DSC_0738

お守り水晶のキャップなどにちょっとアクセントをつけています。

最近レジンが簡単にでき、とてもカラフルなものを作ることが出来ます。

しかし、レジンにも欠点があり、傷がつきやすい事。

それはそれで用途に合えばいいのですが、

お守りの場合、身に着けている期間が長いので、

できるだけ傷がつきにくく、

安定した紋がいいと考え、私は七宝を施しています。

と言ってもまだ数回ですが。


七宝は800度以上の高温での作業になるので、

シルバー950などでは含まれる銅が酸化して黒くなってしまいます。

なので、純銀での作成。

水晶の作品が純銀なのはそのつもりだったからです。

もっと七宝を施すつもりだったのですが、

なかなか一筋縄ではいかない部分もあります。

熱を加える前と後で色が変わるものがあるのです。

上の写真は熱を加える前。

この写真は熱を加えた後です。
DSC_0754

ピンクがオレンジに。

空色も少し暗くなりました。

この結果は分かっていたものでいいのですが、

試験しないとイメージと違うことに。

一度施すと取るのが大変です。

作り直す方が楽かも(^_^;)


800度ぐらいの温度では、純銀は収縮しないので助かります。

その代わり、溶かすのに990度必要でこれもなかなかです。

この作品たちはこれから仕上げに入ります。

それがうまくいくといいのですが、

結果はまた報告します。