着いたイメージです。

7.8カラットと大きく、

周りをシルバー950のサテン調のリボンデザインの枠で囲いました。

落ち着いた中に華やかさを。

日常使いというよりも、

ちょっとおしゃれな一日のために。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


gt002

(グリーントルマリンのペンダントトップgt002)

これは本当に細かな結晶の集合体です。

アクセサリーとして身に着けるよりも、

飾っていて眺める方がいいかも。

そう思わせる石です。

確かに、小さな結晶のものはあるのですが、

こんな針の様に細い結晶がそこそこの長さがあり、

集合しているのはあまり知らないですね。
(私が知らないだけかも)

おもしろいアクセサリーだと思います。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

cn004

(ヒマラヤ水晶お守りアクセサリーcn004)
ねむの木では、粒タイプの水晶の作品が多いのですが、

柱状タイプの水晶でも作品を作っています。

柱状水晶の場合、ペンダントトップにするには大きすぎたり、

逆に小さすぎたりと、

粒タイプの水晶に比べちょうどマッチする大きさのものが少ないのが原因です。

それと、トップの欠けたものの比率が高くなるのもあります。

やはりトップはできるだけきれいでないとね。

なので、今後は磨いていくのもありかなと。

できるだけ原石で、ヒマラヤ山脈のパワーをそのままお渡ししたいという思いがあるのですが、

身につけて頂けないと意味がないので。

今後の課題と考えています。

キャップはシルバー950。

これも強度を考えての事です。

純銀との差はあまりないみたいです。

純銀が柔らかいのは軟らかいですが・・・。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotoemunoki's galleryにて販売中です。


何も変わらずの生活では、

何も変化がない訳で。

それを改善するために財布を新調する人も多いと聞きます。


財布も大切ですが、

アクセサリーで運が変わるようにされてはいかがでしょう。
st003

(シトリンのペンダントトップst003)

シンプルなデザインで邪魔にならず、日常使いが出来ます。

金運を呼び込むと言われていますので、

お財布もいいですが、

身に着けるもので新しくリフレッシュもいいのでは。

日本名は黄水晶ですが、

黄色というよりゴールドに近い色合いでしょうか。

枠はシルバー950。

貨幣に使われているスターリングシルバーより銀の純度が高いです。

今日ものある方はCreema さん内の京都ねむの木にて販売中です。




DSC_0545

モンステラのペンダントトップpd011

私はハワイには行ったことないのですが、

今年の正月休みに行かれた方も多いのでは。


ハワイのお土産にペリドットのアクセサリーがあるとか。

火山島のハワイではペリドットがよく採れたらしく、

それをお土産として売っていたと聞きます。

最近はあまりいいものが採れず、

海外から入れているという話も聞きます。


このアクセサリーはフラダンスをされている方からの話で作ってみました。

モンステラとペリドット。

でも、最近はモンステラも国内にいっぱいあって、

あまりハワイという感じではなくなってきましたね。

モンステラは希望の光を届けると言われ、ペリドットも太陽の石ですからお守りアクセサリーとしてもいいと思います。

モンステラの素材はシルバー950で、これもお守りを意識して銀の純度を高くしています。

興味のある方はCreema さん内の京都ねむの木にて販売中です。


このページのトップヘ