京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:エレスチャル

DSC_0299
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc197

平たい水晶なのですが、
いくつかの水晶がくっついたためなのか、
パキスタン産の水晶の特徴が現れているのか、
どちらにしても扁平です。
ペンダントトップとしては座りがいいです。
DSC_0298

表面に模様があるように見えますが、
骸晶によるものです。
エレスチャルと言うにはちょっと浅いですね。

水晶自体はとても透明度が高いのですが、
ほんの少しブラウンがかっているようです。
正面下に欠けがあるのですが気が付かないぐらい水晶になじんでいます。
DSC_0301

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。




DSC_0257
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc189

キラキラと光を反射してとても奇麗な水晶です。
2つの水晶がくっついているのですが、
タントリックツウィンなのかなとも思ったのですが、
クラスターと言った方がいいのでしょうね。
DSC_0256

このキラキラしているのは、
骸晶構造であるエレスチャルのためです。
キラキラしているのはいいのですが、
ユニークな表面と内部によります。
エレスチャルなので表面が凸凹しているので、
欠けたり割れたりしているのではありません。
そういう傷は原石のままですがとても少ないです。
DSC_0258

キャップは純銀で作っています。
水晶に合わせて作っていますので、
とても凸凹しています。
表面も鏡面仕上げではなく、
サテン調のきれいな表面です。
DSC_0259

銀製品は経時変化で色が変わります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
日頃、ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨かれると輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。




DSC_0232
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc172

水晶の写真はとても難しく、
写ってほしいようになかなか言うことを聞いてくれません。
この水晶の特徴は正面真ん中なのですが、
コントラストの関係で白くしか映らないのです。
本当に困ります。
DSC_0233

カテドラルでありエレスチャルである水晶なのですが、
とても奇麗で複雑な形でもあります。

尖端が横からいくつも飛び出したようなイメージですが、
統一が取れて上に向かっています。
中心にある水晶は、部分的にくっついた小さな水晶の塊のようでもあります。
DSC_0234

この水晶は、窓水晶もあります。
自分の心を見ることのできる水晶とも言われます。

可愛いサイズの水晶の中に、
いろいろな特徴がてんこ盛りです。

アクセサリーとしてもお守りとしても身に着けて頂けます。
DSC_0235

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

dc063
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc063

エレスチャルの水晶で、

凸凹がいっぱいでとてもユニークな形なのですが、

とても奇麗な水晶に見えます。

不思議な水晶です。

こういう不思議な水晶がとても多いのが粒タイプの水晶。



この水晶、中心ぐらいまでの穴も開いていて、

窓水晶と呼ばれる水晶でもあります。

水晶はいろいろな特徴や謂れがあるのはより身近な”宝石”であり、

多くの人たちに大切にされていたからなんでしょうね。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

特徴的な水晶をアクセサリーにしています。

お守り石としても身に着けやすいものを選んでいます。

使っている金属はシルバー950と純銀です。

奇麗なものやユニークなものを選んでいます。

DSC_0535
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc254

内部のクラックにより光が乱反射して輝いて見えます。

このクラックは骸晶構造のためで、

外部からの力によりできたクラックとは違います。



内部のクラックにより光の当たり方でレインボーも見ることができます。

表面も骸晶により凸凹していますが、

エレスチャルとも呼ばれます。

特徴的な水晶をアクセサリーにしています。

お守り石としても身に着けやすいものを選んでいます。

使っている金属はシルバー950と純銀です。

奇麗なものやユニークなものを選んでいます。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_1054

DSC_0505
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc250

ぱっと見は均整の取れた水晶なのですが、

近くで見るととても複雑で凸凹なんです。

これはいい意味で使っています。

成長する時の現象で、

外からの物理的な力によって出来たのではないのです。


光を当てるとレインボーが出るところがあったり、

中心に向かって穴があり窓水晶と呼ばれる特徴があったりと、

いろいろと楽しい水晶です。

アクセサリーとしてもかわいいですし、

お守り水晶としても気に入っていただけるのではないでしょうか。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0500
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc249

とてもユニークな形になっていますが、

この水晶はどのようにくっついたのでしょうか。



骸晶構造によりこういう形になったのかなぁ。

後ろには穴もありますから。

エレスチャルという独特な成長の特徴もあり、

壊れているのかと思うこともあるのですが、

それがこの水晶の本来の形だと知って驚きます。

このユニークさがアクセサリーとしてもお守り石としても似合うと思います。

大きさもちょうどいいのではと思っています。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

原石のまま使うのは、

原石がよくよく見るととても奇麗だからです。

ぱっと見は欠けたり傷が付いたりしているように見えるのですが、

それがこの水晶の形であり結晶なのだと。




DSC_0462
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc242

とても複雑な形をしていて小さな水晶までくっついています。

骸晶構造であるエレスチャルです。

セプターでもあるようですが、明確ではないです。


純銀製のプレートに5色の丸の七宝を施しています。

魔除けの色と言われている5色です。
DSC_0870


粒タイプの水晶は、

ダイヤモンドの原石かと思うほど輝きを放つものから、

凸凹もいいところ、

これでも水晶の結晶なのかと思わせるほどユニークなものまで、

いろいろなバリエーションを持ちとてもワクワクさせてくれます。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0437
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc237


原石なので複雑な形をしていますが、

アクセサリーとして奇麗な形をしていると思います。

矛盾しているように聞こえるのですが、

見て頂くとわかると思います。

なので短いですが動画を作っています。


表面の凸凹はエレスチャルのためで、

この凸凹もちゃんとした成長のあかしなのです。

そう思って見てみるとなかなか奥深い水晶で、

奇麗な水晶です。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0422
ヒマラヤ水晶のお守りアクセサリーdc233


表面はエレスチャルなので凸凹ですが、

均整の取れた水晶です。


表面や内部が複雑な構造をしているので、

そのおかげでとても奇麗に輝いています。


水晶でひし形の形というのは信じられないと思いますが、

ちゃんとした結晶で構成されていて、

人工的に削ったり欠けてこの形になったわけではありません。

ちゃんとダブルターミネーターでもあります。



この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

お守りアクセサリーとして身に着けて頂けると嬉しいです。


このページのトップヘ