京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2020年04月

DSC_0401
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc235
一つの特徴はこの写真でもよくわかるのですが、

水晶をくっつけていること。

それもなかなかの大きさで、きれいな同じ粒タイプの水晶です。


もう一つの特徴は、

写真ではうっすらと写っているのですが、

ゲイトウェイと呼ばれる、蜘蛛の巣のような模様。

これはくっついていた水晶がはがれた時にできる模様で、

きれいのはがれていて模様もきれいに残っています。

あと、純銀製のプレートに七宝を施しています。

青葉をイメージ。

新緑ではなく、力強い常緑の緑。

負けない心を持つお守りとして考えました。


外出がなかなかままならない状況ですが、

それも一生続くわけではないので、

早期の収束のために今は自重しながらも、

心はアフターコロナで。

そのころは今の新緑も青々としていることでしょう。

そういう願いも込めて。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5497f59f7e52b44a6cd5193948ea0edff33eea9d

店内は制限できても、

店の外に並んでいる人に「どっかいけ!」と店側が言えるのかなぁ。

先日の土曜日に実際に目撃しました。

スーパーの駐車場に入るのに車が長蛇の列。

近隣の住民の方が警察に苦情を言ったらしく、お巡りさんがやってきてスーパーに苦情。

けれど、スーパーのガードマンは買い物しているお客さんに早く出て行けとも言えないし、

ちゃんと駐車場に入る車の整理はしているのだから店の外にまで整理に行けないし、

パトカーで止まらないで下さいと指示しても、

買い物しなければならない人たちにどう説明説得するのか。

運転者は車にいて運転できる状態でちゃんと並んでいたら、

駐停車禁止の場所でなければ警察も強権的なことはできないだろうし、

駐車場待ちが違法だともいえないでしょう。

言うのはやさしいけれど、行うのは大変ですよ。


小さなスーパーでこれですから、

大きな店舗では、駐車場は足りても今度はお客さんが多いからレジに並ぶ人の整理が超大変だと思いますよ。

スペースを空けていると横入りする人間が出てきてトラブルになる可能性も。

そんなことは起こらないと願いたいですが、

外出自粛などでストレスが溜まっているから些細なことで問題が起きる可能性は大きいですよ。

できるだけ買い物は土日は避けたいですが、

こんな状況の時でもその日にしか行けない事情もありますからね。

お医者さんの言うことはわかりますが、

どれだけ人々の心にその言葉が刺さっているかは疑問ですね。
building_shoping_supermarket




DSC_0419
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc233

写真でもわかるようにきれいなひし形をしています。

後で短いですが動画も載せておきますが、

とても表面がギザギザというかガタガタです。

これは骸晶という特徴で、

スケルトンとも呼ばれます。

それを間違えて骸骨水晶と呼んだとか呼ばないとか。

動画で見てもらえばわかりますが、

正面からに比べ横からの見ると正面からに比べ厚みが少ないです。

こういうタイプの水晶はパキスタン産のものに多いそうです。

ハーキマーダイヤモンドはどうなんでしょうね。

同じ粒タイプの水晶なので。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


https://news.yahoo.co.jp/articles/4cc9c79ee867d4078854e57371f3e7ec1532f09e

どうも修理中の船の乗組員だったそうで、

乗客の方はおられなかったそうなのですが、

それでも623人の乗務員の方がおられ、

33人が感染されているようで、

一応陽性者は船内隔離されているようですが、

心配ですね。

残りの方も全員PCR検査を行うそうで、

陰性の方は早期におかえりいただくと。


それにしても、なぜ日本で修理をと思うのですが、

元々中国での修理予定だったと。

それができなくて仕方なく日本で2月20日から3月25日まで修理に。


ダイヤモンドプリンセスと同じ事にならなければいいのですが。

それでなくとも福岡県では500人以上の感染者が出ていますから、

入院治療の体制もそんなに余裕がないでしょう。

感染者と非感染者を早く分けて対応することがまず最優先ですね。

けれど、感染すぐだとPCR検査で抜ける場合が多いので、

検査だけでなく、外に出さず、一人ひとり別々の部屋にするべきでしょうね。

もうやっておられるとは思いますが。


見えないということの怖さを本当に嫌というほど見せつけられる病気ですね。

隣の人が感染者かどうかわからないのですから。

インフルエンザのように発症しないと感染しないのとは違うところが恐ろしいですね。

人が作ったといわれても信じてしまう始末の悪さですね。

一日も早く薬ができることを願います。
MS_Costa_Atlantica
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1387aa3823017890f76cfb4952d4101d41116a68

東京都内では、生け垣や路上に使用済みのマスクがポイ捨てされていると。

使用済みのマスクを路上にポイ捨てはダメでしょう。

こういうエチケットを守らない行動は慎まないと。

でも、路上に捨てるということはそれ以降マスクなしですか?

それもどうなんでしょうね。


使い捨てのマスクも効果は70%に落ちるけれど、

ちゃんと丁寧に洗えば10回は使えるそうですよ。

布マスクよりもウイルスを通さない効果は高いそうですが。

専門家の話ですが、また聞きなので興味のある方は調べてみてください(^_^)


https://news.yahoo.co.jp/articles/97f003e63ce87f2b8e67088c76dd97e7379606ea

これは毎〇新聞の記事ですが、

安部首相がさも3300円のマスクを批判したようなことになってますよね。

まあ、まともな記事を書く新聞ではないので今回はその点はスルーですが、

「アサヒノマスク」を製造しているところは本当に暴利だったのか、というとそうではないと。

ちゃんとしたメーカーさんの商品で、

日本製の手作りのマスクで定価販売だと。

この点は本当に迷惑な話だと仰っていて、当然ですよね。


この騒ぎのあおりで朝〇新聞のサイトでの販売は中止になったようですが、

メーカーさんには関係なく、どこかの誰かさんが後ろめたかったんでしょうね。

金のかけすぎだとか、たった2枚かとか、さんざん批判していたのですから。

ちゃんとした商品はコストもそれなりにかかり、適正な価格がついているんです。


日本製の使い捨てのマスクは、50枚で2500円から3000円ぐらいするようですね。

今まで50枚入り500円ぐらいで買っていたのがそんなにするんだと驚きでした。

中国製だから安くできと言うのもなんだかなぁと思いますが、

日本向けに作らせていた製品はとても管理や検査が厳しかったと聞いています。

今は日本向けは輸出できないので相当規律が緩んでいるという情報も。


今後武漢肺炎が収束してマスクがダブついてきたらシャープさんたちはどうするのかなぁ。

設備を眠らせておいて、いざとなったら再生産できるようにするのかなぁ。

我々日本人は物忘れが激しいので、のど元過ぎれば熱さを忘れのパターンで、

また安いマスクに手が出るのではないでしょうか。

今までほとんどマスクを使わなかった私には遠い異国の関係ない話のようなのですが、

花粉症でマスクを手放せない方々にはやはり高いマスクはなかなか手が出ないのでは。

せっかくの設備なので温存していただければ嬉しいですよね。

コストがもっと安くならないのかなぁ。

せめて50枚1000円・・・・  でも買わないだろうなぁ(^_^;)

38502_sample

DSC_0411


かき氷にも似た容子をした水晶です。

水晶の表面自体はつるっとしているんですが、

中は気泡とクラックが入り混じったように見えます。


裏側はこの水晶の元の水晶というか、

小さかった頃の形が残っています。

ふつうは幻影水晶と呼ばれますが、

インクルージョンいっぱいで、明確に形が分かります。

これもなかなか興味深いですね。

お守り兼アクセサリーと考えているので、

こういう特殊で興味深い水晶は大好きです。

女性が身に着けてくださるかどうかはちょっと微妙でしょうか(^_^;)

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


なかなか明るさが見えない今日この頃ですが、

ピンチはチャンスと捉えて、

家にいるのならネットや本から情報を吸収するいいチャンスと。

我々自営業で家にいる人間には行動の変化はないのですが、

苦しいのはお互い様の状況です。

まあ、できるだけ作品を多く作って、V字回復の時には笑顔でいられるようにしたいものです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a69a1679d187311fe95b203682e696d0ca75dc96

山鉾巡行は祇園祭のハイライトですが、

今の状況では致し方ないでしょうね。

けれど、祇園祭の祭事は7月の1か月間いろいろな行事が続きます。

それも規模を縮小して執り行われるのでしょうか。

お稚児さんなども決められるのでしょうね。


京都市内の神社やお寺の祭事も、

儀式は行うけれど一般の方の参拝は中止になってますから、

それに習われるのでしょうね。


祇園祭自体が悪病退散の神事ですから、

こういう時にこそ行われなければなりませんが、

山鉾巡行は町衆の心意気の見せ場ですので、

そこは自重されるのでしょうね。

準備には時間がかかりますから、

途中でやはり無理ですとの方向転換も負担が大きいですからね。


今年はまず武漢肺炎の収束を早期に実現するために、

我々がワンチームで頑張らないとだめですからね。


最近、フェイクニュースがまことしやかに流れているのではという情報がネットに上がっています。

特定野党や新聞はしょっちゅうですが、そういう事に踊らされないように気を付けたいものです。
450-201611301233284413
(Yahoo!検索画像からお借りしました)





DSC_0380
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc231

なかなか3つそろっているのを写すのは難しいです。

この水晶は色のついたインクルージョンは見えないのですが、

気泡やクラックがあって不透明の水晶のように見せています。

若干茶色がかって見えるかも。

水晶が地中にある時、周りの花崗岩などからの自然の放射能を浴びて”日焼け”のように色が付きます。

それの濃いものがスモーキークォーツと呼ばれたりします。

純銀製のプレートの反射の影響もあるかも。

一番大きな影響は気泡やクラックだと思いますが。

短いですが、水晶のひと周りを写しています。

写真よりもわかりやすい部分もあります。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e602a790a0f5ce2eca11aa7d254fbde4e6987ba8

厚生労働省が無料配布したマスクに汚れや髪の毛が混入したものが複数あったと。

布マスクだから仕方がないと考えますか?

虫が入っていたというものもあったとか。

メーカーに対しては生産体制の見直しや検品の徹底を求めているようですが、

基準ありますよね。

このような時期なので仕方ないと考えますか?

日本の製造業も屋台骨が揺らいでいるのでしょうか。

品質が悪いのなら、海外製品の価格に負けるのも仕方ないですよね。

以前から日本の製造業はそんなにレベルは高くないと批判的な記事を書いている方がいても、

鼻で笑っていましたが、

その方の方が正しかったのかなぁ。

布マスクとは家、衛生商品ですから、

基準は厳しいと思うのですが、服並みの基準ではないですよね。

食品では髪の毛一本で大騒ぎになりますが・・・。

今後こんな記事が出てこないようにメーカーさんは襟を正してほしいですね。
38502_sample

DSC_0398
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc230
水晶の結晶が大きくなる時の環境の違いで形が変わるようです。

粒タイプの水晶は小さな粒の時にはきれいですが、

大きくなるとインクルージョンが入っていないものはないぐらいほとんど入っていますね。

この水晶もそうですが、

そのおかげでファントムと呼ばれる過去のこの水晶の形がおぼろげにわかります。

幻影水晶とも呼ばれます。

私の持っている粒タイプの水晶には骸晶と呼ばれる特徴を持つものが多いです。

この水晶にもあります。

写真ではわかりにくいですが、動画だと光の当たり方で見えることもあります。

少し落ち窪んだような表面がそうで、

穴が開いたようになっているところもそうなんです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です







このページのトップヘ