京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:シルバー950

dc201-1
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc201

炭素系のインクルージョンが内部に散らばってとても奇麗に見えます。

そこにレインボーが現れたりして、

とても魅力的です。

中のクラックが光を乱反射してより奇麗に見せています。


内部はとても複雑な構造ですが、

表面は磨かれたようにきれいですが、原石のままです。
dc201-2


純銀製のプレートを使っています。

お守りとして身に着けることも考えていますので、

シルバー950以上の純度の銀を使っています。

最近の水晶の作品は純銀製です。

純銀はシルバー950より若干柔らかいので、

最初はシルバー950を使っていましたが、

強度にそう差はなさそうなので最近は純銀を使用しています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0706
クンツァイトのペンダントトップqz026

9カラットのルースを使っています。

私のカットではなく、

プロのカットです(笑)

これから寒くなりますが、

暖色のアクセサリーはマッチしますよね。

けれど、

宝石は夏場にピンクでも暑苦しさはないですね。

宝石の宝石たるゆえんでしょうか。

枠はシルバー950製です。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

シルバーは経時変化でよりしっくりしてくるのですが、

それが嫌という方も居られます。

シルバーの場合、

専用の洗浄液もありますし、

手軽に重曹とナイロン歯ブラシで奇麗になります。

傷つけない程度にやさしく磨いてあげてください。

とても奇麗になりますよ。

dc034
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc034

クリオネや菩薩様のようにも見える変わった形の原石水晶です。

いくつかの水晶が合体してこの形になったのですが、

粒タイプの水晶はとてもユニークな形のものが多いですね。


お守りとしてもアクセサリーとしてもかわいい水晶だと思います。

特徴的な水晶をアクセサリーにしています。

お守り石としても身に着けやすいものを選んでいます。

使っている金属はシルバー950と純銀です。

奇麗なものやユニークなものを選んでいます。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0583
ラピスラズリのペンダントトップra014

ラピスラズリの原石を私がカットして磨きました。

単結晶の宝石とは違い、

いろいろな鉱物の集合体のラピスラズリなので、

いい表面があればそこで止めて必要以上に削らないようにしています。

星の見え方が光の当たり方で変わるのも楽しいです。

シルバー950の枠も手作りで、

この石に合わせて私が作りました。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

宝石の中でもラピスラズリは柔らかな部類に入りますので、

やさしく扱ってあげてほしいアクセサリーです。

シルバー950もスターリングシルバーよりも柔らかいので、

よくマッチしているとも思います。

DSC_0009
猫の手アクセサリーpd014


猫の人気にあやかろうとしたわけではないのですよ(汗!)

我が家にも猫がいるので、

そのモチーフの一つとして作成しました。
DSC_0891

猫の場合手ではなく足ですが、

招き猫の御利益も兼ねて猫の手としました。

ペリドットがユラユラしていますが、

決して猫のおもちゃをイメージしたわけではありません(汗)


ペリドットは太陽の石と呼ばれているそうで、

前向きな人に向いている石だそうです。

猫はマイペースですが、

マイナス思考ではないのでペリドットとの相性はいいと思います。

あまり積極的とはいいがたい部分もありますが(笑)


素材はシルバー950.

チェーンはおまけで金属製ですが、

それ以外はシルバー950で作っています。

鋳造ですが現物のみです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0583
ラピスラズリのペンダントトップra014


昨日の作品はきれいだけれどちょっと重かったのですが、

この作品は女性にもいいと思います。

ラピスは単色ではなく、いろいろな色の集合体です。

ウルトラマリン単色は顔料としては秀逸ですが、

アクセサリーとしては複雑に絡み合ったモザイク模様と星がとても素敵です。

星の輝きによる表情の変化がとても気に入っています。

動画も撮ったのですが、またまたはじかれてしまったので、

URLを書いておきますので興味のある方は見てみてください。

https://youtu.be/5X6FnVeQyuQ


ラピスラズリを囲む枠はシルバー950。

シルバー950の方が若干純銀よりも硬いので採用しました。

この作品は季節を問わず身に着けて頂けると思うので、

お出かけの際のお供としてあげてください。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0583
ラピス・ラズリのペンダントトップra014

ウルトラマリンを含むいろいろな色調が複雑に絡み合ったとても奇麗な石です。

ラピスもいろいろな色調のものがあるのですが、

この石は明るい色に分類されると思います。

身に着けるとシルバー950と相まって明るい印象を与えることでしょう。


梅雨で鬱陶しい時期ですが、

もう少しすれば光の夏がやってきます。

その時の為に今からの準備が楽しくもあり、

ワクワクします。


私が原石から切り出し、カットして磨いているので、

とてもお買い得価格にしています。

シルバー950は経時変化が純銀よりもしにくいといわれていますが、

それでも変化はします。


対処法は、色が気になればクリーニングを行えばほぼ輝きを取り戻せます。

特に重曹できれいになるので、小まめにお手入れされればいつもきれいなままです。

クリーニングされるときには、ナイロン歯ブラシでやさしく傷つけないように磨いてください。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1037
エメラルドのペンダントトップem001

3.5ctの大きさのエメラルドカットではない、ルースのエメラルドのペンダントトップです。

私が原石を磨いたレベルですので、

気楽に身に着けてお出かけするアクセサリーとしてはとてもお買い得です。

エメラルドの周りはシルバー950製ですので、簡単なお手入れでいつまでも輝きが続きます。

ただし、超音波洗浄機には絶対に入れないでくださいね、壊れます。

エメラルドのほとんどは結晶に亀裂が入っており、

対応処置がなされていますが、強力な洗浄機に入れると壊れる可能性があります。

私も一つ壊してしまいました。

普通のやさしく手洗いする分には問題はありません。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0674
幸運の樹pd015


鬱陶しい天気が続く梅雨時ですが、

この時期に植物は大いに成長します。

緑もとても濃くなります。

植物にとっての力水でしょうか。


それにあやかって、

シルバー950の樹に、

グリーンが奇麗なペリドットが3つ生っているアクセサリーはいかがでしょうか。

幸運の樹と名付けています。


銀は昔から珍重され、魔除けとしても効果があるといわれています。

ペリドットは太陽の石といわれるように成長のシンボル、

成功者の石とも呼ばれています。


女性の方には美しさを引き立てるアイテムとして、

日常のちょっとしたお出かけ時に身に着けて頂くといいと思います。

チェーンをお付けしているのですが、

お気に入りのものに変えて頂ければより愛着がわきと思いますし、

ちょっとした革ひもでも通るように通し穴は大きめにしています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


aq060
アクアマリンのペンダントトップaq060


3カラットのルースのアクアマリンをシルバー950の枠に嵌めています。

アクアマリンの周りをリボンで飾り、

石止めを気泡の形にしています。


アクアマリンは水をつかさどる宝石といわれ、

航海の前に海にアクアマリンを投げ入れ安全を祈ったり、

結婚の時にプレゼントされると幸せな結婚生活が送れるとも言われていたそうです。


新型コロナの影響で今まで通りの生活にはまだまだ戻っていませんが、

人生という航海の安全をこのアクアマリンに願い、

日々一緒に歩いていただければと思います。


純銀に比べシルバー950は経時変化しにくいとは言われていますが、

シルバー950も経時変化は避けられません。


しかし、銀製品は専用のクリーニング液もありますし、

もっと手軽にお手入れすることもできます。


それは重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨いてあげると、

元の光を取り戻すことができます。


傷は消えませんが気になる方は小まめに手入れされればきれいな状態を維持できます。


同じ時間を歩いたあかしでもあり、

銀の経時変化は味がありそれはそれでいいとも思うのですが。

個人の考え方ですね。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


このページのトップヘ