京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

カテゴリ: アクアマリン

DSC_1033
アクアマリンのペンダントトップaq062


アクアマリンは縦筋状の模様が入っているものがよくあります。

その特徴を残しつつカットして磨きをかけました。


私がカット、磨きを行ったので、

価格に対して石が大きく、透明度が高くきれいですので、

胸元がとても明るくなると思います。


梅雨の時期にアクアマリンはちょっとなぁ、という気分になりますが、

その先の夏にぴったりの宝石です。



少し薄めのひさしが長めの純銀製のキャップを付けました。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

aq060
アクアマリンのペンダントトップaq060


3カラットのルースのアクアマリンをシルバー950の枠に嵌めています。

アクアマリンの周りをリボンで飾り、

石止めを気泡の形にしています。


アクアマリンは水をつかさどる宝石といわれ、

航海の前に海にアクアマリンを投げ入れ安全を祈ったり、

結婚の時にプレゼントされると幸せな結婚生活が送れるとも言われていたそうです。


新型コロナの影響で今まで通りの生活にはまだまだ戻っていませんが、

人生という航海の安全をこのアクアマリンに願い、

日々一緒に歩いていただければと思います。


純銀に比べシルバー950は経時変化しにくいとは言われていますが、

シルバー950も経時変化は避けられません。


しかし、銀製品は専用のクリーニング液もありますし、

もっと手軽にお手入れすることもできます。


それは重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨いてあげると、

元の光を取り戻すことができます。


傷は消えませんが気になる方は小まめに手入れされればきれいな状態を維持できます。


同じ時間を歩いたあかしでもあり、

銀の経時変化は味がありそれはそれでいいとも思うのですが。

個人の考え方ですね。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0727
猫のアクセサリーaq061
を紹介。

猫は気まぐれで、

すぐにどこかに行ってしまいますが、

この猫はいつまでもそばにいてくれますよ(笑)

アクアマリンを抱いた”高貴な猫”ですので、

必ずや幸せを招きこんでくれることでしょう。



全体像が動画から見て取れると思います。

少し緩和されて外出もできるようになりましたが、

三密を避けるというなかなか難しい宿題は残ったままです。

この猫は三密は関係ないので、

好きなことろに連れて行ってあげてください。

喜んでお供しますから。

興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

子供の頃は雨は本当に嫌でした。

今も以前ほどではないですが、

ちょっと苦手でしょうか。

けれど、梅雨の時期に植物はすごく成長するので、

欠かせない雨ですね。

雨とくればアクアマリン(無理やりやね)。
DSC_0908
アクアマリンのペンダントトップaq060


淡い空色がこれからの季節にぴったりです。

まだまだ不要不急の外出は自粛が続きますが、

少しづつ今までの生活に戻してもいかねばなりません。


自粛疲れという言葉も聞きますので、

3密にならない息抜きも必要です。

散歩はいい気分転換になります。

雨の多い季節になりますが、

そういう時こそ少ない晴れ間を十分に活用していものです。
(洗濯ばかりではなく(笑))

そのお供に気軽に身に着けて頂けると思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0883


今日はとてもいい天気です。

五月晴れですね。

こんな空の色のようなアクアマリンです。
DSC_0879

空の色よりもう少し淡いかな(^_^)

石自体は10㎜程の可愛いサイズです。

シルバー950のリボン調のキャップを付けました。

全体像としては下の動画で分かるかな。

短いですが、雰囲気が伝わればと思います。

なかなか気分の晴れない日々が続きますが、

明るく前向きに過ごしたいものです。

私が原石を削って磨いたので、アクアマリンの大きさに比べお安くできています。

原石っぽさが残る出来上がりがお好きな方やアクアマリンがお好きな方に。


シルバーはどうしても経時変化してしまいますが、

それも味ですし、毎日身に着けているとあまり感じないかも。

お手入れは簡単で、ナイロン歯ブラシに少し湿らせた重曹(お掃除用でも食品用でも)を着けて、

やさしく磨いてあげれば傷もつかず、輝きが戻ります。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。






DSC_0732


今の水はとても澄んでいます。

アクアマリンは名前の通り水のようにきれいな色をした宝石です。

このアクアマリンのアクセサリーも透明感のある淡い水色が特徴です。

外出自粛が広がっていますが、

自宅にいてもおしゃれはできますので、

ちょっとした買い物や散歩は問題ないので、

そんな時に身に着けていただければと思います。

プロの職人さんによる計算されたカットの石とは違い、

私がアクアマリンの原石を、

その形を残して手を入れ磨いた石ですので、

お手頃な価格で日常使いしていただけるものと思っています。


暗い話題が多い今日この頃ですが、

それはそれ、これはこれで、自分の大切な一日を明るく過ごしたいものです。

そのお供になれればうれしいです。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


DSC_0708
アクアマリンのペンダントトップaq060

この災いが終わった後の楽しみを思いつつ、

今は不必要な外出を避け、人にうつされないようにしなければなりません。

外出はできないけれど、家の中でもおしゃれはできますよね。

気分転換も必要です。

家の中でも外出の時にでも使いやすいアクセサリーは持っていてもいいのでは。

気分が滅入っては良い考えは浮かびません。

この作品に限らず、ネットでいろいろなものを見て回るのも楽しいですよ。

そうされている方は多いと思いますが。

一つの気分転換のきっかけになれば。



Minneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品しています。

まだまだ状況は好転する兆しは見えませんが、

多くの方々が頑張って抑え込むようにされているので、

その邪魔だけはしないようにしたいですね。

マスメディアから「日本が一丸となってこの難局を乗り越えよう」というコメントが全く聞こえないと思うのは私だけでしょうか。

不思議だなぁ。


aq063
(アクアマリンのペンダントトップaq063)

写真を撮るのは本当に難しいです。

オートで取ると思った色にならないし、

マニュアルで撮っても何度も撮り直し。

デジタルになって結果がすぐにわかるのはとてもありがたいのですが、

なかなか腕がついて行きません。


このアクアマリンも綺麗な色なのですが、

光量が多すぎると色が飛んでしまい、

少し暗くした方が色がよくわかって綺麗です。

それと、液晶の発色にやはり違いが出ますね。

カメラ、スマホ、PCモニターで違いますね。

ブルーよりも赤色系に差が出るかなぁ。

高級機ならその差は少ないのでしょうか。

発色数が違うのでどれも同じにはならないでしょうね。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


DSC_0010


招き猫をイメージして、

幸せな生活を送ることができると言われるアクアマリンを持たせ、

かわいいだけではなく、

幸運がやって来るようにとの思いも込めたアクセサリーです。

動画も撮ったので載せておきます。

なかなかきれいに撮れたかなとも思うのですが、

全体を綺麗に見せるにはまだまだ光量が足りない感じではあります。

アクアマリンの色を綺麗に出すには光量がこれ以上増えると、

色が飛んでしまう可能性があるのと、

色を考えすぎると暗い映像になってしまいます。

少し薄暗いぐらいが色が綺麗に見えたりします。

今後の課題でもあります。

今回は全体のイメージが分かってもらえればと思います。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木にて販売中です。

DSC_0005


写真では一面しか見えないのですが、

動画にすると写真ではわからなかった部分が見えてきます。

映像では相当なアップになってます。

透明度の高いアクアマリンだというこことはよくわかると思います。

興味のある方はMinneさん内おkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

このページのトップヘ