京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2020年06月

DSC_0435

粒タイプの水晶です。

尖端がちょっと2つの分かれています。

エレスチャルの特徴なのか、

成長環境によるものなのか、

それとも両方の影響なのか、

水晶の表面に複雑な凹凸ができている面があり、

とても興味深いです。


クラックと気泡で透明以上に輝きを増加しています。

その中にレインボーが現れたりします。

クラックと見えているものはファントムかもしれません。

成長痕に気泡が付いてそれがクラックに見えたり。


純銀のプレートにブルーの七宝を施しています。

七宝の真ん中のデザインはオリーブをイメージしています。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6363939

新型コロナも落ち着いていないのに、

新型インフルエンザですか。

新型なので免疫を持つ人はいないとのこと。

見つかったものは仕方がないので、

予防するしかないのですが、

今回は豚が寄宿主で、

人に感染する可能性が高く、

人から人も起こりえる特徴を持っているそうです。


今年インフルエンザの流行が抑えられたので、

新型であってもマスク、手洗い、抵抗力をつけておくをちゃんと行えば、

大爆発とはならないのでは(希望的観測)。


それにしてこれも中国ですか。

アフリカなら新しい細菌とかウイルスが出てきてもおかしくはないなと思うのですが、

中国は数千年前から開けた場所ではないのですか?

その認識が間違っているのかなぁ。

今回は豚ですが、

野生の動物も食する傾向があるので、

変異が起きやすいのかなぁ。


新型コロナでも大変な時期ですから、

衛生面に気を付ける必要がありますね。

マスクは自分のためであると同時に人にうつさないということですから。

animal_pig_9533-300x225



DSC_0416

ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc234


写真や動画ではわかりにくいのが玉に瑕なのですが、

透明度が高く、レインボーがよく出てくる水晶です。

少しエレスチャル的な特徴も出ています。

粒タイプの水晶は、エレスチャルの特徴が出やすい成長環境で成長するのかもしれませんね。


インクルージョンやクラックがぱっと見では無いところにレインボーが出るのは珍しいです。

よく見ると原因がわかるのですが、なかなか興味深いです。


純銀のプレートを付けていますが、

それ以外水晶には手を加えていない原石のままのアクセサリーです。


動画では正面に向いたときに一瞬だけレインボーが出ているのですが、

肉眼ではもっときれいに出ます。

光の加減でなかなか思ったようには出てくれません。


銀製品はどうしても経時変化で渋い色になりますが、

ほぼ初期の色に戻すことも可能です。

専用の液を買うのも一つですし、

重曹をクリーム状にしてナイロン歯ブラシでやさしく磨かれても戻ります。

傷は戻りませんのでその点はご了承くださいね。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/takagakiiku/20200629-00184987/

マスクもいろいろなところで販売されるようになりましたね。

やっと潤沢に流通するようになったということでしょうか。

価格は以前に近い水準のものもありますが、

まだ、多くはちょっと高めかな。


上の記事にはいろいろマスクについて書いてくださっているのですが、

一番根本的なことを忘れておられるのではと思ってしまいます。


布マスクや不織布のマスクは新型コロナウイルスは防げないという前提。

けれど、くしゃみや咳で唾を飛ばさないようにする効果はあるということ。

顔を触らないようにする効果も。


粘膜からウイルスは侵入するので、

手で目、鼻、口を触らないようにして、侵入を防ぐ。

通さないのではなく、感染の可能性を下げる効果が期待できるのです。


東京ではまだ感染者数が一定以下には下がりませんが、

あのラッシュにもかかわらず、特定の場所での感染者が半数以上を占めるということは、

マスクを含めエチケットが守られているからではないでしょうか。


大切なことは無症状感染者が一定数いる以上、

自分がそうかもしれないと考え、

人にうつさないようにするにはどうすることが重要かを考えることではないでしょうか。

残念ながらまだなくなる方がおられます。

そういう方を無くし、収束させるには、

マスクを含め、手洗い、うがい、人込みで唾を飛ばして大声で話をしないなど、

ちょっとしたエチケットで拡大を防ぐことができるはずです。


最近の街の風景で、マスクをしないで歩いている方を見かけるようになりました。

世界ではまだまだ感染が拡大しています。

世界から日本に人が入ってくるようになると、

そういう心構えでは感染が拡大する恐れがあるのではないかと危惧しています。

邪魔くさいし、お金もかかりますが、

自分の身を守るためにエチケットは守ってほしいと思います。

武漢肺炎は相当な苦痛を長時間伴うと感染から回復された方々が言っておられます。

自分がそうならないためにも薬ができるまで我慢しましょう。
62069_thumbnail





https://news.yahoo.co.jp/pickup/6363703

こういう発言どこかで聞きましたよね。

日本の死者数が40万人を超えると。

東京がニューヨークのようになると。


どれも外れましたね。

可能性は否定できませんが、

気温は関係ないと言っていたかと思うと、

冬になれば感染が拡大すると言ってみたり。

スぺイン風の時は・・・、とか言い出したり。


警告をしたい、だからWHOに金を出してほしいと言いたいのはわかりますが、

あまりに極端ではないでしょうか。

今ですら数十万人の方がなくなっている。

だからこそ各国は対応を取っている。

その対応が無意味だと言っているようなものでは。


どうも今のWHOはピントがずれているというか、

本当に何をすればいいのかわかっていない感じですね。

今のような発言が続けば信用を失いますよ。

どこの国がより危険でどう対処すればいいのかの具体的な話が全くない。

危険を煽るだけでは私にもできます。


私がとやかく言うまでもなく、日本や多くの国の医療機関の方々は真剣に取り組んでいます。

取り組みが十分でない発展途上国を救いたいというのなら話は分かります。

その部分を隠して危機を煽る態度は各国を馬鹿にしているとしか見えませんが。


一つだけ気になるのは、

日本も東京があまりいい結果が出ていない事。

若者の感染者割合が多いことがちょっと不安です。

こういう点は改善する必要があるのでは。
61797019


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6363646

ブラジルで観測されたそうですが、

どうやって確認したのでしょうね。

宇宙からでしょうね。


雷ですから光っているのは一瞬だと思っていたら、

世界一長い雷は16.73秒光っていたそうです。

そんな長い間光っていたら音もすごいでしょうね。

怖くてたまらないですよね。


こんなすごい雷には「メガフラッシュ」という名前がついているそうです。

あまりお会いしたくない物の筆頭ですね。

これからの季節、毎日のようにやってくる夕立とともに、

ゴロゴロと鳴りますので、

皆さん要注意です。


日本でも年に何人かの方が雷で亡くなられますが、

インドでは一日に107人の方が落雷で亡くなられたと。

半端ない威力ですね。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


自然現象はなかなか防ぐことはできませんが、

特に雷は予兆が必ずあるので、

その点を見落とさないように気を付けるようにしたいです。
01-9
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0413
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc232

まるで気泡の化石のようなイメージの水晶です。

黒っぽい部分はファントムのようで、

過去のこの水晶の形が残っているようです。


白っぽい部分はクラックというより気泡が入っているようです。

それも先端に向かってファントムのような様子を見せている部分もあります。

表面はとても奇麗なのに、

どうしてこういう特徴になるのでしょうか、不思議です。


これだけ内部が複雑なので、

光の当たり方によってはレインボーが現れるところも。

淡いレインボーが多いですが、

何か所か見えます。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://this.kiji.is/635626944400376929

埼玉県の丸建自動車が民事再生法の適用申請とのことです。

これは他人事ではないですね。

経営基盤の弱い地方のバスや電車はコロナ禍による人の移動の減少により、

経営が相当苦しくなっていると思います。


私がよく出会う叡山電鉄なども鞍馬に向かう人が一時途絶えたため、

電車はガラガラでした。

日によっては電車内はほんの2,3人の事も。

観光客を見込んで経営を立てているバスや鉄道が多いと思うので、

今後、丸建自動車のように民事再生法の適用を申請するところ出てくるのでは。


お無土産物屋さんも同じ状況なのはわかるのですが、

交通は生活の足でもありますので、

我々に与えるインパクトはより大きいですね。


相変わらず東京は感染者数が高止まりの様子。

東京とて、こう様な状況が続けば経済への影響がより大きくなるので、

気を抜けないと思うのですが、

地方から見ているとどうも緊張感が伝わらないですね。

これぐらいは仕方がないと思っているのかなぁ。

東京のお店なども困っておられると思うのだけれど・・・。
illustrain10-norimono32
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

DSC_0377
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc230

もしかしたら上下が逆なのかもしれませんが、

デザイン的にこの方が安定するので。


骸晶により、穴が開いたりしていますからその影響でトップが3つあるのでしょうか。

それとも後からくっついたのかはわかりません。


水晶の中に空洞があるのですが、

成長した後に中から溶け出したのではないと思うので、

成長段階で周りから先に成長して空洞になったのでしょうね。

ちなみに水晶の中の空洞につながる穴があると窓水晶と呼ばれます。

これもマスタークリスタルの特徴です。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

他の地域では新規感染者の発生が抑えられているのに、

東京都は相変わらずですね。

関西二府四県では昨日は3人でした。

関西二府四県と東京都の人口はほぼ同じぐらいだと思います。


東京都と言っても23区もあれば小笠原もあります。

感染者分布をみるのも必要でしょう。

特徴が現れるのでは。

マスメディアは煽るのが仕事のようですが、

もっと冷静な分析が必要なのでは。


昨日買い物でニ〇リに行ったのですが、

そんなに混んではいなかったのですが、

若者3人組が大きな声で話しながら商品を品定め。

結局買ってはいなかったようですが。


3人のうちマスクをしていたのは一人。

していない2人が大きな声でしゃべっているという構図。

こういうことが東京の夜の街で行われているんでしょうね。


価格は以前に比べ高いですが、マスクは買えるようになりましたね。

気軽に買物もできるようになりました。

だからこそ、感染拡大を起こさないために、

咳エチケットではないですが、

ツバキが飛びにくいように外ではマスクをして会話してほしいですね。

他の人が買うかもしれない商品の前でマスクなしで大きな声で話さないでほしいです。

自分は大丈夫と思っていても症状のない感染者かもしれませんから。


まだまだ予断を許さない状況だという認識が若い人ほど甘いのかもしれませんね。

罹ってもなくなるリスクが低いとは言え、

大変つらく苦しい症状に長期間苛まれ、1か月近く療養しなければならないのです。

そのことの理解が薄まっているのではないでしょうか。

自分も含めもう一度確認する必要があると思いますね。
62069_thumbnail
(Yahoo!検索画像からお借りしました)



このページのトップヘ