京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。http://kyotocrystal.com/

2016年01月

KIMG1110

再結晶のアクアマリンです。
再結晶する石って多いのかなぁ。
どういう理由で溶けてまた再結晶化するのか。
そこのプロセスはわかっているのかなぁ。
全てが溶けるわけではないと思うのだけれど、そうでもないのかなぁ。
水晶の場合、折れたところから再生があるけれど、あまり再結晶化は聞いたこと無いですが。
よくわからないことがいっぱいの石の世界です。
わかっている人の方が少ないのでは。(^_^;)

KIMG1107

一部に何かを取り込んで、薄緑色の部分があります。
表面が汚れているのではなく、水晶が中に取り込んでいます。
これがガーデン水晶と呼ばれます。
この写真ではわかりにくいのですが、
取り込まれたものが煙のように漂った感じです。
相当中の方まで取り込んでいるようなのですが、
結晶が不透明な部分があり、立体的にはわかりません。
水晶はいろいろなものを取り込みますね。(^_^)

KIMG1066

残念ながら、写真ではわからない小さな気泡です。
今回は、チェックしていた時にわかったものです。
何をチェックしていたか。
KIMG1065

紫外線で光るかどうか。
光るということは蛍光物質(オイルのようです)があると。
そこには気泡がある確率が高いと。
そして気泡があると動くものがあるのではということで探しました。
それがこの5つ。
気泡があっても動かないものが多いです。
気泡が中で動くものは水いり水晶と呼ばれます。
光るということは水ではなくオイルだろうと分析しています。
中を見られないので、わかりませんが。(^_^;)
気泡は10倍のルーペで見るとわかるぐらいの小ささです。
でもちゃんと動くんですよ。
黄色いオイルの中をプニュっという感じで動きます。(^_^)

KIMG1098

本当にキノコのようです。
どちらが先なのか。
黒い部分の方がどうも先にできていたようです。
そちらの折れたような部分も、半分は水晶らしい先端が出来ています。
半分は修復途中という感じ。
セルフフィールドですね。
セプターという名前ですが、王様や教皇が持つ杖に似ていることからこう呼ばれたそうです。
日本名が松茸水晶というのも、お国柄でしょうか。
小さな物は多いのですが、その中でも2.5cmx1cmとそこそこの大きさがあります。
本当に水晶は見れば見るほど変化に富んで面白いです。

KIMG1094

普通ファントムというのは一番右ですよね。
真ん中と左はファントムとは呼ばないですよね。
でもね、成長の跡が”ファントム”と呼ばれるのなら、
真ん中も左もファントムです。
真ん中は炭化物が綺麗に結晶形をしているので、インクルードのように見えますが、
”足がない”のです。
そう、足がないのは”オバケ”、すなわちファントムです。(^_^)
反対側は、あやふやになっているのです。結晶化していない。
一番左は、本当にインクルードに近いのですが、
そこから成長してこの水晶になった痕跡があるのです。
これもルーペでよく見ないとわかりません。
この黒い部分の一部が、この水晶の側面となって外に出ているのです。
これもここから成長した証?
この水晶、成長が一段落した跡、上の部分がまた左に成長してこの形になったようです。
なんと複雑怪奇な。(^_^;)
人の人智を超越していますよね。
当たり前か。

DSC_0002

通常のペリドットに比べ色が濃いのが特徴です。
枠は私が作った銀製の手作りです。
普段使いできるように立て爪ではなく、覆輪止めにしています。
3カラットのパキスタンペリドットです。
パキスタンのペリドットがすべてこの色ではないのですが、
一部のペリドットにこの色があります。
興味のある方は→パキスタンペリドットアクセサリー

KIMG1041

綺麗なアクアマリンの原石です。
これはこのまま飾るのがベストです。
なかなかこのような石は少ないですよ。
3月の誕生日の恋人にいかがですか。
興味のある方は→アクアマリン原石

cn003

この特徴は、どう考えても人為的ですよね。
けれどこれ、原石なんですよ。
この水晶は、ヒマラヤ水晶でも、ダイヤモンドクォーツに属する、粒タイプの水晶です。
どうすればこういう結晶の成長になるのか。
自然の神秘ですね。
なので、原石のままお守り・アクセサリーにしました。
というか、ねむの木では、水晶は原石のまま使うというのが不文律です。(^_^)
みなさんに幸せが届きますように。

京都洛北の地で生活しています、ねむの木です。
人との不思議な縁でパキスタンの石を扱うこととなりました。
その中にヒマラヤ水晶やアクアマリンなどの宝石の原石、カットストーンがありました。

元々、地学が好きで興味があったのと、
ヒマラヤ水晶のバリエーションというか、
今までの水晶とはまったく違う形の驚き、虜になってしまいました。
一時は、水晶を1日中チェックする日々でした。
綺麗な石もあれば、欠けた石や汚れたような石もあります。
ところが、よくよく見て、調べてみると、
欠けていたと思ったのは、ちゃんとした結晶だとか、
水晶の中のインクルージョンが素晴らしい芸術作品のように輝いているとか。
ちょっと見ただけではわからないことがいろいろ見えるようになりました。
これが石の個性、カットされた石にはないものだと思いました。

元々は原石で販売していたのですが、
原石はどうしてもマニアの方になってしまうので、
もっと多くの人に水晶や宝石を持っていただきたいと考え、アクセサリーを作ることにしました。
ですが、水晶はほぼ手を加えず、原石のまま皆さんの手元にお届けしたいと考えています。
お守りやアクセサリーにするとしてもです。
全ての石は、それぞれ個性を持っていて、それが皆さんに力を与えると思うので。
宝石も同じ考えなのです。
ただ、どうしても宝石は使う意味が違うので、できるだけ手を加えるのは少なくして、
自然なものにしたいと考えて作成しています。
その方が価格も抑えることができ、日常使いしやすいのではないかと考えたからです。

ハレの日に身に着ける宝石とは違い、
いつも身に着けていただいて日々を一緒に過ごしていただくパートナー的なものと考えています。
水晶もそうですが、本物の宝石を身に着けていただければとも考えています。
そしてできるだけ大きな石を身に着けていただきたい。
0.0ぐらいのカラット数では・・・・、ねぇ。
と思っています。
これからヒマラヤ水晶中心ですが、パキスタン、アフガニスタンでとれる宝石も紹介したいと思います。
ルビーも出せればいいなと考えています。

これからもよろしくお願いします。

KIMG1033

漬物石と見間違いそうな石ですが、
一番高いときはこれで3万円です。
約200gそこらの牛肉には負けませんよ。
冗談はこれまでにして。
これでも磨いてあるのです。
原石をそのまま磨いただけ。
一時は30kgほどありましたが、
今はほとんど売ってしまいほんの数個だけとなりました。
売れ残るにはそれなりの理由があるもので、
見た目が悪いです。
なので、カットしてもっと魅力的にしたいと考えています。
今はほかの石があるので、そのあとに。
それにしても、割った石なら、もう少し手の入れようもあるだろうに。
これがパキスタン人の考え方の一端です。(^_^)
大らかなんです。
全ての人ではありませんが。(^_^;)

このページのトップヘ