京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

2020年04月

DSC_0440
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc238

横からの写真ですが、

豆のような形をしています。

どういう原因でこういう形になったのかとても不思議です。

窪んだ部分はほとんどが結晶面のようで、

欠けたり、崩れた部分はほんの一部だけです。

ということはくっついていた水晶が外れたか、

この水晶自体が岩石か何かから外れたか。

どちらにしても興味深い形です。

アクセサリーとしてもお守りとしても身に着けていただけると思います。

本当に粒タイプの水晶は個性はぞろいです。

この水晶は骸晶構造ではなく、普通の水晶っぽいのですが、

光の当たり方でレインボーが見える面もあり、

なかなか興味深いです。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/568a7b053500deb4bc601eacaea80b7bd9ededdf

なぜ一般企業向けにこんな検査キットを販売しようとしたのかが私は理解できていません。

見合わせなので、やめるかどうかはわかりませんが。


検査は確度が高くないと意味がないと思うんですよね。

本来は100%でなければいけないわけです。

どこかの国は促成検査で確度が30%とか。

それならやらない方がましよりも害悪だと思っています。

陽性の人を陰性として平気で外を歩けるようにするのですから。


上にあげた検査キットもまさにそれですから。

陰性だったからちゃんとした検査を受けなくても大丈夫と思われたら、

それでクラスターが発生する可能性も。


大体、自分でまともに鼻の奥に細長い綿棒を突っ込むことできますか。

それもグリグリ回すことなんて不可能ですよ。

人様の鼻だから思い切ってできるわけで、

それでも慣れてないと正確にはできないと思いますよ。


何のためにこんな検査キットの販売を考えたのでしょうね。

ただのビジネスチャンスと考えただけなら先はないかも。

少しでも感染を防ごうと考えたにしても、

検体を送ってから結果が出るまで何日かかるのでしょうね。

早くとも3,4日はかかるでしょうね。

その間に感染する確率を考えればほとんどお金を捨てる行為ですね。

もっとちゃんとした手順を踏むべきだったと思いますね。

何を焦ったんでしょうね。

img_b2699dd70865396cf5aa5f70387adc56120328


https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a22f3a48fde32656bd796f4dd538047c67ae1e

強毒性のアリと言われるヒアリが日本に上陸して問題になっていましたが、

このアリの駆除にワサビ成分が効果があることが確認されました。

市販の防臭剤だそうです。


コンテナなどの密閉されたところで効果があるそうで、

価格も今までの駆除剤よりも安く、

人体の影響もないことから、今後の開発が期待されます。

密閉空間での効果が実証されているので、

今後巣に対する薬剤の開発が急がれますね。

元々いなかった生き物は早々に本国におかえりいただいて、

日本で悪さをしないでいただきたい。


2017年に初めて確認されてから3年余りで15都道府県で確認されているといいますから、

繁殖力が強いんですね。

他の害虫にも効くかもしれませんので研究開発が期待されますね。

日本国内の感染症や病気、害虫はそれなりに対処法がありますが、

ヒアリや武漢肺炎などは新しく他国からやってくるので、

対応が後手後手になるのは致し方ないのですが、

早急に解決できた今回の事案はとても勇気づけられますね。

今後に期待したいです。

マスメディアはもっとこういう情報を発信しないと。
001




DSC_0437
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc237

このタイプの水晶は表面が光って模様や表情が分からないことが多いです。

普通の水晶のように表面が整っているというよりも、

切られたのかと思うような切込みがあったり、

骸晶構造(エレスチャルとも)の特徴である陥没が見られたり。

ただ、ぱっと見では見えないですし、写真だとより分かりにくいですね。

なので映像も撮っています。

それでもなかなかすんなりとはいきませんし、

内部にも骸晶構造があるので、白っぽく見えて余計です。

愚痴を書いても仕方ないのですが、

全体の形は整っています。

光の当たり方で思いもよらない表情が現れることも。

とらえどころのない説明ですが、

お守りとしてもアクセサリーとしても愛着がわく水晶だと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5868b4b3bb399f1f1fb842b704e8656881f2b658

こういう、言い訳ばかりしている国際組織が我々の健康や生命の安全を担っているとは。

言い訳はいらない。

初期の対応の悪さのために日本も必要以上の感染者を出したのではないのか。

WHOが人の移動に関しもっと強く出ていれば、

状況はもっと抑えられたのでは。

パンデミックもひと月早ければ日本の対応も変わったでしょう。

こういう時に言い訳している人間は信用されない。

本当に見苦しいですね。


最近、ネットで目にすることがあるのですが、

厚生労働省のHPでコロナ感染者数が出ているのですが、

27日現在の感染者数が約13,385人。

日本国籍が約5,968人、外国籍220人、国籍確認中が約7,197人。

とても疑問なのですが、

国籍確認中って、

日本人ではないということですか?

外国籍の人には、長崎の客船の方148人も含まれているそうです。

ダイヤモンドプリンセスは分けているようですが、

今はまだ進行中ですから仕方ないのでしょうね。

病気は仕方がないとしても国籍が分からないってどういうことなんでしょうね。

保険証を持っていない?

こういう人もタダで治療しているわけですよね。

新型コロナとわかれば治療費は無料のはずですから。

それもまあ病気なので仕方ないとは思うのですが、

こういうことをマスメディアは調べないんですね。

確認中なのですから、どれだけ日本人なのかはわかりませんが、

そこに経路不明の原因が隠れていませんか。

経路不明の究明が大切な抑え込みのファクターの一つなのでは。

とても不思議です。

1200px-Flag_of_WHO.svg
(Yahoo!検索画像からお借りしました)




DSC_0435


光の当たり方によるのですが、

先端にきれいなレインボーが現れます。

写真や動画では写っていないのが残念ですが、

レインボーはそういう特徴がありますね。

この水晶は粒タイプで、原石のままで水晶には手を加えていません。

表面が骸晶という特徴でガタガタですが、

それはそれできれいです。

この水晶は骸晶の影響での穴はないですが、

穴があるものは窓水晶と呼ばれているそうです。

短い動画ですが、全体の形がよくわかると思います。

レインボーが見えていないのは残念です。

純銀製のプレートに空色の七宝を施しました。

色はきれいに出たのですが、

表面が少しぷつぷつとなっているのですが、

あえてそのままにしました。

水晶も原石なら七宝もできた儘がいいと考えたからです。

七宝も800度の温度で焼成するので、

どういう感じになるかは運任せです。

なのでこの感じも原石にはよくマッチすると思います。

この作品に興味のある方はCreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/60c9d04deca8c13bb65dd626f49b310a8f6f0b61

東京五輪が1年延期されましたが、

だからと言ってスポンサーが離れるというのはどういうことなんでしょうね。

もし、今年行われていれば来年からのスポンサー支援は減ったのですか?

それで今後そのスポーツは大丈夫なのですか?

そんなに簡単にスポンサーが離れてしまうのでしょうか。

何か釈然としませんね。


スポーツ文化とよく言われますが、

日本にはあまり根付いていないのでは。

ラグビーが昨年盛り上がりましたが、

最近はワンチームという言葉すら聞かなくなりましたね。

これはマスメディアの責任が大きいのでは。

育てるのではなく、消費することだけしか考えていないような。

今さえよければという風潮を助長しているのではないでしょうか。

地道に積み上げる苦労をもっと評価しないと、

どんどん先細りになってしまうのではないでしょうか。

地上波でスポーツ専門チャンネルとか作ればいいのに。


今のテレビ局の在り方はもう時代遅れなのではないでしょうか。

昼間の時間帯は再放送やグダグダの番組ばかり。

それならもっとアマチュアのスポーツなどを放送すればいいのにと思います。

電波は限りある資産なんですから、

無駄使いを放置していてはいけないのでは。
sports003
(Yahoo!検索画像からお借りしました)


nomad_surfing_nangoku
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6358202

確かに先日の湘南の海には多くの人出があり、

そのため地元の住人の方が困惑されていました。

それを踏まえて知事や市長が他府県の方は自粛をとの要請を出されました。

その報道をすることはみんなに周知する一つとして有効だと思うのですが、

そのあとの検証は自治体に任せて報道は控えるべきでは。

人ではどうだったかは自治体が発表したことを評価するのでいいのでは。

パチンコ店の問題のように騒げば行く輩が出てくるので逆効果のことも。


何でもかんでも報道すればいいというものではなく、

抑えるところもわきまえないと逆効果だと思います。

医療現場でマスクや防護服が品薄と言われています。

その声は大切ですが、

ではなぜマスクなど作っているのに医療現場に回って来ないのか。

その手の具体的な報道はほとんど聞きません。


SNSで、以前なら500円で売っていた中国製のマスクが実店舗3000円で売られていると。

こういう確認の取材はしないんですかね。

何カ所かであったようですが、真実なのかどうなのか。


批判や後先考えずに報道するだけなら我々でもできます。

表現の自由が保障されていて所詮野次馬ですから。

マスメディアがそんな無責任なことをやっていいはずないですし、

責任があります。

評論家の方が、「マスメディアにはちゃんとしたチェックが入っている」と。

だから我々のような野次馬とは違うんだと。

チェックが入っているなら、公共の福祉に即した報道をしていただきたいと思います。

自治体や現場で奮闘されている方々のためになる報道をしていただきたいと思いますね。






DSC_0416


この写真ではわからないですが、正面でも見えますし、

側面でも現れます。

光の当たり方で何か所も出てきます。

後の映像ではちょっと薄いのですが、

肉眼で見るともっと鮮やかに見えます。

科学的にはプリズム現象と身もふたもないのですが、

見えるとワクワクします。

クラックがプリズムの役割をするようなのですが、

面白いことに、

クラックがあればどこででも虹が出るわけではなく、

微妙な角度が必要のようです。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。

とても悲しいですね。

まず、ご冥福を心からお祈りいたします。

あの明るい笑顔がもう見れないかと思うと残念ですね。

志村けんさんの時もそうでしたが、

唖然としてしまいますね。

岡江さんの場合、がんの手術の後だったので気を付けておられたと思うのですが、

やはり免疫力が落ちていたのでしょうね。


昨日慶応大学付属病院が、治療を受けている武漢肺炎感染者以外の方のPCR検査を実施し、

約6%の方が陽性だったと。

症状が出ていないそうで、PCR検査の実施も一度ではなく、何度か行ったそうで、

陽性は確かだと。


これも一つの知見ですよね。

何らかの病気のある方が感染している可能性が目に見える形で分かったわけなので。

同時に、健康な方の検査も行ってほしかったですね。

大学の職員の方々100人とか、無作為の方100人とか。

それなら比較できるじゃないですか。

事実として6%の人が無症状で感染していたというだけで、

たまたまなのか、

病人だから感染者が多いのか少ないのかが何も比較できないじゃないですか。

不安をあおるだけで、数字だけの一人歩きが始まりますよ。

マスメディアのいい材料ですよ。


昨日、3日に一度の買い物は難しいというようなことを書きました。

日本では、スーパーに来る人を止められないですから。

けれど、初めからあきらめるのは良くないと、

考え直しました。

人にうつさないためには、個人個人が意識して自粛を含め行動しないと。

でなければ不幸が止まりません。

少しでも不幸を減らす努力を今しないと、

後々後悔しなければならない事になってしまいます。

身近な人がこの世を去らないようにしっかり防御しないと。

岡江さんは返す返すも残念です。
img_cbaf621bbbd1eab938f19e5320822dfb8889
(Yahoo!検索画像からお借りしました)


このページのトップヘ