京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:アクアマリン

DSC_0672
アクアマリンのペンダントトップaq067

このアクアマリンは自然なスカイブルーで、
原石から私が加工しました。
なので、
このアクアマリンの特徴である表面をできるだけ残すようにしました。
DSC_0525

木の皮のようにきれいな筋が現れていたのでそれを残したかったのです。

宝石の場合、
原石の時はg表示なのですが、
加工されたものはカラット表示が標準だそうです。
私が加工したので一応カラット表示なので、
7カラットのアクアマリンになります。

原石に毛が生えたような加工なので、
原石アクセサリーがお気に入りの方にもいいのでは。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0666
ゴシュナイトのペンダントトップaq066

アクアマリンはベリル(緑柱石)という宝石類のスカイブルーのものを言います。
このアクセサリーの石もベリルでアクアマリンだと思っていたのですが、
あまりにも色が薄いので、
アクアマリンと言っていいのかどうか迷いましたが、
ベリルの透明な石はゴシュナイトという名前があるので、
ゴシュナイトとしました。
ふと本当に淡いスカイブルーのように見える瞬間もあるにはあるのですが、
光の屈折の影響もありそうなので。

エメラルドもベリルの緑色のものを言います。
というようにベリルには6つの色分けがあり、
それぞれに宝石名が付いています。
エメラルドとアクアマリン以外の名前は微妙に違っていたりします。
やはり認知度が低かったり、
希少なためベリルとは思われていなかったとかあるようです。
ゴシュナイトも無色なのにファイヤー・ベリルとも呼ばれます。
赤色のものはレッド・ベリルと呼ばれたり、
ビクスバイトと呼ばれたりしています。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_1066
アクアマリンのペンダントトップaq064

淡いスカイブルーのきれいなアクアマリンです。

原石の形をできるだけ残しきれいに磨きました。

内部は成長の歴史を記憶している部分も。
DSC_1063


純銀製の枠にはめ込みました。

カラットとしては8カラットの大きさがあります。

存在感があるアクセサリーになります。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0732
アクアマリンのペンダントトップaq063

ちょっと尖がった形のアクアマリンのペンダントトップ。

原石の形がこの形だったのでできるだけそのままにして、

研磨と磨きをかけました。
DSC_0879


透明度が高く、きれいなスカイブルーの石です。

キャップは純銀製でフェミニンなデザインにしています。


夏にぴったりのアクアマリン。

これからの季節には合わないかというとそんなことはないんです。

宝石は年中身に着けていて違和感がないのです。

部屋が寒ければスカイブルーはちょっと冷たい印象ですが、

今の時代そんな所はほぼないです。

逆に暑いぐらいですよね。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0879
アクアマリンのペンダントトップaq063

ちょっととがったアクアマリンの原石をちょっとだけカットして磨きました。

純銀製のキャップに嵌めています。


暑さが続いています。

京都では何日雨が降っていないかなぁ。

連日の猛暑日で体力を奪われていますね。

こういう時は心だけでも平穏を保たないと。


アクセサリーで心を落ち着かせてもらえればうれしいです。

特に天然石の宝石にはカットされ磨かれていても自然の力を感じます。

表情があるというのでしょうか。

特に京都ねむの木の作品の大半は原石か加工度の低いものですので、

より自然を感じられるのでは。

この作品もきれいなライトブルーが涼しさを演出します。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1076
アクアマリンのペンダントトップaq065


私がアクアマリンの原石をカットして磨きました。

できるだけ原石の形を残しながらきれいな石にすることに努力しました。

天然石ですので、インクルージョンやクラックがありますが、

気にならない程度のものです。

私が加工したのでとてもお買い得になっていると思います。

暑い時期で外出にも気を遣わねばなりませんが、

少しでも気持ちを前向きに、

生活に潤いを持っていただく一助になればと思っています。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


今日も暑い一日です。

雷がゴロゴロ鳴っていたので、

夕立が来るかと思いましたが、

どうもわが地域ではなさそうです。

夕立は普通の雨とは違い本当に局地的に降るので、

道一本隔てて土砂降りと雨なしに分かれたりします。

夜も気温が下がりませんので、

体調を崩さないようにお気を付けください。

DSC_1066
アクアマリンのペンダントトップaq064

透明度の高いきれいなアクアマリンの原石を、

私が余分な部分をカットして磨きました。

リボンの枠は純銀製です。

できるだけ大きく原石を生かすため、

必要以上にカットはしていません。

天然石なので、インクルージョンとクラックは全ては消せないので、

アクセントとして使っている部分もあります。

淡いきれいなスカイブルーです。

短いですが全体像が分かる動画を作っています⇒アクアマリンのペンダントトップaq064


興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1033
アクアマリンのペンダントトップaq062


アクアマリンは縦筋状の模様が入っているものがよくあります。

その特徴を残しつつカットして磨きをかけました。


私がカット、磨きを行ったので、

価格に対して石が大きく、透明度が高くきれいですので、

胸元がとても明るくなると思います。


梅雨の時期にアクアマリンはちょっとなぁ、という気分になりますが、

その先の夏にぴったりの宝石です。



少し薄めのひさしが長めの純銀製のキャップを付けました。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

aq060
アクアマリンのペンダントトップaq060


3カラットのルースのアクアマリンをシルバー950の枠に嵌めています。

アクアマリンの周りをリボンで飾り、

石止めを気泡の形にしています。


アクアマリンは水をつかさどる宝石といわれ、

航海の前に海にアクアマリンを投げ入れ安全を祈ったり、

結婚の時にプレゼントされると幸せな結婚生活が送れるとも言われていたそうです。


新型コロナの影響で今まで通りの生活にはまだまだ戻っていませんが、

人生という航海の安全をこのアクアマリンに願い、

日々一緒に歩いていただければと思います。


純銀に比べシルバー950は経時変化しにくいとは言われていますが、

シルバー950も経時変化は避けられません。


しかし、銀製品は専用のクリーニング液もありますし、

もっと手軽にお手入れすることもできます。


それは重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨いてあげると、

元の光を取り戻すことができます。


傷は消えませんが気になる方は小まめに手入れされればきれいな状態を維持できます。


同じ時間を歩いたあかしでもあり、

銀の経時変化は味がありそれはそれでいいとも思うのですが。

個人の考え方ですね。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0727
猫のアクセサリーaq061
を紹介。

猫は気まぐれで、

すぐにどこかに行ってしまいますが、

この猫はいつまでもそばにいてくれますよ(笑)

アクアマリンを抱いた”高貴な猫”ですので、

必ずや幸せを招きこんでくれることでしょう。



全体像が動画から見て取れると思います。

少し緩和されて外出もできるようになりましたが、

三密を避けるというなかなか難しい宿題は残ったままです。

この猫は三密は関係ないので、

好きなことろに連れて行ってあげてください。

喜んでお供しますから。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

このページのトップヘ