京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:アクセサリー

DSC_0672
アクアマリンのペンダントトップaq067

このアクアマリンは自然なスカイブルーで、
原石から私が加工しました。
なので、
このアクアマリンの特徴である表面をできるだけ残すようにしました。
DSC_0525

木の皮のようにきれいな筋が現れていたのでそれを残したかったのです。

宝石の場合、
原石の時はg表示なのですが、
加工されたものはカラット表示が標準だそうです。
私が加工したので一応カラット表示なので、
7カラットのアクアマリンになります。

原石に毛が生えたような加工なので、
原石アクセサリーがお気に入りの方にもいいのでは。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0666
ゴシュナイトのペンダントトップaq066

アクアマリンはベリル(緑柱石)という宝石類のスカイブルーのものを言います。
このアクセサリーの石もベリルでアクアマリンだと思っていたのですが、
あまりにも色が薄いので、
アクアマリンと言っていいのかどうか迷いましたが、
ベリルの透明な石はゴシュナイトという名前があるので、
ゴシュナイトとしました。
ふと本当に淡いスカイブルーのように見える瞬間もあるにはあるのですが、
光の屈折の影響もありそうなので。

エメラルドもベリルの緑色のものを言います。
というようにベリルには6つの色分けがあり、
それぞれに宝石名が付いています。
エメラルドとアクアマリン以外の名前は微妙に違っていたりします。
やはり認知度が低かったり、
希少なためベリルとは思われていなかったとかあるようです。
ゴシュナイトも無色なのにファイヤー・ベリルとも呼ばれます。
赤色のものはレッド・ベリルと呼ばれたり、
ビクスバイトと呼ばれたりしています。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0513
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc293

ブラックライトの光なのでうまく写真撮れませんが、
光っていることはよくわかると思います。
インクルージョンに含まれているんでしょうか。

DSC_0862

透明度が高く奇麗な水晶です。
表面はなかなかユニークですが(笑)
原石のまま、水晶には手を加えていないので。
金具の横に小さな水晶があるのですが、
珍しく輪郭がはっきりしています。
多くの水晶は同一化しているのですが。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。





DSC_0835
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc292

ダイヤモンドの原石に比べとてのきれいな原石なので、
こちらをダイヤモンドと間違える人がほとんどだと言われています。
確かにダイヤモンドの原石は原石のままでは輝きはないですからねw
DSC_0843

結晶形が奇麗で整っている原石水晶です。
キャップは純銀製で、
星をイメージしたデザインを施しています。
水晶は地球で成長したものですが、
星の寿命と同じように長く形を保ちます。
この形もいつできたのか。
ヒマラヤ造山時代からかもしれませんね。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

特徴的な水晶をアクセサリーにしています。
お守り石としても身に着けやすいものを選んでいます。
使っている金属はシルバー950と純銀です。
奇麗なものやユニークなものを選んでいます。






DSC_0829
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc291

柱状水晶でもなかなかここまで透明度の高い水晶は珍しいのでは。
パキスタン産水晶らしくちょっと扁平です。
これぐらいの扁平はほかの地域でもありそうです。
DSC_0826

キャップの表側に星を。
裏側に風をイメージしたデザインを描いています。
DSC_0827

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



DSC_0821
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc290

一か所は水晶が外れた痕のようですが、
それを差し引いてもとても一つの水晶の形とは思えないです。
水晶が大きくなればそういう事もあるでしょうけれど、
このサイズでこの形はとても興味深いです。
DSC_0841

この水晶には何も手を加えていないので、
成長する時にこういう形になったのは、
周りに邪魔ものがあったからなのかなと思っていますが、
それにしてはとても奇麗な面ばかりなのでそうでもないのかとも(笑)
でき方がどうであれ、
とても魅力的な形をしています。

その水晶に純銀プレートを付け、
そこに風のデザインを施しました。
お守りとして身に付けて頂けると嬉しいです。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。




DSC_1077
クンツァイトのペンダントトップqz030

クンツァイトの原石の形をできるだけ変えずに磨いた石です。
形としては中々いいと思います。

枠は純銀製です。
DSC_0578

クンツァイトはラベンダーピンクと言われるちょっと紫がかったピンクで、
春らしい色合いです。

新型コロナで昨年は全く春らしくなかったですが、
ワクチン接種も始まり、
ワクチンと季節効果で新型コロナも収束していくのではないでしょうか(願望)
少しは心に余裕を持ってもいい状況になると思うので、
楽しめるように準備しておきましょう。

日常使いにはちょっと華やかですが、
日常プラスぐらいの時には使いやすいと思います。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0818
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc289

原石水晶そのままをアクセサリーにしています。
この形が原石のままなのです。
とても水晶とは思えない形です(私だけかなぁ)

透明度が高く、所によりレインボーも現れます。
キャップを被つているので柱状水晶のように見えますが、
粒タイプの水晶なのです。
一般の方にはどちらでもいいことかもしれませんが(笑)
DSC_0817

セーラームーンではありませんが(笑)
月のデザインを入れてみました。
輝きが月光のように思えたので。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。
DSC_0840





DSC_0813
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc288

奇麗な形をしていて、透明度も高い、
ダイヤモンドクォーツらしい水晶です。
この水晶の特徴はファントムでしょう。
粒タイプの水晶には割合多い特徴の一つです。
過去の形を内部にわかりやすく残しています。
この水晶のインクルージョンのある所がそれに当たります。
ファントムらしくちょっとわかりにくいにですが、
よく見ると見えてきます。
キャップは純銀製で星を付けましたが、
鋳造していると丸い星が2つ現れました。
これも自然のなせる業ですね。
DSC_0814

この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0802
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc287

水晶としては特徴的な形ではありますが、
とての透明度が高く綺麗で素敵な水晶です。
内部も奇麗で、
中心に過去の姿が残っており、
それをファントムと呼びます。
日本では山入り水晶とも呼びます。
ファントムは幽霊ですが、
ちょっとはっきりしすぎでしょうかw
キャップにはちょっとアクセントをつけてみました。
原石水晶のアクセサリーとしても見栄えがしますし、
お守りアクセサリーとしても。
キャップは純銀製ですので末永くそばにいてくれます。
DSC_0484

銀製品は経時変化で徐々に色が変わることがあります。
それはそれで味があると思うのですが、
気になられる方は専用の洗浄液をお使いになると奇麗になりますし、
ちょっとだけ手間をかけて、
歯ブラシと重曹でやさしく磨くと輝きが戻ります。
傷つけないようにやさしく磨いていただければOKです。 
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



このページのトップヘ