京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2021年02月

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6386195

リスクのないワクチンはないですよ。
皆さん、分かっておられることでしょう。
けれど、接種することでそれ以上の安全安心を確保できる可能性が十分に高いから、
ワクチン接種をするのではないでしょうか。

この記事のコメントで数年後に副反応が出たらどうするのか、
というのがあってそういう心配をされている方がいるのかと思いました。
それは一つの見識として今後注意して見ていかないといけないと思いましたね。

日本は副反応が問題だと騒がれて全国一斉のワクチン接種がなくなった国です。
それで問題がなければいいのですが、
先進国では珍しいと言われていますね。
子宮頸がんワクチン接種も現在止まっていて、
WHOからなぜワクチン接種を行わないのかと詰問されているとか。

副反応の事案がテレビで特集されていたものも見ました。
あれを見せられると怖いですよね。
子宮頚がんでなくなっている方が年間数千人おれれるそうです。
そういう方を出さないためにも厚生労働省はちゃんと情報発信するべきだと思いますね。
リスクと効果の判断材料を。
そういう事に消極的だから今回のワクチン接種にも不安が付きまとうのではないでしょうか。

今回のワクチン接種を打つ打たないは個人の自由です。
不安があるのなら打つ必要はないと思います。
特に若い方は日本ではなくなっている方がいないので、
そういう判断になるのも当然かもしれません。

なんの手立てもなく新型コロナの蔓延を非常事態宣言のような規制で乗り越えようとすると国が立ち行かなくなるので、
ワクチン接種というリスクを効果と比較して国が責任をもって行うと決めたので、
ちゃんと情報提供とリスクは透明に開示してもらわないといけないですね。

先にもありましたが、
ワクチン認可は長いスパンで検証していると。
あとからの副反応が心配だと。
そういう面もあるのだと思いますが、
ワクチンの認可が下りるのに5年とか10年かけているのは、
本当に必要なことなのでしょうか。
不必要な時間をかけさせていないでしょうか。
ワクチン行政の対する疑問を私は持っています。
治験者がいないというのもあるのかもしれませんし。
先例を変えないのがお役所仕事の鉄則ですから。

最初にも書きましたがワクチンはいわば体内に”毒”を入れて、
それに対抗させるわけですから、
問題が出ることもあるかもしれません。
それが自分や知人だったら嫌だというのは当然です。
だから打たない。
それはそれでちゃんと認められるべきだし、
そうなっているので問題はないはずです。

インフルエンザも以前は猛威を振るっていました。
それが鎮まるまでどれだけの犠牲を出したことか。
そのためお金をかけてワクチンを打つ方多いと思います。
インフルエンザワクチンは有料ですから。
そして毎年打たなければ効果なくなりますから。
それでも年間1000万人が罹り、1週間近く仕事を休まねばなりません。
死者も少なからず出ています。

今回の新型コロナは罹ると最低でも2週間以上仕事に出られません。
1か月は外に出られないことも覚悟しないと。
経済的に、仕事上耐えられるでしょうか。
そして後遺症がインフルエンザ以上に出ているようです。
ワクチン接種では完全に予防はできないそうですが、
症状は軽くなるという報告もあるようです。

若い方や基礎疾患のない方はあえて副反応のリスクを負う必要はないかもしれませんが、
今迄に近い生活を送るためには、
ワクチン接種が一つの選択肢ですし、
世界で億を超える人たちが接種し、これからも増えていくので、
その情報も参考にされればと思います。

ただ、5年、10年単位の状況はすぐには分かりませんが、
スーパーコンピューターによるシュミレーションは出てくるのではないでしょうか。

ネットなどで予言している方がいますが、
今後接種が始まると、
視聴率欲しさに副反応を大々的に取り上げるマスコミが出てくると。
そういう事には冷静に対処したいですね。
本当に騒ぎそうです(笑)
61797019

(Yahoo!検索画像からお借りしました)

私は時間が立てば以前の生活に戻れると信じていますが、
そのためにはこの新型コロナが一般の流行性の病気にならないとダメだと思っています。
それも出来るだけ早く。
出来れば今年中に。
でなければ違う不幸がやってきそうな気がするので。

しかしあの注射の打ち方。
チクッじゃないですよね。
ブスッ!という感じですもんね。
私はあれだけで副反応が起こると思います(涙)





DSC_0672
アクアマリンのペンダントトップaq067

このアクアマリンは自然なスカイブルーで、
原石から私が加工しました。
なので、
このアクアマリンの特徴である表面をできるだけ残すようにしました。
DSC_0525

木の皮のようにきれいな筋が現れていたのでそれを残したかったのです。

宝石の場合、
原石の時はg表示なのですが、
加工されたものはカラット表示が標準だそうです。
私が加工したので一応カラット表示なので、
7カラットのアクアマリンになります。

原石に毛が生えたような加工なので、
原石アクセサリーがお気に入りの方にもいいのでは。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0666
ゴシュナイトのペンダントトップaq066

アクアマリンはベリル(緑柱石)という宝石類のスカイブルーのものを言います。
このアクセサリーの石もベリルでアクアマリンだと思っていたのですが、
あまりにも色が薄いので、
アクアマリンと言っていいのかどうか迷いましたが、
ベリルの透明な石はゴシュナイトという名前があるので、
ゴシュナイトとしました。
ふと本当に淡いスカイブルーのように見える瞬間もあるにはあるのですが、
光の屈折の影響もありそうなので。

エメラルドもベリルの緑色のものを言います。
というようにベリルには6つの色分けがあり、
それぞれに宝石名が付いています。
エメラルドとアクアマリン以外の名前は微妙に違っていたりします。
やはり認知度が低かったり、
希少なためベリルとは思われていなかったとかあるようです。
ゴシュナイトも無色なのにファイヤー・ベリルとも呼ばれます。
赤色のものはレッド・ベリルと呼ばれたり、
ビクスバイトと呼ばれたりしています。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6385880

NASAが今回火星に着陸したパーサビアランスが送ってきた映像と音を公開しましたね。
早い対応ですね。


記事からは音と映像は見ることが出来なかったのですが、
今朝、NHKが動画と音を流してくれました。
動画は中々迫力があってすごいな、と思いましたが、
音に関しては”?”という感じで、
正直感動なかったですね。

しかし、ほかの惑星の音が初めて録音されたわけで、
これは科学的な価値どうこうより、
世紀の録音ですよね。

今後火星探査は月探査と同じように加速されていくことでしょう。
民間ロケットが商業化できてきたので、
年間発射回数がどんどん増えてくるでしょう。
そうなれば打ち上げ価格も下がり、打ち上げ能力も上がってくるので、
宇宙ステーションもどんどん地球から離れたところに置かれるのではないでしょうか。

想像がどんどん膨らみますが、
今回の探査車が生命の痕跡を発見できるのかどうかも楽しみですね。
edlpercymars_1280x960
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0513
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc293

ブラックライトの光なのでうまく写真撮れませんが、
光っていることはよくわかると思います。
インクルージョンに含まれているんでしょうか。

DSC_0862

透明度が高く奇麗な水晶です。
表面はなかなかユニークですが(笑)
原石のまま、水晶には手を加えていないので。
金具の横に小さな水晶があるのですが、
珍しく輪郭がはっきりしています。
多くの水晶は同一化しているのですが。
この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。





DSC_0835
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc292

ダイヤモンドの原石に比べとてのきれいな原石なので、
こちらをダイヤモンドと間違える人がほとんどだと言われています。
確かにダイヤモンドの原石は原石のままでは輝きはないですからねw
DSC_0843

結晶形が奇麗で整っている原石水晶です。
キャップは純銀製で、
星をイメージしたデザインを施しています。
水晶は地球で成長したものですが、
星の寿命と同じように長く形を保ちます。
この形もいつできたのか。
ヒマラヤ造山時代からかもしれませんね。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

特徴的な水晶をアクセサリーにしています。
お守り石としても身に着けやすいものを選んでいます。
使っている金属はシルバー950と純銀です。
奇麗なものやユニークなものを選んでいます。






https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210221-00223746/

マスゴミと言われる所以でしょうか。
記事内にもありますが、
ワクチン接種後に亡くなった方が1170人(アメリカにおいて)。
けれど、ワクチン接種が直接的な原因とは言われていないのに、
まるでワクチン接種でなくなったようにミスリードしたいんですね。

日本の厚生労働省も悪いんですが。
というのも、
現在新型コロナに感染していた方が亡くなったら、
全て新型コロナによる死亡として報告するように要請しています。
当然新型コロナが原因でなくなった方も多いと思いますが、
直接の死因は違う可能性もあります。
特に高齢者は。
そういう冷静な分析をせずに一纏めにしていることが問題なのです。

日本は昨年に比べ亡くなった方が減っているという事実をあまり報道しませんよね。
アメリカなどは新型コロナの影響で死者数が増えているのにです。
高齢者の方が昨年に比べ亡くなられた方が増えているのか、
それとも減っているのか。
そういう分析をしないし、そういう話も無視しているようですね。

最近、気の緩んでいる方をよく見かけるので、
厚生労働省は引き締めたいという意識も働いているのでしょうか。
出来るだけ恐怖をあおる方針なのでしょうか。

テレビに出ているタレントなどは、
新型コロナの後、どういう世界になるのかとか、
さも違う生活になるのではないかと恐怖を”煽って”いる方を見かけますが、
スペイン風邪で全世界で死者があふれた後どうなりましたか。
日本も相当な被害を受けましたが。
今までの生活と何ら変わらなくなりましたよね。

確かに、ワクチン接種したからってすぐに元の生活とはいかないでしょうけど、
少しすればインフルエンザと同じようにワクチン接種が普通に季節行事となり、
今までとはそう変わらない生活が戻って来ると私は判断しています。
マスゴミはその頃には煽っていたことを忘れて、
また違うことを煽って情弱の方の恐怖心を煽っているのでは(笑)
61800311
(Yahoo!検索画像からお借りしました)



DSC_0829
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc291

柱状水晶でもなかなかここまで透明度の高い水晶は珍しいのでは。
パキスタン産水晶らしくちょっと扁平です。
これぐらいの扁平はほかの地域でもありそうです。
DSC_0826

キャップの表側に星を。
裏側に風をイメージしたデザインを描いています。
DSC_0827

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。



https://news.yahoo.co.jp/pickup/6385554

オリンピックは政治的中立と一応宣言されているので、
政治家、特に政党に所属している議員が会長でいいのかというのは、
会長を選定する段階で分かっているのでは。
それでもかまわないということで決めたのでは。

野党が騒ぐのもどうかなと思うのですが、
橋本会長もとどまれると思っていたのでしょうか。
橋本氏に会長就任依頼した時にそういう条件を出さなかったのかなぁ。

ここ数年、日本のスポーツ界はいろいろな問題が噴出していましたよね。
結局どうなったのかマスコミが続報を出さないのでウヤムヤですが、
何も変わっていないのでは。
その流れでこの問題もグダグダになったのでは。

私は森前会長は好きではなかったですが、
今回の発言はマスコミのミスリードというか、
トラップでしょう。
問題とは考えていないことが問題としてこの期に及んで出てきたので、
組織委員会の方々は浮足立ったのでは。
でなければ政治家を選ばないでしょう。
政治の力がなければどうにもならない状況なのかもしれませんね。

まあ、橋本会長は受けた以上議員もやめて会長職に専念すべきでしょうね。
でなければ東京五輪中止派のいいターゲットですよ。
ここまで来て開催しないということはあり得ないと私は思っていますが、
そうでない方がそこそこ居られるようなので。
00-1-1
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0821
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc290

一か所は水晶が外れた痕のようですが、
それを差し引いてもとても一つの水晶の形とは思えないです。
水晶が大きくなればそういう事もあるでしょうけれど、
このサイズでこの形はとても興味深いです。
DSC_0841

この水晶には何も手を加えていないので、
成長する時にこういう形になったのは、
周りに邪魔ものがあったからなのかなと思っていますが、
それにしてはとても奇麗な面ばかりなのでそうでもないのかとも(笑)
でき方がどうであれ、
とても魅力的な形をしています。

その水晶に純銀プレートを付け、
そこに風のデザインを施しました。
お守りとして身に付けて頂けると嬉しいです。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。




このページのトップヘ