DSC_0666
ゴシュナイトのペンダントトップaq066

アクアマリンはベリル(緑柱石)という宝石類のスカイブルーのものを言います。
このアクセサリーの石もベリルでアクアマリンだと思っていたのですが、
あまりにも色が薄いので、
アクアマリンと言っていいのかどうか迷いましたが、
ベリルの透明な石はゴシュナイトという名前があるので、
ゴシュナイトとしました。
ふと本当に淡いスカイブルーのように見える瞬間もあるにはあるのですが、
光の屈折の影響もありそうなので。

エメラルドもベリルの緑色のものを言います。
というようにベリルには6つの色分けがあり、
それぞれに宝石名が付いています。
エメラルドとアクアマリン以外の名前は微妙に違っていたりします。
やはり認知度が低かったり、
希少なためベリルとは思われていなかったとかあるようです。
ゴシュナイトも無色なのにファイヤー・ベリルとも呼ばれます。
赤色のものはレッド・ベリルと呼ばれたり、
ビクスバイトと呼ばれたりしています。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。