京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

カテゴリ: 宝石

em001
エメラルドのペンダントトップem001


外出を控えることの多い状況ですが、

マスクや手洗いをおろそかにする横着をせず、

感染予防に気をつけ、

冷静に怖がれば、

行動半径は広げることができると思います。


10月からはGo Toトラベルも東京が入るそうです。

今までのようなはしゃぎ方は当分できないですが、

息抜きや楽しみも必要ですし、

経済も回していかねばなりません。


ちょっとしたお出かけや、

少人数の食事など、

気をつけながら行う時にちょっとしたおしゃれも大切。

そういう時にこのエメラルドはいいのでは。

超一級品の石ではない分お買い得ですし、

なかなかの大きさです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


最近買い物に行っても手の消毒を疎かにされる方が目立ちます。

そういう気の緩みが感染者数に現れているのではと思います。

早く薬やワクチンができてほしいですが、

それまでは感染を広げない努力が必要ではと思います。

冷静に恐れ、感染を広げない努力を心掛けたいですね。




DSC_1086
トパーズのペンダントトップtp002


トパーズもいろいろな色があります。

元々は透明らしいのですが、

取り込まれた鉱物により色が決まるのはほかの宝石と同じですね。

インペリアルトパーズというすごい名前の石もあれば、

とても奇麗なブルーの石もあります。


このトパーズは淡いシェリーカラー。

ピンクとブラウンの中間色的な色合いですが、

石の透明度が高く、

色が分かりにくいです。

若干斜めにすると色が分かりやすいので、

写真のようなアングルに。

動画も撮ったのですが、

最近、動画を貼り付けようとすると拒否されるので、

URLを張っておきます。

興味のある方は見てください。
https://youtu.be/nJTF3r2GQeU


ちょっと値が張るのですが、

石が大きいのと私が磨いた石ではないのでコストが・・・(^_^;)

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

ギャラリーには動画を張り付けてあります。



DSC_1066
アクアマリンのペンダントトップaq064

透明度の高いきれいなアクアマリンの原石を、

私が余分な部分をカットして磨きました。

リボンの枠は純銀製です。

できるだけ大きく原石を生かすため、

必要以上にカットはしていません。

天然石なので、インクルージョンとクラックは全ては消せないので、

アクセントとして使っている部分もあります。

淡いきれいなスカイブルーです。

短いですが全体像が分かる動画を作っています⇒アクアマリンのペンダントトップaq064


興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1037
エメラルドのペンダントトップem001

3.5ctの大きさのエメラルドカットではない、ルースのエメラルドのペンダントトップです。

私が原石を磨いたレベルですので、

気楽に身に着けてお出かけするアクセサリーとしてはとてもお買い得です。

エメラルドの周りはシルバー950製ですので、簡単なお手入れでいつまでも輝きが続きます。

ただし、超音波洗浄機には絶対に入れないでくださいね、壊れます。

エメラルドのほとんどは結晶に亀裂が入っており、

対応処置がなされていますが、強力な洗浄機に入れると壊れる可能性があります。

私も一つ壊してしまいました。

普通のやさしく手洗いする分には問題はありません。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


tp002

(トパーズのペンダントトップtp002)
トパーズは色々な色目があります。

その中で一番基本的な色目がシェリーカラーだそうです。

インペリアルトパーズやブルートパーズなど、

華やかな色目の石に比べると落ち着いたイメージです。

7.8カラットと大きく、

周りをシルバー950のサテン調のリボンデザインの枠で囲いました。

落ち着いた中に華やかさを。

日常使いというよりも、

ちょっとおしゃれな一日のために。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。


gt002

(グリーントルマリンのペンダントトップgt002)

これは本当に細かな結晶の集合体です。

アクセサリーとして身に着けるよりも、

飾っていて眺める方がいいかも。

そう思わせる石です。

確かに、小さな結晶のものはあるのですが、

こんな針の様に細い結晶がそこそこの長さがあり、

集合しているのはあまり知らないですね。
(私が知らないだけかも)

おもしろいアクセサリーだと思います。

興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryにて販売中です。

何も変わらずの生活では、

何も変化がない訳で。

それを改善するために財布を新調する人も多いと聞きます。


財布も大切ですが、

アクセサリーで運が変わるようにされてはいかがでしょう。
st003

(シトリンのペンダントトップst003)

シンプルなデザインで邪魔にならず、日常使いが出来ます。

金運を呼び込むと言われていますので、

お財布もいいですが、

身に着けるもので新しくリフレッシュもいいのでは。

日本名は黄水晶ですが、

黄色というよりゴールドに近い色合いでしょうか。

枠はシルバー950。

貨幣に使われているスターリングシルバーより銀の純度が高いです。

今日ものある方はCreema さん内の京都ねむの木にて販売中です。




gt001


このサイズを宝石と呼んでいいのかとも思います(^_^)

一つ一つは細かな結晶です。

集合体としてのグリーントルマリン。

最近はあまり聞かなくなりましたが、

水が変質しないとか、

健康に良いと言われていました。

その部分は定かではありませんが、

この石は綺麗です。

原石をそのままアクセサリーにしています。

興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木にてグリーントルマリン原石のペンダントトップgt001で販売中です。

DSC_0555


エメラルドカットではない、

丸いルースのエメラルドをシルバー950の枠の嵌めました。

綺麗なグリーンが胸元に映えます。

こういう名の通った宝石は私がごちゃごちゃ書くよりも、

気になっているい方の方がよくご存じだと思います。


純度の高い銀製のものは時間が経つと変色しやすいのですが、

その分きれいにするのも簡単です。

あまり真黒になったものは手ごわいですが、

通常使用でちょっと黄色味を帯びたなと思われたら、

重曹で優しく傷がつかないように磨いてあげれば銀色が戻ります。

家庭用の重曹で十分で、ナイロン歯ブラシで磨けば傷もつきません。

優しくなでるように磨いてあげればOK。

アクセサリーに限らず、銀製品には有効です。

上の写真のアイテムは、

minneさん内のkyoutonemunoki's galleryにてエメラルドのペンダントトップem001で販売中です。

現品限りですので、気になっている方はお早めに。

st004


金色や黄色を身に着けていると金運が上がると言われています。

なので金色の財布を持っている方を見かけます。

中国の思想のようですが、

信じることにより達成できることもあるので、

否定することはできないですね。

ならば、金色のシトリンのアクセサリーもいいのでは。

昔から大切にされてきたようですよ。

元々黄水晶と日本では呼ばれています。

この石は黄色というより金色に近い気がします。

綺麗な石ですので、

アクセサリーとして存在感があります。

プラス金運が上がるのならなおいいと思います。

信じる心とそれに向けた行動が目標達成に一番近いですからね。

興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に手販売中です。

覗いてみてください。


このページのトップヘ