京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

カテゴリ: 天然石

qz021

色が綺麗で、形の整ったクンツァイトの原石を少しだけ磨いて、
アクセサリーにしました。
形は変わらず、ちょっとだけつやを出しました。
枠は純銀製です。
裏側を大きく開けたら、
そちらっもきれいなので、
DSC_0020

どちらを前に持ってきてもOKになりました。
興味のある方は→クンツァイトのペンダントトップqz021

他にもいろんな作品がございます。
興味のある方は→京都洛北*ショップねむの木

京都洛北*ショップねむの木では1月31日まで、
新春キャンペーンを行っております。
ホームページの作品が表示価格よりとてもお買い得になります。
興味のある方は→新春キャンペーン!!

KIMG1948

スマホの写真ですが、
アクアマリンの色がこちらの方が自然な感じに出ています。
銀製の枠の色はちょっと黄色っぽく出ているのは光の加減でしょうか。
人の目とスマホ、デジカメで若干色の違いが出るようです。
KIMG1949

アクアマリンの色は肉眼ではこの写真のような水色です。
原石の時の色と磨いた時では、
透明度が高くなる磨きが入った方が色が薄く感じます。
水の中などに入れると色がはっきりとします。
アクアマリンは月の神ディアナの石と言われ、
幸せになれるとも言われています。
アクセサリーとして、
お守りとして身につけて頂きたいです。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq033
KIMG1950

KIMG1935

トパーズのイメージは村上龍の小説かな。
内容は、・・・忘れました。
古い。
映画にもなりましたが。
ブルートパーズやインペリアルトパーズが有名ですが、
宝石を構成している構造に2種類あって、
退色しやすい構造とそうでない構造があると。
ブルーは退色しやすい構造だと。
なので、直射日光や強い蛍光灯の元で長く着用しないようにと。

このトパーズは、色目から退色しにくいトパーズに分類されています。
だからか、
宝石としては退色しにくい系の淡褐色が上質と言われているらしいです。

このアクセサリーは枠は純銀で作っています。
詳しくは→トパーズのペンダントトップtp001
KIMG1937


京都洛北ショップねむの木は
インターネットでのみ作品の販売を行い、
コストカットでお買い得価格に

京都洛北*ショップねむの木
PayPal使えます

minneサイト:KYOTONEMUNOKI’S GALLARY

Creemaサイト:京都ねむの木

DSC_003

少しピンクがかった、
淡褐色から淡いブラウン色のトパーズ。
トパーズには、
ブルーからインペリアルトパーズと呼ばれるオレンジ系のものまで、
色がとても豊富な宝石の一つです。
DSC_0011

銀の枠にリボンをあしらった落ち着いたアイテムです。
興味のある方は→トパーズのペンダントトップtp002

DSC_0020

少し色が淡いのですが、
アクアマリンの原石を軽く磨きだけ掛けて、
アクセサリーにしました。
ちょっとのっぽですが、
胸元にかわいいデザインです。
アクアマリンは原石の形のままです。
アクアマリンの特徴である筋がはっきりと。
まるで木の枝が宝石になったようです。
気に入って頂ければとてもお買い得です。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq059
DSC_0026

DSC_0016

カボションカットのエメラルドをペンダントトップにしました。
3.5カラットのパキスタン産のエメラルドです。
形の違うリボンを2種類、
シルバー950で周りに付けました。
枠もシルバー950です。
DSC_0019

可愛いサイズですが、
綺麗なグリーンが魅力的です。
少しインクルージョンが入っていますので、
お買い得価格にしています。
この機会に
エメラルドのペンダントトップem001

DSC_0014

3カラットのオーバルカットのアクアマリンをペンダントトップにしました。
周りをシルバー950で作りました。

石留めをちょっと大きくしましたら、
いくつか予定外のものも。
そのまま残してアクセントとしました。(^_^;)

宝石のアクアマリンとシルバー950の鋳造ですので、
永くお使いいただけます。

お出かけの時やちょっと気分を変えたいときなどに。

銀製ですので、変色しますが、
簡単なお手入れでほぼ元に戻ります。
銀製品は時間経過した分だけ味が出ると言われていますので、
永くご愛用頂ければと思います。

ご希望の方は→アクアマリンのペンダントトップaq060

KIMG1863

DSC_0004

母岩がオレンジっぽい色をしているので、
水晶もオレンジっぽい?
鉄の錆の色でしょうね。
中の細い針のものも若干赤みを帯びていますが、
白っぽいですね。
この母岩で成長する時に周りの赤さびが取り込まれたのか。
これは珍しい、ダイヤモンドクォーツの母岩ですね。
あといくつかダイヤモンドクォーツが付いています。

パワーストーンという言葉は、和製英語だそうです。
それはいいとして、
石に力があるという事なんですよね。
けれど、
石には力はないと言われています。
力があるのは人間で、
その力を引き出すのがパワーストーンと呼ばれる石なのだそうです。
DSC_0006

アクアマリンもパワーストーンです。
石によってパワーが違うのだそうです。
影響を及ぼすところが違うというのがいいのかな。
パワーストーンとはまやかしなのかというとそうとも言い切れないそうです。
なぜなら、人に影響を及ぼすという事に関して科学的に証明できると。
人やパワーストーンは独自の波動を持っていて、
その波動が人に影響を及ぼしのだと。
人が信じるという行為によって、
それを受け入れることができ、
眠っている力を発揮できるようにすることができるのだと。
DSC_0001

水晶はパワーストーンの代表です。
古来から特別な力があると言われてきました。
それは信じた人たちのみが得られた力だったのでは。
とりとめのない文章になりましたが、
自分の眠っている力を発揮させる道具として、
パワーストーンと呼ばれる特別な石があるのだという事がわかっていただければいいかなと。
それと石を選ぶのは直観だそうです。
当然効能からでもいいのですが、
その石を好きにならないと、能力が発揮できないそうですので。



KIMG1564

このくすんだグリーンは何が付いたものなのか分かりません。
初めは誰かがスプレーでも吹きかけたのかと思いました。(^_^;)
これは天然にこうなったようで、
他にもこういう状態のものが見つかりました。
緑泥かなぁ。
そして、水晶の表面と融合しているようです。
一部壊れたところを見るとそう感じます。
水晶とはいろいろなものを取り込んでいますが、
これを見ても、
簡単に融合するんだなぁと感じました。

このページのトップヘ