京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2020年07月

https://news.yahoo.co.jp/articles/377695fe5b75e7e8635d9361431978c70b92c18c

やっと中国のロケット打ち上げが成功しましたね。

火星探査ですか。

今回は着陸できればいいのかな。

それにしても中国はロケットをたくさん打ち上げていますよね。

いろいろなタイプのロケットを打ち上げているそうです。

なので失敗も多いのだとか。


翻って日本のJAXAは中国の何分の一しか打ち上げていません。

日本のH2Aは40回以上打ち上げていますが、

新しいH3の完成はいつなのでしょうか。

新しいロケットを作るには時間がかかるのは分かるのですが、

それにしても遅い。


自衛隊のF2戦闘機の後継機であるF3にしても完成は10年以上先とのこと。

新しい技術、経験はそう簡単に手に入れることができないのは理解できますが、

遅すぎませんかと。


新しいH3にしてもF3にしても遅れることは必定でしょう。

それで世界と渡り合えるのでしょうか。

新しい技術や経験はノウハウとなり、

今後日本の先端技術立国としての先進性の要だと思うのですが。

ロケットや戦闘機だけでなく、

今後はトータルでの技術力が勝負ですから、

もっと国が力を入れて育成しなければいけないのでは。


中国はその点なりふり構わずといったところですが、

長期ビジョンがあるのだと思います。

正確な誘導技術、ロケット技術があってこそ、

相手に攻撃させない防衛力の強化もできますからね。


100日以上尖閣諸島周辺にやって来て圧力を加えてきている国がすぐそこにあるのですから、

そういう観点からも日本は考えねばならないのでは。

火星は遠いですが、尖閣諸島はすぐそこですから。


宇宙開発が平和利用で世界が一丸になってできるというのは、

はかない夢になりそうですね。

DSC_0531
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc253

特徴的な外観です。

イカ焼きのように押しつぶされたように平たくなっていますが、

これが成長した姿で原石のままです。

下から見るとちゃんと六角柱になっています。


そして2つの水晶が縦に並んだセプターでもあります。

ちょうど真ん中あたりにインクルージョンがあります。

このが上の大きな水晶の起点だったのかも。

そこに小さいほうの水晶がくっついて成長したのかもしれません。


骸晶の影響で表面が凸凹なので、

奇麗に輝くということはないですが、

お守り石手して身に着けて頂くにはいい水晶だと思います。

短いですが全体像が分かる動画を作りました⇒ヒマラヤ水晶dc253


この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366175

何とも言えないですが、

8億年前ですか。

隕石が多量に降り注ぎ、

その総量が4京~5京トンと言いますから、

想像をはるかに超える量ですよね。

地球はすごいことになったのでは。


8億年前に地球の海洋中のリン濃度が4倍に急激に増えた時期があって、

その原因がその隕石群ではないかと。

リンが増えることにより、生物の多様性を促したと。


その砕けた星の残骸が小惑星として今もあるのだそうで、

オイラリアという小惑星がその可能性が高いそうです。

オイラリアは直径が38kmと、

砕ける前の三分の一になっていますが、

どうして砕けたのでしょうね。

他の小惑星と衝突したのかな。


大阪大と東京大のチームが解析したそうですが、

とての地味で根気のいる仕事ですよね。

天文学というと星の美しさが第一印象ですが、

実際は数字と計算とにらめっこがほとんどなんでしょうね。

日本人はそういう作業に向いているのかな。
723
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0528
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc252


松茸水晶とも呼ばれる形なのですが、

残念ながらそうは見えませんが、

王様や法王が持つ笏にトップには似ている気がします。

セプターとはそういう意味だそうです。


インクルージョンとクラックが水晶内部に見られますが、

そのおかげでそこかしこにレインボーが現れます。

なかなか写真とかには写りにくいのですが、

見えるとうれしいです。


興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

水晶は六角柱のものばかりと思っていましたが、

粒タイプの水晶もあることにとても驚きました。


粒タイプの水晶は、

ダイヤモンドの原石かと思うほど輝きを放つものから、

凸凹もいいところ、

これでも水晶の結晶なのかと思わせるほどユニークなものまで、

いろいろなバリエーションを持ちとてもワクワクさせてくれます。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366141

戦争や不況の時に金の値が上がるといわれていますが、

1gが7000円はちょっと行きすぎでしょうね。


資産価値というより投機の対象になっているんでしょうね。

金を採掘するのに1g当たり800円ほどかかると言われています。

地球の中心にはたくさんあるのでしょうけれど、

取り出せないので、

地上に散らばったほんの少しの金を寄せ集めているというのが現じょゆでしょうか。


今回の金”暴騰”は少しすれば収まるのではないでしょうか。

プラチナが一時安かったんですよね。

だいぶ値を戻しましたが。

それでも一時は金よりも高かったのですが、

今では金の半分ほどの値段ですね。


私がアクセサリーを作るのに使う銀ですが、

一時は値を下げ、

そのために手に入らなくなりました。

業者が割に合わないと売りに出さなかったのでしょうね。

最近は値を戻していますが、

品薄状態のようです。

金につられているのでは。


素材の値段が上がるのもなかなか困りごとですが、

手に入らないのはより困りますね。

在庫は少しはあるので問題ないですが、

いろいろなところで新型コロナの影響が出ていますね。
722-1




https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366036

ホッキョクグマは今の体躯になって1万年以上たっていて、

その間にもっと温かくなった時期も生き残ってきたと、

生物学者が証言していましたが。

氷がなくなるとホッキョクグマが絶滅するのではなく、

人間によって害獣として滅ぼされる可能性はありますね。


それと、文中に地球温暖化の為に氷が解けるとか言っていましたが、

地球の温暖化による温度上昇の数値はフェイクの部分が多く、

地球気候変化は今言われている数値の10分の一との話も。

地球温暖化ではなく、地球気候変化は地球が生まれて45億年間起こっています。


地球温暖化云々と言時に、

都会のヒートアイランド現象が全ての地域で起こっているような間違いを犯しているようです。

今回の記事もアザラシが食べられなくなって、とあるのですが、

氷がなくなればアザラシも氷の上におられず、

ホゥキョクグマのいる陸地にいなければならないのですが。

どちらにしても1万年生きてきた生き物が絶滅するのは、

人間が生活圏を広げ命を奪うからで、

野生生物は環境だけではそう簡単には絶滅しません。

私はそう思っています。
721
(Yahoo!検索画像からお借りしました)



DSC_0522


新型コロナで一躍有名になったクラスターですが、

水晶も2つ以上がくっついているものはクラスターと呼ばれています。


この水晶もおんぶしているのか、

寄り添っているのか、

かわいらしい水晶がくっついています。


奇麗な水晶ですので、

アクセサリーとしても、

お守り石として身に着けて頂いてもいいと思います。


全体の分かる動画もあります。


頑張って撮ったのですが、

なかなかすべての良さをお伝えできないのが残念です。


水晶は六角柱のものばかりと思っていましたが、

粒タイプの水晶もあることにとても驚きました。


粒タイプの水晶は、

ダイヤモンドの原石かと思うほど輝きを放つものから、

凸凹もいいところ、

これでも水晶の結晶なのかと思わせるほどユニークなものまで、

いろいろなバリエーションを持ちとてもワクワクさせてくれます。


粒タイプの水晶は小さなものはほんの1mmほどのものからありますが、

大きなものでも何kgというものはあまりないのでは。

柱状水晶の場合は何十㎏以上のものもありますね。


私は水晶はできるだけ原石のまま使いたいと思っています。

この形自体が水晶の歴史なので。

世界有数のパワースポットであるヒマラヤ山脈で成長した形であり、

傷や欠けもその一部だと思うからです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365920

UAEの火星探査機「ホープ」の切り離しも成功して、

すべたが順調に終わりました。

15日の天候不順は仕方ないです。


これで成功率は95%以上になったのでは。

今まで初期に一度だけ打ち上げ失敗していますが、

それ以外はすべて成功しているはず。


日本は打ち上げ価格が高くなかなかよその国に衛星打ち上げさせてもらえないのですが、

UAEはこれで4度目(?)の上顧客さんです。

日本は打ち上げ時間が正確で信頼できるとのこと。

今回も期待を裏切らないでよかったです。


次はH3ロケットを成功させて、

宇宙開発により貢献してほしいですね
720

DSC_0505


実は4つ以上の水晶が合体して一つの水晶のように見えています。

実際、一つの水晶になっています。

エレスチャルでもあり、

表面が凸凹でどこがどうなのかはっきりしないユニークな形なのですが、

とても統制が撮れているという矛盾した水晶です。

炭素系の黒色インクルージョンも少なく、

奇麗な水晶ですので、

アクセサリーとしても、

お守り石としてそばに置いておいてもいいと思います。

短いですが全体像が分かる動画を作りました⇒ヒマラヤ水晶dc250


よくよく水晶を見てみるとほとんどが結晶面であり成長の痕です。

見ているとワクワクしてしまいます。


内包物が多いのも粒タイプの水晶の特徴でしょうか。

炭素系のものが入って居たり、

蛍光物を含むオイルが入っていたり、水が入っていたり、

様々です。


お守りとしても昔から大切にされてきた水晶です。

お守り石として身に着けてもらえるサイズの水晶を選んでいます。

気に入った水晶を選んでおそばに置いていただければ、

きっと力を与えてくれるのではないでしょうか。


水晶は何もしません。

そばに居てくれるだけです。

けれど、それが手助けになり、安心できるのだと思います。

我々よりもずっと昔にこの星に生まれ、

ヒマラヤ山脈のパワーを受けていたのですから。

それを信じる心こそ道を切り開いていく力になるのだと思います。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365704

旅行業界や観光産業の応援という意味はよく理解できるんですが、

老人の団体や若者の団体、宴会自粛で、こういったところは東京都と同じく除外と。


昼のテレビや野党が東京を外す理由が不明確とか批判していましたが、

感染者を人口比の3倍以上出している東京を外すのは仕方ないでしょう。

批判のための批判はやめてほしいです。


感染しやすい老人の団体や騒ぎやすい若者の団体は感染者が出る可能性があるので、

Go Toトラベルから外すというのなら明確な線引きを示さないと。

あまりにもグダグダすぎて、いくら観光産業の振興のためとはいえ無理がありすぎ。

もう時期をずらすしかないのでは。


この提案が出た時とは状況が変化しているのだから、

様子を見て落ち着いてきたと判断してから行いますというしかないのでは。

このままだとキャンペーンをやりました、

感染者の増加が止まりません、

中止しましたで済めばいいけれど、

感染者増加に歯止めがかからず非常事態宣言再発なんてジョークにもなりませんよ。


動き出したら止まれないお役所仕事では、

この新型コロナ対策はうまく行かないのでは。

臨機応変な行動がとても重要な気がするのですが。


観光産業の方も目先よりも今後がより重要だと考えておられるのでは。

中途半端に行って傷口を広げなければいいですが。

変な期待こそ落胆が大きくなりますから。

グダグダすぎる気がしますねぇ。
12




このページのトップヘ