京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2020年08月

dc222
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc222

少し大きめのダイヤモンドクォーツです。

水晶のイメージとすれば柱状が思い浮かぶと思いますが、

こういう粒タイプの水晶もあるんですよ。


この水晶は両錐が奇麗にあり、

エレスチャルの構造もない、

私の持っている粒タイプの水晶ではとても表面が奇麗なものの一つです。

凸凹している水晶もとてもかわいいのですが(笑)


純銀のプレートに蔦と空想の実を描きました。

実は七宝です。
DSC_0754
写真の左上のものがこのアクセサリーになります。



正面ど真ん中にへこみがあるのですが、

欠けたというより水晶か何かが外れた痕のようです。

ゲイトウェイと言えるかどうか微妙ですが。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

原石のままで、水晶には手を加えていません。

お守り石と考えているので、

せっかくヒマラヤ山脈で成長したものを無理に壊す必要はないと思うので。

途中でできたかもしれない傷も、

この水晶の歴史ですので。






https://news.yahoo.co.jp/articles/10bbf5013f914a77242b0189487308f6c2415030

アオバアリガタハネカクシという昆虫が原因だそうで、
yakedomushi_im001
(Yahoo!検索画像からお借りしました)
見たことあるような感じですが、

6~7mmぐらいの大きさで、

体液に毒があって、

人の皮膚に体液が付くとやけどをしたような跡ができ、

痛みがあるそうです。

なので「やけど虫」と呼ばれているそうです。


柔らかそうな身体なので、

簡単につぶしてしまいそうですが、

それが原因で痛い目に合うのはごめんですね。


知らずにつぶしてしまうことがほとんどのようで、

痛みが出てから、

どうして痛みがあるのかわからない場合がほとんどだとか。

無意識につぶしているのでわからないですよね。


田んぼなどに多いようなので、

昆虫採集に夢中になっていて被害にあうことも。

ありがたいことに過去に私は被害にあったことないです。


子供の頃、

遊びはほとんど屋外だった私にとって、

こういう毒虫がいたことは初耳で驚いています。

ガキ大将がいたのならそういうことも教えてくれたんでしょうけれど、

私の頃には同年代と遊ぶことが多く、

年長者との交流がほとんどなかったので、

経験したことぐらいしか知識がなかったんですね。

今のお子さんはどうなんでしょうね。

あまり外で遊ばないかな(笑)


https://news.yahoo.co.jp/articles/d2a03adda1751acd8cfc163a99d72345b25e145e

半年ほど前に急に暗くなり、超新星爆発直前かと話題のなりましたが、

その後復活し、

どうもペテルギウスから一部が噴出し、

それが冷えて雲となりそれが光を遮ったのではと言われていました。


今回もそういう現象によるものなのか、

それとも違う要因によるものなのか、

全くわからないようです。


オリオン座の一等星が消えるのは困るのですが、

元々変光星で、暗くなったり戻ったりしていますから、

心配ないかもしれませんが、

これからがオリオン座の季節ですから、

夜空を見上げて変化を確認するのも楽しいかも。


宇宙の事はまだ全くわかっていないことだらけで、

先日も地球に3500kmまで接近した小惑星があったとか。

直径が1mぐらいのものだったので、

通り過ぎた後に発見したそうなのですが、

いつ、もっと大きな小惑星が地球にあたってくるかもわかりません。

3500kmとは宇宙的な距離感からするとかすっているようなもので、

軌道計算された方は本当に驚かれたと思います。

まあ、小さかったので地球に衝突しても影響は小さかったそうですが。

これからは夜長で夜空が透き通るので星空を眺めるのもいいですよ。
7ba33735a3c48b7cab5631277ac3ae39
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

dc226-1
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc226


初めは取り込まれた水晶なのかと思いましたが、

どうも成長する前の水晶の形のようで、

インクルージョンがそこに集まったために明確になったようです。

インクルージョンが集まることにより、

水晶の透明度が上がったものは意外とあります。

この水晶もそうですね。

とても透明度の高い水晶です。
dc226-2


純銀性のキャップの上が広くあいたので、

紫と赤の七宝を施しました。

アクセサリーとしてのワンポイントの意味と、

お守りとしての邪気を払う色として。

邪気を払う色はいろいろあるようなのですが、

赤色はおめでたい色との捉え方が多いでしょうか。


原石のまま使うのは、

原石がよくよく見るととても奇麗だからです。

ぱっと見は欠けたり傷が付いたりしているように見えるのですが、

よく見るとそれがこの水晶の結晶の形なのだと。

傷ではなくこの水晶の特徴だということがよくあります。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1104ab02d11107df5bb73ad1784a74ab52c9a912

京都府八幡市の話ですが、

一匹の猿だそうですから離れサルで、

オスの可能性が高いので気を付けた方がいいです。


ニホンザルはひっかくことはできないそうですが、

噛みつくらしいので、

かまれる場所によっては怪我をしますから、

近づかない方がいいですし、

目を合わせてもいけません。

サルにとって人間は巨人ですから怖いのは怖いのですが、

逃げる前に威嚇とかするので気を付けないといけません。

私も経験があります(笑)


京都洛北地域も数年前までは相当数のサルが群れで生息していて、

農作物を荒らしたり人にイタズラしたりしていました。

女性や子供だと侮って手に持っているものを奪ったりしました。

あまりに被害が出るので一網打尽にされ、

山奥に連れていかれたと聞いています。


最近はサルの代わりにシカやイノシシが田畑を荒らしています。

野生動物は以前ほど人を怖がらなくなりました。

命を奪われないのを知っているんでしょうね。

銃を持つ方が減っていて高齢化のため、

シカやイノシシが増えているのもあります。


あまり増えると餌に困り、

餓死するシカが出たりするので、

シカにもいいことではないのですが。


適度な捕獲も必要なのですが、

その肉をちゃんと流通させるシステムも作らないと、

かわいそうで、もったいないので。

その点も遅れているようです。
9
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0398
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc230

水晶は透明なのですが、

インクルージョンが黒色系なので黒い水晶に見えます。

そのインクルージョンが水晶の過去の姿(成長痕)を見せてくれます。

ファントムと呼ばれます。

上部には気泡やクラックがあり、

輝いて見えます。


水晶自体は可愛いサイズですが、

とても魅力的な輝きを見せてくれます。

自然の魅力と言ってもいいのかもしれません。



水晶の表面はエレスチャルで凸凹なのですが、

トータルとして調和のとれた水晶です。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6369419

症状がひどくならずに、

早く復帰されることを願います。


タレントの方もコロナにかかっている方増えてきています。

志村けんさんのこともあります。

無理をされずに体調がおかしかったら保健所などに相談された方がいいです。


今回つるのさんはすぐに検査を受けられたとのこと。

その時は陽性反応は出なかったとのこと。

PCR検査は初期の段階では確度が3割と言われていますが、

今回はそれを裏付けましたね。


調子が悪くなってすぐに検査を受けられているので、

陰性でも注意はされていたと思います。

このことからも陰性と出ても体調を見ながら、

万が一を考えて行動されるといいですね。


明日は我が身です。

今回のようにちゃんと経緯を伝えて頂けると、

我々にとってもいい参考になると思います。

マスク、手洗い、3密を避け、

体調が悪い場合、安易な判断はせずにちゃんと診察を受けること。

陰性でも注意を怠らないことですね。


いい教訓を伝えていただけたと思います。

心から早期の回復、復帰を祈念いたします。
62069_thumbnail



IMG_0001_BURST0010018


まあ、クリスタルガラスにインクルージョンは入っていないでしょうけれど、

水晶らしくない感じを私はいい意味で持ちます。


なかなか特徴的な形をしているのですが、

この形でもちゃんとした結晶の形で、

欠けたりして出来たものではないのです。


奇麗な表面をしているわけではないのですが、

統一感のあるある意味きれいな形をしています。

光の当たり方でレインボーが現れたりします。

原石アクセサリーに興味のある方や

お守り石を探しておられる方にいいのではと思っています。


キャップは純銀製です。

身近に置いていただいた年月とともに色の変化も楽しいものだと思っています。

奇麗な方がいいと思われるのなら、

小まめに重曹でやさしく磨いてあげれば輝きは戻りますし、

維持できます。


この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6369300

達成できたのなら素晴らしいことですが、

WHOの発表なので、

本当に信じていいのかちょっと疑問です(笑)


本当にアフリカの地から消え去ったのではなく、

野生種とかワクチンからの変異株とかもたまにあるそうです。

けれど重篤化しなければ他の病気と変わらないので、

素晴らしいことだと思いますね。


日本も長い間、苦しめられましたが、

今は世界に協力できる立場になれたことを誇りに思います。


後はアフガニスタンとパキスタンだそうですが、

ワクチンへの不信感や紛争でなかなか進まないのだとか。

不信感は困ったものですが、

紛争は子供たちのためにもならないので、

早く解決してほしいですね。


アフガニスタンはラピスラズリの産地でもありますので、

早く平穏になりラピスが輸出に貢献できるといいのですが。

平和があってこそのおしゃれでありアクセサリーですからね。
20150827



DSC_0879
アクアマリンのペンダントトップaq063

ちょっととがったアクアマリンの原石をちょっとだけカットして磨きました。

純銀製のキャップに嵌めています。


暑さが続いています。

京都では何日雨が降っていないかなぁ。

連日の猛暑日で体力を奪われていますね。

こういう時は心だけでも平穏を保たないと。


アクセサリーで心を落ち着かせてもらえればうれしいです。

特に天然石の宝石にはカットされ磨かれていても自然の力を感じます。

表情があるというのでしょうか。

特に京都ねむの木の作品の大半は原石か加工度の低いものですので、

より自然を感じられるのでは。

この作品もきれいなライトブルーが涼しさを演出します。


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

このページのトップヘ