京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2017年12月

DSC_0020

少し色が淡いのですが、
アクアマリンの原石を軽く磨きだけ掛けて、
アクセサリーにしました。
ちょっとのっぽですが、
胸元にかわいいデザインです。
アクアマリンは原石の形のままです。
アクアマリンの特徴である筋がはっきりと。
まるで木の枝が宝石になったようです。
気に入って頂ければとてもお買い得です。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq059
DSC_0026

DSC_0020

9カラットの大きさのオーバルカットです。
存在感があります。
クンツァイトらしい綺麗なライラックピンクです。
胸元に輝きを添えます。
周りはシルバー950製で、
銀の一番きれいな輝きにするために部分によって磨き方を変えています。
興味のある方は→クンツァイトのペンダントトップqz026
DSC_0022

年末は31日まで。
年初は発送は3日から。
年末年始もメールでの問い合わせは受け付けています。
24時間以内に返信いたします。

DSC_0006

この角度から見ると少し横に膨らんだ水晶としか思えないのですが、
これを横から見ると、
DSC_7

と曲がっていて、
ファントム(成長痕)が見えるのですが、
そのファントムから見ても曲がって成長しています。
何があったのかはわかりませんが、
とてもきれいな水晶なので、
お守りとして身に着けるといいのではと思います。
キャップは純銀製です。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc158

DSC_0008

この形がこの水晶が成長した形で、
削ったり欠けたりしたものではないのです。
どうしてこういう形になったのか不思議です。
水晶の結晶はまっすぐ伸びるイメージがあるのですが、
採掘された時にはこういう水晶のたくさんあるのかなぁ。
お守り水晶らしくって私は好きです。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りdc160
DSC_0026

DSC_0016

カボションカットのエメラルドをペンダントトップにしました。
3.5カラットのパキスタン産のエメラルドです。
形の違うリボンを2種類、
シルバー950で周りに付けました。
枠もシルバー950です。
DSC_0019

可愛いサイズですが、
綺麗なグリーンが魅力的です。
少しインクルージョンが入っていますので、
お買い得価格にしています。
この機会に
エメラルドのペンダントトップem001

DSC_02

あるようで意外とないのが水晶が縦に連結している水晶です。
セプターと呼ばれます。
日本名は松茸水晶。
由来は、柱状水晶の上に粒タイプの水晶が乗っかり成長して、
キノコのような形に見えたからだそうです。
セプターとは杖の事で、
王様や法皇などが持っていた笏に似ているから名前が付いたとのこと。
この水晶のように粒タイプ二つが縦に並んでいるのは少ないかも。
セプターは、向上心にあふれ、
リーダーを目指す人が持つといいと言われています。
受験で頑張っている人にもいいのでは。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc159
DSC_0029

DSC_0014

3カラットのオーバルカットのアクアマリンをペンダントトップにしました。
周りをシルバー950で作りました。

石留めをちょっと大きくしましたら、
いくつか予定外のものも。
そのまま残してアクセントとしました。(^_^;)

宝石のアクアマリンとシルバー950の鋳造ですので、
永くお使いいただけます。

お出かけの時やちょっと気分を変えたいときなどに。

銀製ですので、変色しますが、
簡単なお手入れでほぼ元に戻ります。
銀製品は時間経過した分だけ味が出ると言われていますので、
永くご愛用頂ければと思います。

ご希望の方は→アクアマリンのペンダントトップaq060

KIMG1863

このページのトップヘ