京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2016年02月

KIMG1235

この写真は、アクアマリンの母岩をブラックライトで照らしたものです。
淡く緑色に光っています。
蛍光物質を含んだ岩石は、身近に多いのでしょうか。
まあ、ブラックライトがないと確認できないので何とも言えないのですが。
蝶は、紫外線で光っているものが見えるそうなので、
それから考えると蝶にはこの石が光っているのが見えているのかも。
とりとめのない話になってしまいましたが、
我々が見えている世界とは、もしかしたらほんの一部なのかもしれませんね。
そんな思いをさせられる石です。
KIMG1041

KIMG1223

下の方が少しだけ鈍い緑色に。
これがもっと広がればガーデン水晶になるんでしょうね。
水晶はどのようにして成長するのでしょうか。
当然したから上に向けてでしょうけれど、
不透明から透明に変わっていき、
先端部分はクリアです。
途中の部分は爆発しているようなダイナミックさも感じられます。
横の小さな水晶も同じようになっているところを見ると、
成長は同じように進んだのでしょうね。
先端の形は違いますが。(^_^;)

KIMG1222

この写真の2つの結晶、ベリルの結晶です。
アクアマリンといった方がわかりやすいですよね。
左側と右側、両方ベリルなのに、この色の違い。
左側はアクアマリンと呼ばれ、右側はゴシュナイト(ホワイトベリル)と呼ばれます。
ゴシュナイトの方は底の部分に若干水色が。
1cmも離れていないのにこの差です。
まあ、ベリルとしては何の不思議もないのかもしれませんが、
人間の目から見るとこんなに差があるのかと。
間にあるのもベリルですが、若干ピンク?
もしかしてモルガナイト?
原石は見飽きないです。(^_^)

DSC_0001

少し冷えましたが、
もう真冬の勢いはなかったですね。
バケツに張った氷も薄い!
今日は京都は天神さんの縁日です。
受験生最後のお願いでは。
本当は教育よりも前後ずらしての方がゆっくりお願いできますが。(^_^;)
天気のいい日は気持ちよく仕事ができてうれしいのですが、
月末はいただけませんね。
気ばかり焦ります。
ちょっと一服です。(^_^)

DSC_0006

クラスターの間に、水晶の橋が架かっています。
小さな、扁平のダブルターミネーターが寄り添うように付いたところを、両方から水晶が支えるように、
橋になっています。
扁平の水晶も変わってますが、それがこのような橋になっているとは驚きです。
この水晶のクラスター自体も面白い水晶なので、コレクションとしておいています。
コレクションだらけで、商売になりません。(_ _;)

KIMG1212

真ん中右上にアクアマリンがあるのです。
アクアマリンは、長石などのところに多いのかと思っていましたら、
こんな雲母の間から成長するなんて意外でした。
ガーネットもたくさん見えています。
雲母の層の間にないところを見ると、
雲母の間から成長したんでしょうね。
雲母ってどういうでき方をするのかなぁ。
こんなに薄い層が重なるようにできるのは、なかなかないですよね。
この石は置物としてとてもいいのですが、
ガーネットが壊れているものが多く、残念です。

KIMG1207

ヒマラヤ水晶のダイヤモンドクォーツタイプ。
これをお守りアクセサリーにしました。
水晶は原石をそのまま使っています。
なので、クラックや傷あります。
この水晶がここまで成長するには考えられないほどの時間が掛かると言われます。
それを磨いたのでは、お守りにならないのでは、との思いからです。
特にこのダイヤモンドクォーツタイプは、個性的なので、このままの方が愛着が湧くと思います。
この商品はまだ、アップしていませんが、
ヒマラヤ水晶のお守りアクセサリーに興味のある方は→ヒマラヤ水晶のお守りアクセサリー

DSC_0001

今朝はいい天気になりました。
今日は京都市民マラソンですね。
今のところ風もないようなので、マラソン日和では。
京都洛北地域は、交通規制に引っかからないように気を付けるぐらいで、
日常生活には影響はないですね。
街中の人たちはちょっと大変かも。
京都は、全国女子駅伝、高校駅伝、小学生駅伝、市民マラソンと、
この時期、交通規制のイベントが続きます。
まあ、お祭りで交通規制も多いので気にはなりませんが、
いつからこんなにマラソンや駅伝が盛んになったのかなと。
特に京都が多い気がするのは気のせいでしょうか。
ふとそんなことを思いました。
マラソンを走られる方は無理をせずに走ってくださいね。
くれぐれも人生の最終ゴールをこんなことで迎えないように。(^_^;)

KIMG1195

昨日の写真の大きさがしたから2番目のものです。
いくつかの石に分かれたうちの一つです。
1.5カラットぐらいです。
これからもっと削るので、1カラットぐらいかな。
カボションカットになると思うので(しかできない)、
石本来の色が引き立つのでは。
勝手に思ってます。(^_^;)
大きな石に関しては今日ぐらいから手を加えるつもりですが、
どれぐらいの大きさにするのがいいか思案中です。
出来ればこのままの大きさできれいに磨きたいのですが、
形が相当いびつなので、いくつかに分けないときれいに磨けない感じです。

KIMG1193

途中経過です。
3か月ぐらい前に母岩から取り出したルビーの原石の加工を始めました。
どこまでできるかが問題ですが。(^_^;)
というのも、泥のようなものが細かくはまり込んでいて、
それを削り取っているとどんどんいびつな形に。
綺麗な石を作るためには、これをやってるんだなと思いました。
写真は水に入れて撮ってます。
でないと、色や汚れなどがわかりにくいので。
ルビーはやっぱり綺麗な色ですね。
白っぽい石は、ルビーとしての価値は低いですが、
何とか大きなままで使えないかなと考えています。

このページのトップヘ