https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00000001-kyodonews-soci

連日、報道は新型肺炎の暗い話題ばかりですが、

視点を変えてちょっと明るい話題に。

今、はやぶさ2が帰路に付こうとしています。

これがうまくいってほしいのは当然ですが、

次の探査も進めねばなりません。

その候補が火星のフォボス。

いいですねぇ。

衛星の調査に実績のあるJAXAが目指すのが火星の衛星フォボス。

地球の兄弟星である火星の衛星を調べることで、

火星の事やひいては地球のことも解明できることがあるのではないでしょうか。

また、謎が増えるかもしれませんが(^_^)

未知の肺炎が広がろうとしているのに、

もっと医療に金を入れろとの声も聞こえてきそうですが、

あまり関係なさそうな宇宙探査も、

その新しい技術はフィードバックされて、

人類の為に使われてることは多いのです。

今の肺炎に対する対策も目先のことに追われているマスメディアのために、

ゆがめられていませんか。

今朝なんて国会の話題で、肺炎のニュースしてない局もありましたよ。

毎日散々いやというほど報道してたのに。

それはおいといて。

JAXAの新しい挑戦にとても期待しています。

打ち上げ用のロケットももっと改良や大型化出来ないかなぁ。

Phobos_colour_2008

Yahoo!検索動画からお借りしました