京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

カテゴリ: アクセサリー

em001
エメラルドのペンダントトップem001


外出を控えることの多い状況ですが、

マスクや手洗いをおろそかにする横着をせず、

感染予防に気をつけ、

冷静に怖がれば、

行動半径は広げることができると思います。


10月からはGo Toトラベルも東京が入るそうです。

今までのようなはしゃぎ方は当分できないですが、

息抜きや楽しみも必要ですし、

経済も回していかねばなりません。


ちょっとしたお出かけや、

少人数の食事など、

気をつけながら行う時にちょっとしたおしゃれも大切。

そういう時にこのエメラルドはいいのでは。

超一級品の石ではない分お買い得ですし、

なかなかの大きさです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


最近買い物に行っても手の消毒を疎かにされる方が目立ちます。

そういう気の緩みが感染者数に現れているのではと思います。

早く薬やワクチンができてほしいですが、

それまでは感染を広げない努力が必要ではと思います。

冷静に恐れ、感染を広げない努力を心掛けたいですね。




DSC_0009
猫の手アクセサリーpd014


猫の人気にあやかろうとしたわけではないのですよ(汗!)

我が家にも猫がいるので、

そのモチーフの一つとして作成しました。
DSC_0891

猫の場合手ではなく足ですが、

招き猫の御利益も兼ねて猫の手としました。

ペリドットがユラユラしていますが、

決して猫のおもちゃをイメージしたわけではありません(汗)


ペリドットは太陽の石と呼ばれているそうで、

前向きな人に向いている石だそうです。

猫はマイペースですが、

マイナス思考ではないのでペリドットとの相性はいいと思います。

あまり積極的とはいいがたい部分もありますが(笑)


素材はシルバー950.

チェーンはおまけで金属製ですが、

それ以外はシルバー950で作っています。

鋳造ですが現物のみです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0879
アクアマリンのペンダントトップaq063

ちょっととがったアクアマリンの原石をちょっとだけカットして磨きました。

純銀製のキャップに嵌めています。


暑さが続いています。

京都では何日雨が降っていないかなぁ。

連日の猛暑日で体力を奪われていますね。

こういう時は心だけでも平穏を保たないと。


アクセサリーで心を落ち着かせてもらえればうれしいです。

特に天然石の宝石にはカットされ磨かれていても自然の力を感じます。

表情があるというのでしょうか。

特に京都ねむの木の作品の大半は原石か加工度の低いものですので、

より自然を感じられるのでは。

この作品もきれいなライトブルーが涼しさを演出します。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1076
アクアマリンのペンダントトップaq065


私がアクアマリンの原石をカットして磨きました。

できるだけ原石の形を残しながらきれいな石にすることに努力しました。

天然石ですので、インクルージョンやクラックがありますが、

気にならない程度のものです。

私が加工したのでとてもお買い得になっていると思います。

暑い時期で外出にも気を遣わねばなりませんが、

少しでも気持ちを前向きに、

生活に潤いを持っていただく一助になればと思っています。



この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


今日も暑い一日です。

雷がゴロゴロ鳴っていたので、

夕立が来るかと思いましたが、

どうもわが地域ではなさそうです。

夕立は普通の雨とは違い本当に局地的に降るので、

道一本隔てて土砂降りと雨なしに分かれたりします。

夜も気温が下がりませんので、

体調を崩さないようにお気を付けください。

DSC_1089
トパーズのペンダントトップtp001


宝石としては大きなサイズですが、

ペンダントトップとしては可愛いサイズです。

ダイヤモンドは可愛すぎるサイズのアクセサリーになってしまいますが、

最近は色石の宝石の価格がお手頃になっているようですので、

気軽に身に着けて頂ければと思います。



やっと埋め込み方が分かりましたので動画を貼り付けておきます。

明るさのバランスがちょっと悪いのですが、

全体の雰囲気が分かると思います。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0583
ラピスラズリのペンダントトップra014


昨日の作品はきれいだけれどちょっと重かったのですが、

この作品は女性にもいいと思います。

ラピスは単色ではなく、いろいろな色の集合体です。

ウルトラマリン単色は顔料としては秀逸ですが、

アクセサリーとしては複雑に絡み合ったモザイク模様と星がとても素敵です。

星の輝きによる表情の変化がとても気に入っています。

動画も撮ったのですが、またまたはじかれてしまったので、

URLを書いておきますので興味のある方は見てみてください。

https://youtu.be/5X6FnVeQyuQ


ラピスラズリを囲む枠はシルバー950。

シルバー950の方が若干純銀よりも硬いので採用しました。

この作品は季節を問わず身に着けて頂けると思うので、

お出かけの際のお供としてあげてください。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_0585

ラピスラズリのペンダントトップra011


22gあるので、女性には重いかも。

男性なら大丈夫では。

分割も考えたのですが、

この色合いがとても素敵なのでこのままとしました。


ラピスは鉱物の複合体なので、削ればどんな色が出てくるのかわからないのです。

なので、気に入ったところにはできだけ手を入れずに、

必要最低限にだけしました。

バッグに付けるのもかわいいですが、

柔らかい石なので傷がつきやすいのが玉に瑕。


短いですが全体を分かるように動画を作ったのですが、

貼り付けられないようなので、

URLを書いておきます。

興味のある方はチェックしてみてください ⇒ https://youtu.be/OdUydEcPeRI

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1064
クンツァイトのペンダントトップqz029


宝石といえど、原石をそのまま使えるものは数少なく、

何らかの加工をする必要があります。


気軽に身に着けて頂きたいと考えているので、

できるだけ加工する部分を少なくし、

原石の雰囲気も残したいとの思いもあるので、

奇麗にカットされたルースとは違った雰囲気があると思います。


特にクンツァイトは見る方向で色が変わるので、

正面を選ぶのがとても大変です。

この石も下から見る方が色が濃いという厄介な石です(笑)
DSC_1067

写真ではわかりにくいところが多いので、

少し暗くなりましたが動画も作っています。



興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

DSC_0583
ラピス・ラズリのペンダントトップra014

ウルトラマリンを含むいろいろな色調が複雑に絡み合ったとても奇麗な石です。

ラピスもいろいろな色調のものがあるのですが、

この石は明るい色に分類されると思います。

身に着けるとシルバー950と相まって明るい印象を与えることでしょう。


梅雨で鬱陶しい時期ですが、

もう少しすれば光の夏がやってきます。

その時の為に今からの準備が楽しくもあり、

ワクワクします。


私が原石から切り出し、カットして磨いているので、

とてもお買い得価格にしています。

シルバー950は経時変化が純銀よりもしにくいといわれていますが、

それでも変化はします。


対処法は、色が気になればクリーニングを行えばほぼ輝きを取り戻せます。

特に重曹できれいになるので、小まめにお手入れされればいつもきれいなままです。

クリーニングされるときには、ナイロン歯ブラシでやさしく傷つけないように磨いてください。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

DSC_1037
エメラルドのペンダントトップem001

3.5ctの大きさのエメラルドカットではない、ルースのエメラルドのペンダントトップです。

私が原石を磨いたレベルですので、

気楽に身に着けてお出かけするアクセサリーとしてはとてもお買い得です。

エメラルドの周りはシルバー950製ですので、簡単なお手入れでいつまでも輝きが続きます。

ただし、超音波洗浄機には絶対に入れないでくださいね、壊れます。

エメラルドのほとんどは結晶に亀裂が入っており、

対応処置がなされていますが、強力な洗浄機に入れると壊れる可能性があります。

私も一つ壊してしまいました。

普通のやさしく手洗いする分には問題はありません。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


このページのトップヘ