京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2017年05月

DSC_0017

このラピスのペンダントトップはかわいいサイズです。
原石の形から雫型になりました。
綺麗な部分を残して、できるだけ大きく取った結果です。
綺麗なラピスです。
ラピスは場所により色や模様が全然違うので、
使う場所を選びます。
ラピスはそんなに硬い宝石ではないので、
銀の枠で保護兼シンプルなデザインにしました。
星が少し少ないのですが、
かわいく綺麗なしずくのラピスが胸元で映えます。
詳しくは→ラピス・ラズリのペンダントトップra003

DSC_0013

水晶原石のアクセサリーと言っても全く違和感のない水晶のお守りです。
お守りを兼ねてアクセサリーとして身に着けられてもいいのでは。
ヒマラヤ水晶の原石をそのまま純銀の枠にはめています。
裏側には、運勢が伸びるようにと、ツタのイメージをデザイン。
3cmぐらいと大きくはないのですが存在感があります。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc081
DSC_0018

DSC_00101

アクアマリンで、これだけきれいなレインボーが出るのは珍しいです。
なので、出来るだけこのまま使いたかったので、
少しだけ手を入れてペンダントトップにしました。
写真ではちょっと不透明のように見えますが、
透明度が高いので、中の模様と周りの屈折で白く見えています。
アクアマリンの淡いブルーと現れる虹色がとても綺麗です。
レインボーは色々なところに現れ、光の加減で出たりでなかったりと気まぐれです。
こういうアクアマリンがアクセサリーとして出るのはなかなかないと思います。
アクアマリンがお好きな方にはとても価値があるのではないでしょうか。
価格もとてもお買い得にしています。
アクアマリンを手に入れたかった方、
気軽に身に着けられる宝石を手に入れたいとお思いの方に。
プレゼントにもいいと思います。
このペンダントトップに興味のおありの方は 
       ↓
アクアマリンのペンダントトップaq023
DSC_00061

DSC_0034

日本では煙水晶と呼ばれたり、
色が黒いものは黒水晶と呼ばれたりします。
この水晶、
ぱっと見は黒水晶と言ってもいい感じですが、
よく見ると濃いブラウンです。
水晶自体の透明度も高く、
水晶を通して裏側の文字も読むことができます。
水晶に合わせてキャップを作ったので、
どちらが前かわからない形になりましたが、
ちょっとキャップにアクセントを入れたので、
アクセサリーとしてもいいのでは。
興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りbc005
DSC_0038

DSC_00141
可愛い猫の手にペリドットを付けてみました。
ペリドットは綺麗なグリーンで、季節を問わず身につけたい宝石です。
ペリドットと猫の手で、幸せを引き寄せてください。
1カラットのペリドットです。
大きいとは言えませんが、存在感があります。
猫好きな方。
ペリドットやグリーンのアクセサリーを探しておられる方に。
詳しくは→ペリドットのペンダントトップpd014
DSC_0002

DSC_0020

綺麗なヒマラヤ水晶のダイヤモンドクォーツです。
お守りと考えていますが、
アクセサリーとして身に着けられてもいいと思います。
とても透明度の高い原石に純銀のキャップを被せました。
ちょっととんがり帽子のようですが。
可愛がっていただければきっといいことがあると思います。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc090
DSC_0021

DSC_0010

綺麗にカットされたホワイトベリルです。
アクアマリンと間違えてカットしたのだと思います。
アクアマリンの中に混じってましたから。
3カラットあります。
アクアマリンとホワイトベリルの違いを見分ける簡単な方法は、
水に漬けて見ることです。
アクアマリンはライトブルーに、
ホワイトベリルは透明なままです。
色の淡いアクアマリンでもこの方法で簡単にわかります。
私はこれで色のある石をアクアマリンとしてきました。
但し、色が出ないからアクアマリンではないとは言い切れません。
色の出るものは確実にアクアマリンです。
ホワイトベリルはゴシュナイトという正式名があるのですが、
ちょっと使いにくいですよね。
この作品に興味のある方は→ホワイトベリルのペンダントトップaq047
DSC_0011

DSC_0023

綺麗に3つの水晶が平面に並んで引っ付いています。
クラスターと呼んでいいのでしょうか。
どうしてこういう風に成長したのか不思議です。
こてを当てたように3つとも平たく、
とても興味深いです。
お守りとして身に着けられるのにいいのでは。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc088
DSC_0029

DSC_0017

綺麗なアクアマリンのカットストーンを
蕾の中心に置き、
これから開いてゆく花をイメージしました。
なかなかうまくできたのでは。(^_^;)
アクアマリンらしい、綺麗なライトブルーです。
カットはしてありますが、
天然石でその他の加工はされていません。
自然な美しさを楽しんでいただければと思います。
2カラットの石がついての価格としてはとてもお買い得です。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq049

DSC_0012

写真では裏まで写り込んでわかりにくいのですが、
とても綺麗ですが、ゴツゴツとしていて、
透明度もとても高く、
水晶らしい水晶です。
骸骨水晶と呼ばれる特徴を持つ水晶で、
ジャガレー(ワニの皮)状の部分も。
レインボーも時折顔を出します。
出来るだけ全体を出したかったので、
必要最低限だけ、純銀で金具を作りました。
お守りとして。
アクセサリー兼用としても。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc087
DSC_0014

このページのトップヘ