京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:ウィンドウ

wd004

この水晶の先端にあるひし形のマーク。

これはウィンドウと呼ばれ、

自分の内面を見ることのできる窓と言われています。

綺麗なひし形で、可愛い水晶にぴったりのサイズです。

お守りは信じるも信じないも本人の心次第です。

そしてお守りは見守ってくれるだけです。

お守りが何かをしてくれることはありません。

けれど、いつも一緒にいてくれる存在でもあります。

なので、一緒に末永くそばに居られるようにシルバー950製のキャップにして、

アクセサリーの形にしています。

世界的なパワースポットであるヒマラヤ山脈からやって来たパワーストーンである水晶です。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。





DSC_0006

真っすぐできれいなヒマラヤ水晶で、
マスタークリスタルであるウィンドウのマークがあります。
自分の心を覗ける窓と言われています。
自分の心とはわかっているようで、
本当は見ないようにしている部分があるのかも。
それを教えてくれて導いてくれるのでしょうか。
銀のキャップがちょっとユニークですが、
個性がある方がお守りとして愛着が湧くと思います。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りwd003
wd003-5

DSC_0034

真っすぐできれいなヒマラヤ水晶で、
マスタークリスタルであるウィンドウのマークがあります。
自分の心を覗ける窓と言われているようです。
自分の心とはわかっているようで、
本当は隠している部分があるのかも。
それを教えてくれて導いてくれるのでしょうか。
銀のキャップがちょっとユニークですが、
個性がある方がお守りとして意味があると思います。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りwd003
DSC_0035

DSC_0013

全ての面が原石のままです。
水晶の特色をちゃんと示しているのですが、
それにしてもうすっぺらです。
何度も書きますが原石のままで削っていません。
尖端にひし形のマークがあります。
ウィンドウと呼ばれるマスタークリスタルの特徴です。
七宝でオレンジ色のラインも入れてちょっとアクセサリーぽくしました。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc069
DSC_0002
DSC_0016

DSC_0001

ウィンドウという心を見ることのできる窓を持つと言われる水晶。
綺麗な原石です。
水晶自体がお守りとして万能です。
その水晶により力を与えるウィンドウ。
原石には傷やクラックがあります。
この水晶の傷は剥がれたような傷です。
人の手によりものか、大地の力によりもの化は定かではありません。
しかし、何らかの力が加わり、傷ができたと。
しかし、壊れずにここにあるという事実は大切です。
それもきれい名形で。
運やチャンスはそれを捉えなければ意味がありません。
ここに存在してるという運を手に入れてください。
大切なことは行動すること。
ヒマラヤ水晶のお守りアクセサリーwd006
wd006

wd006

この水晶の、先端近くにひし形のマークが見えます。
これがウィンドウです。
自分自身の本来の姿を映し出すとも言われています。
心の中を見る「窓」という事ですね。
これと似たような形で、
ひし形があります。
それはタイムリンクと呼ばれます。
これもマスタークリスタルと呼ばれるのですが、
私はウィンドウの方に形として惹かれます。

このページのトップヘ