京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

タグ:お守り

DSC_0351


可愛いサイズの水晶ですが、

だからこそダイヤモンドクォーツと呼ばれるのにふさわしいと思います。

原石そのままですが表面の傷も少なく、

綺麗な水晶です。

インクルージョンがありますが、いいアクセントになっています。

純銀製のプレートに水色の七宝を施しました。

そのままでも良かったのですが、

アクセサリーっぽく見えながらお守りとしてもいいかなと考えました。


興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0344
ヒマラヤ水晶dc225
水晶の成長の痕が残っていてそれが模様のように見えるもので、

同じ様に水晶の成長の痕跡が分かるものに、

水晶同士がくっ付いていたものが外れて段になっているゲイトウェイもそうです。

水晶の年輪みたいなものですね。

幻影水晶の特徴のことをファントムとも呼ばれます。


この水晶のファントムは見る方向により形が違って見えるのです。

光の屈折により現れる部分があるのかな。

動画も撮りましたが、

そこまでは写っていないようですね。

今回の作品の全てに七宝を施しています。

あまり複雑な形はデザイン的にどうかなと思い今回はシンプルな感じにしました。

お守りにアクセサリーの要素を加えることでより親しみを持ってもらえるかなと思って。

好みの問題ですが、同じものが2つとない作品なので、

楽しいのではと。

このキャップのデザインは丸は完全を、雫型は天からの光の雫をイメージ。

守られるというより、自ら手に入れることを願って付けました。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



DSC_0756
ヒマラヤ水晶dc222

この水晶もなかなかのボリュームがあります。

なので純銀のプレートも大きなものになったので、

七宝と蔦のデザインを入れてみました。
DSC_0324

七宝はちょっと控えめに、

幸運の果実をイメージ。

そういうものがあるのかどうかはわかりませんが、

少しでも背中を押す手助けができればいいなと思って付けました。

七宝は高温での焼き付けになるので、

純銀でないと不純物が黒くなり、

きれいにする工程が増えるので、

純銀は綺麗なだけでなく、効率もいいです。

元々お守りの意味も意識して純銀にしているのですが。

水晶自体がパワーストーンなので、

先の見えない世の中を突き進んでいく助けとして、

お守りとして身につけて頂ければと思います。

短いですが全体像が分かる動画を作りました


興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。






DSC_0330

ヒマラヤ水晶dc223

ちょっと大きめの存在感のある水晶に、

純銀製のプレートを付けました。

そのプレートに光が降るイメージで、

オレンジ、青、グリーンの七宝を施しました。

DSC_0333
後ろから見るとこういう感じです。

動くとこういう感じに。


お守りを意識したアクセサリーなので、

あまり加工はしない方がいいと思い水晶は原石のままで手を加えていませんが、

裏側が寂しかったので七宝を施してみました。

同じものは2つとないので、

これはこれでありかなと思っています。

少しでも身近に感じて頂ければ嬉しいです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

wd004

この水晶の先端にあるひし形のマーク。

これはウィンドウと呼ばれ、

自分の内面を見ることのできる窓と言われています。

綺麗なひし形で、可愛い水晶にぴったりのサイズです。

お守りは信じるも信じないも本人の心次第です。

そしてお守りは見守ってくれるだけです。

お守りが何かをしてくれることはありません。

けれど、いつも一緒にいてくれる存在でもあります。

なので、一緒に末永くそばに居られるようにシルバー950製のキャップにして、

アクセサリーの形にしています。

世界的なパワースポットであるヒマラヤ山脈からやって来たパワーストーンである水晶です。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。





dc211
(ヒマラヤ水晶dc211)

ヒマラヤ水晶の原石でねむの木では少数派の柱状水晶です。

普通先端は6面ですが、

この水晶はぱっと見は3面です。

よく見ると、

ちっちゃな面が3つの面の間に見えます。
(写真ではわかりませんが)


純銀で作ったキャップは、

キャップというより編み笠のような形となりました。

キャップもデコボコした感じに作っています。

というのも水晶の形に合わせているので。

原石には何も手を加えていないので、

デコボコした部分もある為です。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc217
(ヒマラヤ水晶dc217)
粒タイプの水晶はとても変わった形をしたものが多いのですが、

これはなかなかユニークです。

セプターと言ってもいいのかも。

2つの水晶が合体したものですが、

両方とも厚みが普通の水晶に比べとても薄く、

原石そのままの扁平です。

お守りとしてもアクセサリーとしてもかわいいと思います。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。



dc211


ねむの木では少数派の柱状タイプの水晶です。

原石をそのまま使用しているので、

原石に合わせてキャップのデザインを決めています。

キャップは純銀製。

形はできるだけ水晶の見える部分を多くするために前の部分をあけていて、

その為、編み笠をのようなデザインに。

写真ではわかりにくいですが、

水晶に合わせて作るのでゴツゴツとした感じの表面になっています。

原石のお守りアクセサリーなので、

この方が綺麗なデザインよりもしっくりとくるかなと思いました。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

dc212

(ヒマラヤ水晶dc212)

正面に五角形のイシスが座り、

普通の水晶とはちょっと趣の違う水晶です。

純銀のキャップには渦のデザインを施し、

新しい渦を起こすように応援しています。

水晶は元々お守り石として、

現在はパワーストーンとして大切にされています。

それに加え、

世界有数のパワースポットのヒマラヤ山脈の水晶ですので、

身に着けて目標を達成してほしいものです。

この水晶に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

dc204

(ヒマラヤ水晶dc204)
表面はとても整った水晶ですが、

内部は空間なのか、

クラックなのかインクルージョンなのか。

よくわかりません。

この水晶はお守りとしてもアクセサリーにしても、

とても綺麗な水晶だということです。

アクセントにかわいい水晶をくっつけています。

これは自然にくっ付いているので、

人が付けたものではありませんので、

外れるのか外れないのか、

いつどうなるかわかりません。

なのでそれが魅力でもあります。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

このページのトップヘ