京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2017年03月

DSC_0002

翼の形のアクセサリーを別に付けました。
ラピスがちょっと四角四面なので、
アクセントが欲しいなと思い、
幸運を運んでもらえるように翼を付けることにしました。
こういうものが必要かどうかは、判断が分かれると思うのですが、
今回は付けてみました。
反応を見て今後考えます。
詳しくは→ラピス・ラズリのペンダントトップ翼付きra009
DSC_0006

DSC_0003

ちょっと稲妻のような形です。
アクアマリンに大きな切れ込みが入っていて、
それを表現したくて作りました。
こんな”模様”が自然に入るとは。
人が削ったのかとも思ったのですが、
そういう傷とは違い、
自然にできたようです。
なのでちょっとユニークな形と色に。
形は分かるが、なぜ色がカラフルなのかと。
アクアマリンを目立つようにするのはこの方がいいかなと。
身に着けてもインパクトありますよ。
素材は純銀。
色は七宝で出しています。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq045
DSC_0009

DSC_0018

アクアマリンのペンダントトップとしてはなかなかの大きさです。
原石なので、価格はとてもリーズナブルです。
水が流れているような表面の模様がとてもきれいです。
季節を問わず身に着けられますが、
夏が一番似合う宝石の一つかも。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq031
DSC_0011

DSC_0011

存在感のあるお守りです。
小さな水晶が付いていてそれをガードする枠があるのも面白いです。
色々な特徴があるのですが、
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc024
DSC_0001

DSC_0002

綺麗な色のグリーントルマリンです。
原石をそのままアクセサリーにしました。
好きか嫌いか。
気に入るかどうか。
これは個性の強いアクセサリーです。
(私の作るものはアクが強い気がしてきました(^_^;))
興味のある方は→グリーントルマリンのペンダントトップgt001
DSC_0001

DSC_0008

石全体の形としてはちょっとなのですが、
原石ですから。
それを納得できれば、
綺麗な石で、表面の流れるような模様もきれいです。
淡い色がお好きな方に。
桜色がちょうど季節です。
オールシーズン使えるアイテムです。
原石なので気軽に身に着けることができる宝石です。
興味のある方は→クンツァイトのペンダントトップqz014

DSC_0001

少し立体的に作って見ました。
純銀の枠に七宝を2色、施しました。
中心のアクアマリンが少し小さいので、
周りを少し大きくしました。
透明度の高い綺麗なアクアマリンです。
詳しくは→アクアマリンのペンダントトップaq044
DSC_0003

DSC_0025

これだけ鮮明だと、成長の痕跡であるファントムというよりも、
取り込まれた水晶のように見えます。
取り込まれたとしては大きすぎますが、
周りから徐々に水晶の成分が付着してこの形になったと。
だから成長したということなのですが。
ややこしい話は抜きにして、
純銀のキャップに青の七宝を施しました。
アクセントとしてどうかなと思ったのですが。(^_^;)
チェーンをお付けしているので、
すぐに身に着けることができます。
(写真のチェーンは撮影用です)
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りdc055
DSC_0017

DSC_0016

お守りとしていますが、アクセサリー兼用もできるとてもきれいな水晶です。
元々アクセサリーは身を飾るのと同時にお守りでもあったのですが。
ヒマラヤ水晶を原石のまま使っています。
手を加えていないので、
ヒマラヤ山脈のパワーを身に感じることができるのではないでしょうか。
詳しくは→ヒマラヤ水晶のお守りcn010
DSC_0017

DSC_0022

アクアマリンの原石の模様が綺麗だったので、
そのままアクセサリーにしました。
キャップを純銀で作ったので、
七宝も施しました。
七宝のアクセントで、
アクアマリンの水色がより引き立つと思うのですが。
興味のある方は→アクアマリンのペンダントトップaq043
DSC_0024

このページのトップヘ