京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2018年01月

qz021

色が綺麗で、形の整ったクンツァイトの原石を少しだけ磨いて、
アクセサリーにしました。
形は変わらず、ちょっとだけつやを出しました。
枠は純銀製です。
裏側を大きく開けたら、
そちらっもきれいなので、
DSC_0020

どちらを前に持ってきてもOKになりました。
興味のある方は→クンツァイトのペンダントトップqz021

他にもいろんな作品がございます。
興味のある方は→京都洛北*ショップねむの木

京都洛北*ショップねむの木では1月31日まで、
新春キャンペーンを行っております。
ホームページの作品が表示価格よりとてもお買い得になります。
興味のある方は→新春キャンペーン!!

DSC_0013

まるで地震でずれた山のようなイメージです。
水晶でそういう事があり得るのかなぁ。
どうして綺麗にずれたようになったのかとても不思議です。
だからこそお守りとしていいのではと思ったのですが。
水晶の原石アクセサリーとしても。
詳しくは→ヒマラヤ水晶dc163

京都洛北*ショップねむの木
新春キャンペーン実施中!
対象はホームページ内の全作品
キャンペーン内容は
新春キャンペーン
お問い合わせ、質問もお気軽に
お買い得になりますので、
この機会をご利用ください。
dc163

KIMG2009

この水晶は少し灰色っぽい色が着いています。
それ以上に形がユニークです。
大きな山の周りを小さな山が取り囲んでいるような感じでしょうか。
横幅も広くなっています。
DSC_0005

ちょっと白っぽく写ってますが、
アクセサリーとしてもイメージはこちらの方がわかりやすいかなと思います。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶dc162

DSC_003

京都洛北*ショップねむの木では、
1月9日から1月31日まで
新春キャンペーンを行っています!
ホームページの認知度アップも兼ねていますので、
キャンペーンは
京都洛北*ショップねむの木のホームページのみで、
URLは→http://kyotocrystal.com/
対象作品は、ホームページ内の作品すべてです。
詳しくは→京都洛北*ショップねむの木のホームページ
DSC_0019

写真の作品も対象商品です。
赤字になる作品もありますが、
お買い得にしていますので、
この機会にご利用ください。

KIMG1948

スマホの写真ですが、
アクアマリンの色がこちらの方が自然な感じに出ています。
銀製の枠の色はちょっと黄色っぽく出ているのは光の加減でしょうか。
人の目とスマホ、デジカメで若干色の違いが出るようです。
KIMG1949

アクアマリンの色は肉眼ではこの写真のような水色です。
原石の時の色と磨いた時では、
透明度が高くなる磨きが入った方が色が薄く感じます。
水の中などに入れると色がはっきりとします。
アクアマリンは月の神ディアナの石と言われ、
幸せになれるとも言われています。
アクセサリーとして、
お守りとして身につけて頂きたいです。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq033
KIMG1950

KIMG1935

トパーズのイメージは村上龍の小説かな。
内容は、・・・忘れました。
古い。
映画にもなりましたが。
ブルートパーズやインペリアルトパーズが有名ですが、
宝石を構成している構造に2種類あって、
退色しやすい構造とそうでない構造があると。
ブルーは退色しやすい構造だと。
なので、直射日光や強い蛍光灯の元で長く着用しないようにと。

このトパーズは、色目から退色しにくいトパーズに分類されています。
だからか、
宝石としては退色しにくい系の淡褐色が上質と言われているらしいです。

このアクセサリーは枠は純銀で作っています。
詳しくは→トパーズのペンダントトップtp001
KIMG1937


京都洛北ショップねむの木は
インターネットでのみ作品の販売を行い、
コストカットでお買い得価格に

京都洛北*ショップねむの木
PayPal使えます

minneサイト:KYOTONEMUNOKI’S GALLARY

Creemaサイト:京都ねむの木

DSC_003

少しピンクがかった、
淡褐色から淡いブラウン色のトパーズ。
トパーズには、
ブルーからインペリアルトパーズと呼ばれるオレンジ系のものまで、
色がとても豊富な宝石の一つです。
DSC_0011

銀の枠にリボンをあしらった落ち着いたアイテムです。
興味のある方は→トパーズのペンダントトップtp002

このページのトップヘ