DSC_0437
ヒマラヤ水晶のパワーストーンアクセサリーdc237

このタイプの水晶は表面が光って模様や表情が分からないことが多いです。

普通の水晶のように表面が整っているというよりも、

切られたのかと思うような切込みがあったり、

骸晶構造(エレスチャルとも)の特徴である陥没が見られたり。

ただ、ぱっと見では見えないですし、写真だとより分かりにくいですね。

なので映像も撮っています。

それでもなかなかすんなりとはいきませんし、

内部にも骸晶構造があるので、白っぽく見えて余計です。

愚痴を書いても仕方ないのですが、

全体の形は整っています。

光の当たり方で思いもよらない表情が現れることも。

とらえどころのない説明ですが、

お守りとしてもアクセサリーとしても愛着がわく水晶だと思います。

この作品に興味のある方はMinneさん内のkyotonemunoki's galleryに出品中です。