京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

タグ:アクアマリン

DSC_0005

そう呼んではいけないことはないのですが、
昭和の香りがしますね(^_^;)
大きなアクアマリンに小さなアクアマリンが寄り添う感じではあります。
ぶら下げてしまうとその感じは無くなりますが。
少しだけ角を磨いてあるのですが、
あとは原石のままです。
というのもとてもきれいな原石なので。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq041

DSC_0035

と言っても銀の枠でお化粧はしています。
アクアマリンの原石は綺麗なものが多く、
そのまま使えるものが少なくありません。
カットなどの加工された宝石は綺麗ですが、
自然の美しさも魅力があります。
何より大きくて価格を抑えることができます。
これは選ばれる方の好みですので。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq033
DSC_0012

DSC_0002

これからの季節にぴったりのアクセサリーです。
純銀で枠を作っていますので、
ずっと身につけて頂けます。
4カラットの大きさがあるので、存在感があります。
シンプルなデザインですので、
服装を選びません。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq053
DSC_0007

DSC_0004

綺麗なアクアマリンのカットストーンを
蕾の中心に置き、
これから開いていく花をイメージしました。
アクアマリンらしい、綺麗なライトブルーです。
天然石の自然な美しさを楽しんでいただければと思います。
可愛いサイズのアクセサリーですが、
2カラットのアクアマリンの価格としてはとてもお買い得です。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq049
DSC_010

DSC_0008

リングの部分を入れても17mmと、
とてもかわいいアクアマリンのペンダントトップです。
アクアマリンの中に”雲”が棚引いています。
これがこのアクアマリンの特徴であり、
とても面白いところだと思い、アクセサリーにしました。
磨いてしまうと味が無くなるように思えたので、
あえて原石のままです。
原石アクセサリーとして迎え入れていいただければと思います。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq050
DSC_0010

DSC_0015

2カラットのアクアマリンのアクセサリーです。
淡いブルーのアクアマリン一粒。
周りを純銀の枠でシンプルに作りました。
一生使えます。
銀のお手入れは簡単です。
重曹に水を加え歯磨粉ぐらいの柔らかさにして、
ナイロン歯ブラシで優しく磨いてあげれば綺麗になります。
枠も石も傷つけないので安心です。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq052
DSC_0021

DSC_0026

このアクセサリーはちょっと珍しいと思います。
アクアマリンをこのように長いカットにしているのは、
あまり見かけない気がします。
色もきれいなスカイブルーです。
ほとんどの場面で使えます。
一生ものです。
価格もお買い得価格に。
銀のキャップはちょっとレトロ調に。
アクアマリンが好きな方、
誕生石の方にはぴったりです。
プレゼントされても喜ばれますよ。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq007

DSC_00031

アクアマリン、ペリドット、シトリン、アイオライト。
4つの天然石を嵌めた猫の手のアクセサリーです。
一つ一つがジュエリーに使えるものです。
本来ならこの価格で紹介できるものではないのですが、
自分の思ったようにできなかったので超破格値で出しています。
綺麗なアクセサリーが欲しい方。
猫好きな方に。
価格など詳しくは→猫の手のペンダントトップac001
DSC_09

DSC_0005

胸元に涼しげなアクアマリンのアクセサリー。
二つが連なったアクアマリンはそこそこ見かけますが、
原石そのままでアクセサリーにできる綺麗なものは珍しいです。
自然の造形による綺麗なデザインです。
世界にたった一つのアクアマリンを嵌めたペンダントトップ。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq041
DSC_0037


6375e3cb-s

少し淡いアクアマリンですが、
自然に入った切子模様がとてもきれいで、
原石とは思えない美しさです。
七宝を施した純銀製の枠で囲っているので、
まるでカットストーンのようです。
二つとないアクセサリーです。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq042
DSC_00151

このページのトップヘ