京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2016年07月

KIMG1564

このくすんだグリーンは何が付いたものなのか分かりません。
初めは誰かがスプレーでも吹きかけたのかと思いました。(^_^;)
これは天然にこうなったようで、
他にもこういう状態のものが見つかりました。
緑泥かなぁ。
そして、水晶の表面と融合しているようです。
一部壊れたところを見るとそう感じます。
水晶とはいろいろなものを取り込んでいますが、
これを見ても、
簡単に融合するんだなぁと感じました。

ガーネットは、長石に付いているものとか多いのですが、
水晶についているものもよく見かけます。
KIMG1563

庫も石は水晶がとてもいいかt地をしているのですが、
ガーネットが半分なので、
残念。
ガーネットの結晶も綺麗に出ているので、
残しています。
剥がしてカットしようかとも思ったのですが。(^_^;)
まだまだ原石はあるので。
ガーネットの半分があれば素晴らしいオブジェになるのでけれど。

KIMG1560

ちょっとピントが甘いのですが、
ラピス・ラズリの原石です。
これで245gありいます。
原石ですが、磨いてあるので、原石と言っていいのかどうか。(^_^;)
私のアクセサリーの中にあるラピス・ラズリのアクセサリーは、
こういう原石が壊れたものから作っています。
意外と壊れるのですよ。
この石も場合によっては加工するかもしれませんが、
現在の所はその予定はありません。
請わrて大使からまだいくつも作れるので。(^_^)
このラピス・ラズリは小さな方です。
大きなものは何kgもあります。
現在は危なくて近寄れませんが、
アフガニスタンが紀元前からの産地で、今もそうです。
ラピス・ラズリの産地は地球上にほんの数か所しかないそうです。
貴重な石です。(^_^)

KIMG1559

セプターとは、水晶が縦に連なる形を言います。
横に連なるとクラスターです。
この水晶はの細い部分も先端がちゃんとあるのです。
セプターとは王様の笏(杖のようなもの)の事です。
シングルターミネートに多いのですが、
探せばダブルターミネーターのものにもたまにあります。
ただ、写真の水晶は本体から水晶が棒のように伸びて、
杖のような形になっているところが面白く、珍しいです。
自然の造形は不思議です。(^_^)

DSC_0001

首から下げるにはちょっと大きめの水晶です。
若干ブラウンです。
ブラウンというより淡い黄色に近いかな。
黄水晶までは行かないかな。
お守り水晶なので原石そのままですが、
レコードキーパーや骸晶も見える面白い水晶です。
常時首から下げるのは大変ですが、
これぞという、気合を入れる時には役に立つのでは。
そういう水晶のような気がします。
ヒマラヤ水晶のお守りアクセサリーrk001

明確な基準があるのかもしれませんが、
私は勝手にジュエリーは貴金属と宝石で出来たもの。
アクセサリーの一分野だと規定しています。(^_^;)
なので、私の作っているものは、
宝石と銀で作っているので、
ジュエリーに分類されると考えますが、
原石を使っているのはアクセサリーと考えています。
貴金属でも、金やプラチナならジュエリーですが、
銀の場合、アクセサリーと考えた方がいい場合も。
などなど、勝手に基準を決めていますが、
身に着ける方が判断されればいいことで、
作り手や販売者がとやかく言う事ではないとも思います。
ハクを付けたがるのはよくないですね。
qz006-1

パワースポットは砂漠の様な木々のない場所も存在するし、
火山などもそうだ。
フィトンチッドは森林の成分のようなものだから、
関係はないのかもしれない。
けれど、パワースポットでも、
貴船や鞍馬のような山の中がパワースポットと呼ばれるのは、
フィトンチッドを含めた、木々から醸し出される成分というか、
”気”が大きく影響しているのでは。
大木が多い場所でないと山でもパワースポットと呼ばれないと思うし。
パワースポットの考え方も地域によって違うのかもしれない。
なにはともあれ、自分が信じればそれでいいのだと思うけれど。(^_^)

KIMG0741

貴船と鞍馬は隣り合っているようなものですが、
貴船神社は和泉式部の恋の伝説から恋愛の神社として有名になり、
鞍馬寺は牛若丸伝説や与謝野夫妻との関係、火祭りで有名です。
どちらもパワースポットとして多くの人が訪れます。
テレビでは知らないことが多く紹介されていて、
とても勉強になりました。
特に鞍馬寺は与謝野夫妻とかかわりが深い事や、
貴船は、「気生根」「木生根」と書いたと言われるぐらい、自然の力がみなぎっている場所だと、
平安の昔から信仰されていたと。
そこのパワーをもらい、石達を浄化して、
みなさんの元にお届けしています。
身近なところほど知らないものですね。(^_^)

qz006-1

クンツァイトの原石をそのままアクセサリーにしました。
このアイテムは、ホタルブクロをイメージしました。
銀のキャップがちょっとおしゃれになってます。(^_^;)
私は、水晶も宝石も原石が好きです。
特に水晶はお守りの意味もあるので、より原石のままで使います。
このクンツァイトも完璧ではありませんが、
それ以上に個性的で素敵だと思います。
興味のある方は→クンツァイト原石のアクセサリーqz006

このページのトップヘ